ホーム >> 不動産コラム >> 一括査定 >> [徹底比較]おすすめの土地活用ランキング5選!活用方法と種類は?
更新日 2019.11.28

[徹底比較]おすすめの土地活用ランキング5選!活用方法と種類は?

カテゴリ
この記事を執筆した人
smileの画像
-Smile編集部-
この記事は、Smile編集部が作成した記事です。
Smileでは、不動産をテーマに不動産売買や不動産投資について情報発信をしています。
Smile編集部が監修した他の記事はこちら→

本記事は、自分の土地をお持ちでその活用方法が分からず、悩んでいる方におすすめの記事です。

土地活用をしようにも

・どんな活用方法があるのかわからない

・自分に最適な活用法が分からない

・自分で土地活用を行う時間がない

など様々な悩みがあるかと思います。

今回はそんな方のために、おすすめの土地活用のランキングからおすすめの土地活用査定サイトランキングまで紹介します!

土地活用の方法と種類

_SMILEの画像

まずは主な土地活用の方法と種類を見ていきましょう。

土地活用で成功するためには、より多くの選択肢を視野に入れることです。

そうすることで、損失する機会が少なくなり、一番自分に適した土地活用法を選択することができます。

まずはどんな土地活用があるのか、自分と自分の土地にあった土地活用法は何なのか、というところから始めましょう。

活用法 負担費用 リスク 収益性 実現性 転用性 税金対策 土地面積 立地対応性
売却 × -
定期借地 × -
駐車場経営 100坪~
太陽光発電 × 200坪~
トランクルーム 100坪~
賃貸マンション経営 × × 200坪~
高齢者施設経営 × 200坪~ ×
コンビニ経営 × × × 60坪~ ×

※土地面積は目安となります

土地活用には上図から見て取れるように様々な種類があり、それぞれの特徴とあなたの要望、条件に最適な土地活用法を見つけ出す必要があります。

あなたの要望や土地の特徴などを明確化し、それに最適な土地活用法を探しましょう。

次におすすめの土地活用方法をランキング形式で紹介します。

おすすめの土地活用法ランキングTOP5!

_SMILEの画像

今回ご紹介する土地活用のランキングは収益性、リスク、始めやすさの3点から独自で作成したものです。

ですので、資産運用を目的とした土地活用がしたいという方は特に、参考すると良いでしょう。

それぞれの特徴、メリット・デメリットを見ていきましょう!

賃貸住宅経営は自分の土地にマンションやアパートといった居住用の建物を建築、入居人からの賃料収入を得るといった土地活用です。

  • 全活用法の中で最も高い収益性が見込める
  • 節税効果にも大きな期待ができる
  • 長期的な家賃収入が手に入る!

賃貸住宅経営は高い収益性と大きな節税効果に期待のできる活用法です。

賃貸マンションと賃貸アパートにはそれぞれ特徴があるため、その地域のニーズに合った方を選ぶ必要があります。

賃貸マンション経営 アパートよりも初期投資がかさむが高収益、高稼働が見込める
賃貸アパート経営 マンションよりも安く建てられ、建物の管理がマンションに比べて手間がかからない

またマンションとアパートどちらも税制上の大きなメリットを持っています。

上記したように住居用の建物を用いた土地活用の場合、固定資産税が1/6、都市計画税が1/3、さらに相続税が20~50%(200平米までの土地)まで減税することができます。

手元に残るお金が一番多い土地活用といえるでしょう。

  • 高額な初期投資が必要
  • 空き室のリスクがある
  • 金利上昇の影響を受けやすい(返済額が上昇する)

当然のことですが、賃貸住宅経営はマンションやアパートの建築の際にまとまった初期投資が必要になってしまいます。

また、マンション経営・アパート経営において空室は大きなリスクとなります。

これらのデメリットを防ぐためにも不動産投資のプロである会社に一度無料相談すると良いでしょう。

おすすめに不動産投資会社を紹介している記事はこちらです。

POINT

✔高い収益性と大きな税制上のメリットを兼ね備えた王道の土地活用!

