ホーム >> 不動産コラム >> 一括査定 >> 不動産一括査定サイトのデメリットを知らず大失敗|リスク回避
更新日 2019.11.5

不動産一括査定サイトのデメリットを知らず大失敗|リスク回避

この記事を執筆した人
smileの画像
-Smile編集部-
この記事は、Smile編集部が作成した記事です。
Smileでは、不動産をテーマに不動産売買や不動産投資について情報発信をしています。
Smile編集部が監修した他の記事はこちら→

不動産売買で不動産一括査定を利用すべきか否かお考えですか。

不動産一括査定サイトにはあまり優良でないサイトが存在します

サイトを作ること自体は意外と簡単なので、実績のない小さな会社が営業利益目的で作ったような一括査定サイトを良く見かけます。

この種の不動産一括査定サイトを利用してしまいますと、査定額が高くともトラブルに巻き込まれることが考えられます

そういった一括査定におけるリスク回避のためにも優良で他サイトにも掲載されているような大手の不動産一括査定サイトを選びましょう

不動産一括査定における3つのリスク・デメリット

“画像”

つまり、査定額を極端に高く見積もり興味を引き、取引につなげようとしているということなんです。

売り主からすると「詐欺だ」と思うかもしれませんが不動産査定の査定額に対する法律などがなく罰せられないのが現状です。

あくまで「その不動産会社が思う査定額」なので騙されないようにしたいところですね。

正しい査定額の相場を調べる方法としては1つの不動産一括査定サイトを利用しないこと、2つ以上の査定サイトを利用することです

何事においても市場を理解すること、市場価値を理解することは大切になるので、相場観を掴むためにも少し面倒ですが、やらずに損をするよりはいいでしょう。

また、厳選された不動産会社とのみ提携している不動産一括査定サイトを利用することで回避できます。

不動産一括査定を行えるのはそのサイトに登録している、不動産会社のみなので、不動産一括査定サイトの契約会社が少ないと郊外や田舎の物件の査定ができないということが起きます。

解決策としては小さな査定サイトではなく、大きな査定サイトを利用するということです。

人気の不動産一括査定サイトというのは人気の理由があります

不動産会社の取り扱いが多かったり、一括査定を申し込む際、同時に5社、6社、多いところで10社の同時申込をできるのですが、良いサイト程同時申し込み社数が多い傾向にあります。

よくある問題で「不動産一括査定サイトに申し込んでから営業電話が鳴り止まない。30社ほどから電話がかかってくる」など悪質な営業電話についてのトラブルが相次いでいます

こういった不動産一括査定サイトの特徴としてサイトの運営が雑であったりサイトデザインにこだわれていない等の目に見える部分で判断できるかもしれません。

また、繰り返しになりますが、小さな不動産一括査定サイトほどこういった現状にあります。

なぜこういった「悪質営業電話」がくるかというと不動産一括査定サイトの個人情報取り扱いが甘かったり、名簿屋と組んでいて情報を売っていたりと不動産売買以外の部分から収益を得ようとしているからです。

エリアで選ぶ

✔︎HOME4U

→大手&中堅不動産会社など幅広く、地方にも対応

✔︎すまいValue

→主要都市に強い厳選大手6社から一括査定が受けられる

不動産一括査定における3つのメリット

“画像”

“画像”

不動産一括査定サイトを利用しない場合、実際に数社に足を運んだり、各社のHPを検索して申し込むことになるので、とても手間と時間、さらには交通費などもかかる場合があります。

一方、不動産一括査定サイトを利用すれば、一回の申し込みで、5〜10社程一度に無料で申し込むことができます

また、別の一括査定サイトを利用することで合計10〜15社の査定も可能になります。

“画像”

一括査定サイトを利用し、6社ほどから査定を受けることでその物件がいったいいくらほどで売却できるのかがわかってきます

「ここだけずば抜けて査定額が高い」など表に表すと、B社の査定額が高い、逆にD社は他のところより査定額が低い等客観的に見て判断することができるようになります。

また、「平均査定金額は5300万か・・」などと平均査定額もわかるようになります。

このように多くの不動産会社に一括で査定してもらうことにより相場感がわかり自分でしっかりと判断することができます。

不動産会社側も顧客を取るためにもちろん限界価格で査定額を出してくれるため競争原理が働きベストな査定額を出してくれます

競争原理とは電気屋でよくある「1円でも安くしますのでそうだんください」のようなことで、不動産の場合は「1円でも高く買い取ります」になりますね。

ですから、各不動産会社はいろいろな条件を加味した上で他社に負けない価格で査定額を出してくれます。

心からおすすめできる大手の不動産一括査定サイト2社

上記のメリット・デメリットを踏まえた上で厳選した本当におすすめしたい不動産一括査定サイトは2つです。

不動産の画像

  • ✔日本で一番実績のあるの不動産一括査定サイト
  • ✔NTTグループ会社運営
  • ✔1300社から同時に6社一括査定

日本で初の不動産一括査定サイトでその実績件数も業界TOPの30万件を突破しています。

また、マンションや戸建てに加え、倉庫、店舗、事務所など幅広い物件を査定することができます。

大手ならではの幅広さが特徴です。

NTTが運営しているため安心度・知名度が高いのが特徴です。

株式会社NTTデータスマートソーシングが個人情報を守っています

その証拠として、個人情報が三者に流出することはなく、選んだ不動産会社以外からは連絡が一切ないシステムになっているので、迷惑電話の心配は一切ありません。

提携不動産会社は1300社以上に渡り、同時に6社から査定を一括で受けることができます

また、申込みまでにかかる時間は最短1分ほどで築年数、場所などの物件情報を入力するだけで、6社からの査定が受けられます。

お客様目線でなるべく面倒な操作がないようにされていますのでストレスフリーで行えるのもポイントの1つです。

↓↓NTTデータによって18年間運営されたHOME4U↓↓

  • ✔大手不動産会社6社のみが運営する一括査定サイト
  • ✔全国展開でいつでも相談できる
  • ✔安心・安全度調査で96.7%

“画像”

すまいValueは大手の不動産会社6社「住友不動産販売」「東急リバブル」「三井のリハウス」「小田急不動産」「三菱地所ハウスネット」「野村の仲介」で運営された一括査定サイトです。

なので、デメリットで申し上げた不当な査定額が出ることがありませんし、各不動産会社もライバルの5社に負けないよう努めてくれるので売り主からすると嬉しいです。

6社合計の店舗数が全国で870店舗あるので、契約などで足を運ぶことになっても近くの店舗で契約を済ませることができます

また、主要都市に強く、田舎は非対応の場所もあります。

査定から申し込みまでの流れは「必須項目の入力」(最短1分)→「後日査定結果が各会社から届く」→「提案内容確認」→「会社決定」

と難しいことは一つもありません。

「トラブルなく安心・安全に取引できた割合」96.7%を獲得しています

不動産流通業界のスタンダードを作り上げた6社が売却活動から売却後のサポートまで担当してくれる質の高い取り組みがあるため、顧客からも多くの口コミが寄せられています。

↓↓大手6社が運営、安心のすまいValue↓↓

まとめ

“画像”

不動産一括査定サイトは数多く存在しますが、今回は本当におすすめできる不動産一括査定サイト2社のみを紹介しました。

この2社は不道産一括査定におけるデメリットを極端に減らし実績を伸ばしている2社です。

提携会社も大手が多く安心して利用できます。

申込みも最短1分でできるので空き時間にサクッとやってみてください。

>>>HOME4Uをもう一度見る<<<
>>>すまいVALUEをもう一度見る<<<