ホーム >> 不動産コラム >> 一括査定 >> 【2019年10月版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング5選を比較
更新日 2019.10.1

【2019年10月版】おすすめ不動産一括査定サイトランキング5選を比較

不動産一括査定とは、複数の会社から一斉に査定をしてもらうことができるサービスです。

マンションなどの不動産売却は、任せる会社によって、200万円以上も売却値が異なる場合があります。

ですので、慎重に不動産会社を選択する必要があります。

ただ、1つずつ見ていってもなかなか自分にあった不動産会社が見つからず、結局あのときこうしとけばよかったなどといった後悔が生まれてしまうのです。

しっかりと不動産会社を選んで不動産を売却してもらうためにもこの記事では、不動産一括査定のメリット・デメリットや活用方法などを見ていき、おすすめの不動産一括査定サイトを紹介します。

不動産一括査定とは

_SMILEの画像

不動産一括査定とは、複数の不動産会社へ一度に査定依頼を出すことができるサービスです。

通常の不動産査定は、売主自身が一つ一つ不動産会社に依頼しなければいけませんが、不動産一括査定サイトを活用することで、複数の不動産会社を同時に、そして簡単に比較することができます。

サービス会社が「査定依頼」を代行してくれるため無料で1分ほどで、依頼を出すことが可能になります。

以下のように一括査定サイトによって提携数や強みが異なります。

自分に合ったサイトを見つけるためにも、それぞれのサイトの特徴を掴みましょう。

不動産一括査定サイトおすすめ5選

不動産の画像

不動産売却で失敗したくない人は下記の方法を使うのがおすすめです。

  • 一括査定サイトを2つ申し込み、自分の地域に合った不動産会社を見つける

不動産一括査定において、自分に合った不動産会社とマッチングできるかということが一番重要です。

一括査定を2つ申し込むことで、より多くの不動産会社から査定をもらえ、比較することができます。

比較する会社が多ければ多いほど、自分の納得のいく価格で売却することができるのです。

自分が住んでいる地域によって、2つの一括査定サイトを申し込むと良いでしょう。

★都市住いの方(両方申込する)

すまいVALUE
→厳選大手6社から同時に査定をもらえる

おうちダイレクト
→ソニー不動産や中堅不動産会社が参加

★都市近郊部住いの方(両方申込する)

すまいVALUE
→厳選大手6社から同時に査定をもらえる

HOME4U
→大手&中堅不動産会社など幅広く参加

★地方住いの方(両方申込する)

LIFULL HOME'S
→国内最大級のデータベースを誇る

イエウール
→提携社数1,800以上と業界トップ加

不動産一括査定サービスランキング5選

不動産の画像

提携数 同時依頼 対象地域 利用者数
1,300社 6社 全国 700万人

HOME4Uは日本初で初めて不動産一括査定を開始し、大手のNTTのグループ会社が18年間運営している老舗サービスです。

NTTグループはプライバシーマークを取得しているので、プライバシー管理が徹底されています。

全国の厳選された、様々な特徴を持つ不動産会社1300社の中から6社を紹介してくれます。

売却査定数35万件以上と、信頼と実績ではTOPクラスのHOME4Uは不動産売却初心者でも安心して使えるサービスとなっています。

↓↓NTTデータによって18年間運営されたHOME4U↓↓

提携数 同時依頼 対象地域 利用者数
1,700社 10社 全国 476万人

LIFULL HOME'Sは賃貸や土地活用のサービスも運営していることからか、国内最大規模のデータベースを持っています。

「総掲載物件数」「Gomez賃貸不動産情報スマホサイトランキング」「安定性と信頼感、便利な機能・サービス」など様々な分野において総合1位を獲得しています。

サイトの使いやすさと情報量、コンテンツでも高い評価を得ていることは間違いないでしょう。

提携社数1700社以上・同時依頼数10社のLIFULL HOME'Sは実績を重視したい方におすすめです。

↓↓ホームズくんのCMで有名なLIFULL HOME'S↓↓

提携数 同時依頼 対象地域 利用者数
6社 6社 都市部中心 100万人

不動産業界をリードする大手6社(住友不動産販売株式会社、三菱地所ハウスネット株式会社、三井不動産リアリティ株式会社、小田急不動産株式会社、野村不動産アーバンネット株式会社、東急リバブル株式会社)のみが査定サービスを行うので安心です。

すまいVALUEの最大の強みは、売上高業界トップの3社が参加していていることです。

これら大手6社からいっぺんに査定を受けることができるのはすまいValueだけ!