✔地域のニーズに合わせてマンションとアパートを選択しましょう

✔銀行から融資を受けローンを組むことができる

駐車場経営は少ない投資金額で、始められるのでハードルが低い土地活用の1つとなっています。

駐車場系経営には利用毎に使用料を請求する「コインパーキング」と月単位で契約した料金分を請求する「月極駐車場」があります。

駐車場経営のメリット・デメリットは以下の通りです。

  • 必要な初期投資が低く、低リスクで始めやすい
  • 優れた転用性で、辞めたいときに、辞められる
  • 立地条件に左右されづらい
  • 空きが出る→収入減に直結
  • 節税対策には不向き
  • それほど大きな収益は見込めない

どちらの経営方針にしても、駐車場の管理や運用、集客は個人では難しい部分が出てくるため、専用の業者に依頼するのが一般的です。

駐車場経営には主に「月極駐車場」と「コインパーキング」の2つの方法があります。

それぞれの特徴を比較しましょう。

月極駐車場は周囲にたくさんの住人が暮らしている場所であれば、安定した収入が見込めるようになります。

家族で車を数台有していて駐車場が足りないといった人たちが利用するようになれば、長期間借りてくれることになり安定した収益が見込めます。

月極駐車場経営をする際に、管理委託方式と一括借上方式の2つの委託の仕方があります。

管理委託方式 手数料を払って募集や賃料の回収、トラブル時の対応などを業者に委託する方式
一括借上方式 業者に駐車場の利用権を一括して委託する方式

管理委託方式の場合、業者に管理を任せます。

駐車場の稼働状況によって収益に差が出ます。

一括借上方式の場合、駐車場の稼働状況に関わらず一定の収入を得ることができます。

そのため定期借地よりもリスクは低いですが、業者に支払う手数料は高くなってしまうデメリットがあります。

駐車場としてコインパーキングを経営する場合、駅などの近くであればたくさんの人が利用するようになりますので収益率を上げられると期待が出来ます。

短時間だけ利用する人がたくさんいる事によって、一日でたくさんの収益を上げることが出来ますので、土地が駅の近くであればコインパーキングが適しているでしょう。

コインパーキングにも、「自己経営方式」と「土地賃貸方式」という2種類の経営方式 があります。

自己経営方式 自分で駐車場を設営、整備し、運用や募集は業者に手数料を払って委託する方法
土地賃貸方式 土地ごと業者に貸し、駐車場の設営から募集、運用まですべて業者に任せる方法

自己経営方式は初期投資が大きくなるデメリットがありますが、ニーズがある地域では稼働率次第で収入が増えていくという特徴があります。

土地賃貸方式は初期投資が必要ないため始めやすく、稼働率に関係なく定額の収入を得ることができるため、低いリスクで税金などの対策をしたい、という方にお勧めです。

コインパーキングの設備を自前で整えるのは難しくあまり現実性がないので、大半の方が土地賃貸方式を採用することになるでしょう。

POINT

✔所有する土地の立地条件に合わせて経営種を決めましょう

✔土地活用が難しい狭小地や変形地には駐車場経営がおすすめ!

✔管理会社との契約を破棄すれば最短1か月で撤退できるので低リスク!

借地とは事業会社に対して土地ごと貸し付けてその地代収入を得ることを言います。

  • 最もリスクの小さい活用法
  • 運用開始までのスピードが速い
  • 税金が安くなる!
  • 土地を管理する手間が省ける

借地において事業主に土地を貸した後のことはすべて事業主側の責任に委ねられるため、貸主側が何かリスクを負うことはありません

また、売主がすることといえば土地の借り手を見つけ、そこに貸し出すだけなので初期費用も必要なくすぐに土地活用を始めることができます。

  • 一度貸すと戻ってこない場合がある
  • 相続が難しい(返却時更地にする必要がある→資産価値が低い)
  • 担保価値が低い
  • 最低でも10年は返ってこない

定期借地には3つの契約方法があります。

  契約期間 特徴
一般借地権 50年以上 更地の状態で返却される
事業用借地権 10年以上50年未満 用途が事業用と限定されている
建物譲渡特約付借地権 30年以上 建設された建物を買い取り土地が返却される

この定期借地は長期的に安定した収入を得ることができる反面、正当な理由がないと土地が返却されないというデメリットも抱えています。

「借地借家法」という法律で土地の借主がそこに建物を建築したとき、一定の年数貸し続けなくてはならない、と定めており最大で100年近く貸し続けなければならないことがあります。

貸すことは簡単ですが返却してもらうにはかなりの手間がかかるため、注意が必要です。

POINT

✔初期投資0、手間がかからない始めやすい土地活用

✔長期的に安定した収入を得ることができるが、一定の年数貸し続けなくはいけない

トランクルーム経営とは、トランクルーム業者と共同で一般の利用者へ収納スペースを貸し出す方式の土地活用です。

トランクルーム経営には、屋外にコンテナを設置して貸し付けるコンテナ型と、空き室となっている部屋を区分して貸し付ける室内型の2種類があります。

メリット

■コンテナ型
✔︎比較的投資額が少なく、高利回り
✔︎変形した土地、狭い土地でも一定の収益が見込める
✔︎トラブルが起きにくい

■室内型
✔︎空き室を有効活用できる
✔︎都市部で人気がある

コンテナ型は低コストで始めることができるため郊外の土地や駅から離れた住宅街(マンションやアパート付近)などに適しています。

コンテナ一基当たり120万円ほどから始めることができるため、上手く経営ができれば高い利回りを実現することが可能な土地活用です。

賃料を下げざるを得ない築年数の古い建物などでも、収納スペースとしては影響を受けることが無いため二次的な土地活用としても人気です。

また、収納ニーズが比較的高い都市部で人気の土地活用です。

温度、湿度の管理ができるため、用途が限定されないことも大きなメリットとなっています。

どちらにしてもその地域に収納ニーズがあるかどうかが重要になってくるため、十分な事前リサーチが必要です。

トランクルーム経営の成功のコツや失敗しないための注意点などを詳しく知りたい方は以下のコラムをご覧ください!

デメリット

■コンテナ型
✔︎コンテナ内の温度、湿度調整が難しく、用途が限定される
✔︎コンテナを設置できない場合がある

■室内型
✔︎集客が難しい
✔︎管理に手間がかかる

コンテナ型の場合、温度調整が難しいため収納するものが限られてしまう、という大きなデメリットがあります。

また「低層住居専用地域」や「市街化調整区域」などコンテナを設置することができない地域もあるため事前に調べておくことが必要です。

さらにトランクルーム経営は、未だ世間に浸透しきれていないため他の土地活用以上の積極的な宣伝活動が必要になります。

チラシや看板、ホームページの作成などの宣伝活動には多くの費用やノウハウが必要になるため自分ひとりでは難しい場合があります。

専門の業者に委託することも考えておくべきでしょう。

この2つのトランクルーム経営には一括借上方式、業務委託方式、事業用定期借地方式の3つの運営方式があります。

一括借上方式 業者へ運営を委託する方式で、手数料が比較的高いが、稼働状況に依らず安定した収入が見込める
業務委託方式 設備投資、運営は自分で行い、募集や管理といった経営の一部を業者に委託する方式
事業用
定期借地方式
地を業者に貸し出すのみなので初期費用が不要
POINT

✔初期投資額が低く、土地柄に縛られずに活用できる!

✔収納ニーズの高い都心なら室内トランクルームがおすすめ

✔管理が難しいため、業者に委託することも視野に入れて収支計画を立てよう!

太陽光発電(ソーラー経営)とは空き地にそのままソーラーパネルを設置し(「野立て」太陽光発電)、発電した電気を業者に売電することで収入を得る活用方法です。

  • 長期的に安定した利回り、収入が見込める!
  • 光熱費を削減できるうえに売電までできる
  • 設置場所を選ばない

太陽光発電の最大のメリットは光熱費の削減ができる上に、余った電力は売電することが可能という点です。

また、売電せずに自家消費のみの太陽光発電の場合国から多く補助金を受け取ることができます。

初期費用(設計費、設備費、工事費)を大幅に削減できるので、売電する場合とどちらの方が得するか比較して決めるのがいいでしょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

また、ある程度の日差しがあれば設置することが可能なので、田舎の土地や郊外の空き地などで人気の活用法です。

  • 発電力が不安定
  • メンテナンスに手間と費用がかかる
  • 初期費用が高い
  • 自然災害などの外部要因による収入減の可能性

日差しが当たらなければ発電することは不可能なので、日によって発電量は不安定です。

売電を目的にした場合、収支計画を立てることが難しいため失敗のリスクになってしまいます。

また、ソーラーパネルは日光を遮るもの(ゴミ、積雪等)を取り除くために、頻繁に掃除をする必要があります

日射量によって発電量が決まる太陽光発電においてはとても重要なことなので手間を惜しむことはできません。

また、配線に問題が生じた場合は業者によるメンテナンスが必要になります。

固定価格買取制度が始まって以来、多くの企業が太陽光発電に参入しており、パネルが設置できる土地を探しています。

太陽光発電は土地の立地条件によらず可能であり、100坪以上の遊休地であれば賃借したいとする企業が多いです。

日本の人口は減少に転じており、よほどの好立地でない限り宅地としての運用は難しくなっていますから、今後は太陽光発電用地として賃貸するのがおすすめです。

太陽光発電用地は、周囲にあまり建物がない場所ほど有利なため、田舎の土地活用にうってつけでしょう。

ソーラーパネル経営は日光が差し込めば基本的に場所を選ばないため、

  • 住宅地や駐車場などのニーズがない田舎の土地
  • 法律上建物を建てることのできない土地
  • マンションやビル等建物の屋上

などの土地にはうってつけの土地活用です。

宅地としては需要が見込めないような土地ほど、太陽光発電向きです。

住宅密集地では、太陽光パネルがまぶしいとして問題になることもあります。

しかし、過疎地域のようなところでは、そうした心配も少ないことから、企業にはむしろ好まれます。

固定価格買取制度の開始時に始めなかったからと言って、手遅れということもないようです。採算が取れるような買取価格にはしていくと予想されます。

POINT

✔日光を遮るもの(ゴミ、積雪等)を取り除くために頻繁に掃除をする必要がある

✔売電する場合収入が不安定なため注意が必要

✔宅地としては需要のない土地ほど、太陽光発電向き!

おすすめの土地活用サイトランキングTOP3!

土地活用をしたくても「自分では何がいいのかわからない」「探している時間がない」など様々な理由でお困りの方は多くいらっしゃるかと思います。

そんな方にお勧めの方法が土地活用一括プラン請求で比較することです。

この土地活用一括プラン請求について詳しくご紹介していきます。

smilenの画像

提携数 同時依頼 対象地域 利用者数
大手企業提携社数国内No.1 最大7社 全国 700万人

おすすめのサイトとしては、HOME4Uが挙げられます。

2018年の時点での利用者数は700万人にもなっており、実績は十分です。

700万人の利用者数という実績は、他の競合を見ても圧倒的な数値です。

また、HOME4Uは情報サービス事業の最大手であるNTTデータグループを運用会社とし、セキュリティレベルは日本最高峰です。

個人情報の取り扱いに関しては最も安心してよい土地活用一括プラン請求といえるでしょう。

↓↓NTTデータによって18年間運営されたHOME4U↓↓

smileの画像

提携数 同時依頼 対象地域 利用者数
200社 複数社 全国 112万人

タウンライフの特徴として、活用プラン、見積もり・収支計画書、市場調査書の3つ土地活用プランが全て無料でもらえることです。

また、全国の厳格な国家基準をクリアした信頼性の高い200社から複数の土地活用プランをもらうことができます。

登録企業も業界最大級なので、あなたの条件に合った企業を見つけることができるでしょう。

↓↓累計112万人が利用しているタウンライフ↓↓

_SMILEの画像

提携数 同時依頼 対象地域 利用者数
150社 複数社 全国 440万人

リビンマッチの土地活用プラン無料請求はたったの60秒で申し込むことが可能です。

また、利用者は業界最大級の400万人となっているところからも安心して利用できるサービスであることがわかります。

また、リビンマッチは全国47都道府県すべてに対応していて、地元に密着している企業が多数参加しているのも特徴です。

土地活用法が現状決まっていない人から土地を持っていない人まで多くの人が安心して使えるサービスとなっています。

↓↓最短60秒で無料資料請求のリビンマッチ↓↓
対応地域 サイト名 提携社数 同時依頼数 利用者数
全国 HOME4U 大手企業国内提携NO.1 7社 700万人
全国 タウンライフ 200社 複数社 112万人
全国 リビンマッチ 150社 複数社 440万人

空き地に潜むデメリットと土地活用するメリット

不動産の画像

空き地をそのまま放置しておくと雑草やごみの不法投棄で荒れてしまう可能性があります。

こういった荒れた土地は匂いや害虫の発生等で近隣住民の方からのクレームにつながりかねません。

こういったリスクを回避するためには徹底した管理が必要となってしまいます。

しかし、こういった管理には手間とコストが必要になります。

↓空き地の管理コストの相場

_SMILEの画像

活用をしていないため、収益が出ないのに管理コストばかりがかさんでしまうのでとてももったいないですよね。

空き地などの不動産は所有しているだけで固定資産税や都市計画税といった税金の納税義務があります。

・固定資産税→土地の評価額×1.4%

・都市計画税→土地の評価額×0.3%

地域ごとに多少の差はありますが、どこも年間何十万円ととられてしまうためもったいないですね。

活用法によっては節税対策ができるものもあるのでやはり空き地のまま種有しておくことにメリットはあまりないように思えます。

空き地のまま放置しておくことのデメリットと一緒に土地活用をすることのメリットも確認しておきましょう!

何もしなくても管理コストや税金などでお金のかかる「マイナスの資産」であった空き地で収入を得ることができます。

仮に収益性が低く、思ったように稼げなかったとしてももともと必要になっていた分の費用をその土地自身で捻出させるといった考えができます。

収益性が高ければさらに不労所得を得ることができるため、活用のメリットは大きいものと考えられます。

税金対策用に土地活用をしたい方は居住用の建物(マンション、アパート、戸建て等)を用いた土地活用がおすすめです。

これらの土地活用には以下のような税制上の優遇があります。

_SMILEの画像

・固定資産税:戸数×200㎡までは1/6に、超えた分は1/3まで減額

・都市計画税:戸数×200㎡までは1/3に、超えた分は2/3まで減額

他にも一定の条件を満たしている場合さらに減税される場合があるため、大幅な節税効果に期待ができます。

詳しくは以下コラムをご覧ください!

POINT

✔︎空き地をそのままにしておくと、税金や管理費だけがかかってしまう

✔居住用の建物を用いた土地活用を行うことで、節税することができる

土地活用法の選び方

不動産の画像

土地活用にはそれぞれ特徴があり、目的別に最適な土地活用は変わってきます

  • 定期借地
  • 駐車場経営
  • トランクルーム経営

定期借地は、土地を業者に貸し出しその地代収入を受け取るといったプランになります。

その土地に何か建物などを建てる、となってもそれは業者が決めることなのでオーナーが設備投資する必要はありません。

初期投資の必要がないため、少ないリスクで土地活用を始めることができます。

また、駐車場経営やトランクルーム経営においても設備を整える時間もそこまで要さないためすぐに土地活用を始めることができるという点も大きなメリットとなっています。

駐車場経営とトランクルーム経営に必要な初期費用の相場は以下の通りです。

[駐車場経営]

(形態:月極、駐車台数:10台の場合)

→30~40万円

[トランクルーム経営]

(コンテナ一基あたり)

→120万円

リスクが少なく、始めやすい土地活用方法なので、

低リスクで土地活用を始めたい!

土地を相続したが用途がなく、税金がかかるだけでもったいない

なんて方におすすめです!

  • 賃貸住宅経営(賃貸アパート経営・賃貸マンション経営)
  • 高齢者施設経営

高い収益性を狙うなら「賃貸住宅経営」や「高齢者施設経営」といった投資額は大きいがリターンも大きい土地活用がおすすめです。

[賃貸住宅経営の平均的な実質利回り]

→新築:5~6%程度/中古:10%

[高齢者施設経営]

→7~13%前後

※あくまで目安ですのでご注意ください

投資額が大きい分、稼働状況が悪いとローン返済が滞ってしまい利息負担が増えてしまう悪循環に陥ってしまうリスクも高まってしまいます。

そ のため、高い収益性を求めるには立地条件やその地域のニーズに適しているのかなどの事前調査が重要になってきてしまいます。

しっかり立地条件やその土地の市場調査をし、分析をしてから考えましょう。

また、賃貸住宅経営や高齢者施設経営は税法上の特典を多く受けることのできる土地活用です。

固定資産税が1/6になったり、不動産所得税や所得税住民税、相続税などの税金も減らすことが可能です。

高齢者施設経営の場合、さらに国や地域からの補助を受けることができます。

  • 駐車場経営
  • ソーラー経営(太陽光経営)

駐車場経営はニーズのある地域では流行り廃りすることが無いため、比較的安定した収入を得ることができます。

駐車場のニーズが少ない地方の田舎などならソーラー経営(太陽光経営)がおすすめです。

ソーラー経営は発電した電気の売電額があらかじめ決まっているため、安定的な収入を得ることができます。

またどちらの土地活用法の場合でも、他への転用がすぐにできます。

失敗しても早いうちに見切りをつけて他の土地活用や土地売却なども検討できるため、臨機応変に対応できます。

臨機応変に対応できる、というメリットを持っているこれらの活用法は、失敗するリスクを考慮したとき一番効果的であるといえるでしょう。

ここまでざっくりと各種土地活用の特徴について目的別にご紹介いたしましたが、建物を建てることが必要になる土地活用の方法には共通して費用がかさみ自己資金では賄いきれない、という問題があります。

そこで有効活用したいのが「借入金によるレバレッジ効果」です。

土地と建物は金融機関からお金を借り受ける際の担保にすることができ、総費用の約2割の自己資金があれば、高い金額での土地活用が可能となります。

予算や費用などの規模を広げることによってその分リスクは大きくなりますが実現可能な土地活用の幅が広がります。

この今ある自己資金よりも高額な資金を運用しさらに大きな成果を生み出すことをレバレッジ効果といいます!

↓レバレッジ効果をうまく利用したときの例↓

_SMILEの画像

POINT

✔定期借地、駐車場経営、トランクルーム経営は初期費用を抑えたい方におすすめ!

✔︎賃貸住宅経・介護施設経営は高い収益を目指す方におすすめ!

✔︎安全性と高い転用性があるのは、駐車場経営とソーラー経営!

まとめ

不動産の画像

ここまで、土地活用の方法と種類、土地活用一括査定サイトなど土地活用に関する情報を詳しく紹介しました。

土地活用で悩んでいる方にとっては、数多くの会社から無料で査定が受けられるというのはとてもお得なことです。

簡単に土地の活用法や不動産会社を探すことができるので、ぜひ一度試してみるのが良いでしょう。

POINT

✔︎利用者700万人突破は他の競合に比べて圧倒的な数字!

✔︎わずか60秒ほどの時間で、最大で7社からの査定が無料で受けられる!

✔︎情報サービス事業最大手のNTTグループが運用会社でセキュリティーレベルは業界NO.1!

↓↓NTTデータによって18年間運営されたHOME4U↓↓

イエカレ(土地なしでも大丈夫)

あなたに合う土地活用プランを紹介!
簡単60秒で最適な土地活用プランを検索!
不動産経営を始める方におすすめのプラン!

_

まずは無料でプランを検索 ▶︎