安心の大手不動産会社に査定を依頼したいという方は、すまいValueを利用するのがベストです。

↓↓大手6社が運営、安心のすまいValue↓↓

提携数 同時依頼 対象地域 利用者数
1,800社 6社 全国 1,000万人

これまでに1,000万人の方が利用した国内最大級の不動産一括査定サイトです。

この数字は、不動産一括査定サービス業界でトップの利用者数となっています。

また、提携社数も1,800社以上と業界トップで、不動産会社から大手不動産会社はもちろん、全国各地の地域特化型の不動産会社も紹介してくれます。

地方・地域密着型の不動産会社にも依頼を検討中の方は、国内最大級の一括査定イエウールがおすすめです!

↓↓1,000万人以上が利用するイエウール↓↓

提携数 同時依頼 対象地域 利用者数
9社 9社 都心部中心 300万人

おうちダイレクトは、上場企業のヤフー株式会社とソニー不動産が共同で運営しています。

おうちダイレクトの画期的な取り組みとして、今まででは考えられない、仲介手数料を無料にするセルフ売却を行なっている点が挙げられます。

また、売主の利益を一番に考えるエージェント制を採用しているソニー不動産が唯一参加しています。

都市部(東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪)にお住いの方は、売主にとってメリットが多いと言えるおうちダイレクトをすまいVALUEと一緒に依頼してみてはいかがでしょうか。

↓↓仲介手数料無料を可能にするおうちダイレクト↓↓
ホーム4Uの比較比較画像 ホームズの比較画像 すまいvalueの比較画像 イエウールの比較画像 おうちダイレクトの比較画像

(※2019年 8月 現在)

不動産一括査定のメリット・デメリット

不動産の画像

不動産一括査定のメリットは大きく2つあります。

  • 不動産価値の相場がわかる
  • 費用、手間がかからない

何を売るにもそのモノの相場を知る必要があります。

もしあなたが設定した価格が相場より安すぎればその分損をしてしまうことになるし、高すぎると今度はまずなかなか売れなくなってしまいます。

相場が分かれば、あなたの不動産を最適な金額で確実に売る可能性が高まります。

また、不動産売却額は、物件の相場などの市場の動向、過去の取引事例など様々なことを基にして判断されるため、調査等をする会社、担当の力量によって大きく開くこともあります。

ですので、不動産会社1つ1つみていくのではなく、不動産売却一括査定サイトを使って実際の査定額を比較したほうが、自分にあった不動産会社、不動産マンを見つけるのが容易で、結果として満足できる売却につながりやすいです。

不動産売却一括査定サイトは、無料で気軽に利用することができます。

しかも、一括査定の中には匿名で不動産価値を調べることもできます。

申し込みの時点で個人情報を入力する必要がある所もありますが、中にはそういった登録が必要ないところもあり、とりあえず自分が所有している不動産の価値を知りたいだけ、という方にとっても使いやすいでしょう。

不動産一括査定を匿名でする方法を紹介している記事はこちらです。

多くの不動産会社に一つ一つ査定の依頼をしていく手間を大幅に省くことができます。オンライン上で自分の所有する不動産の情報を入力するだけなので、スマホ1台あれば最短1分ほどで査定に出すことが可能なこともあります。

不動産一括査定のデメリットも大きく2つあります。

  • しつこい営業を受ける可能性がある
  • 地域密着型の不動産会社だと見つからない可能性あり

不動産一括査定のデメリットとして、個人情報を不動産会社に渡してしまったことによって、過剰な営業がくるのではないかということが考えられます。

実際に不動産会社も契約を取るために、一括サービスを利用しているということもあるので、営業はもちろんあります。

営業電話がどうしてもいやだ、という方は対処方法をしっかりと覚えていくことが重要です。

過剰な営業に対処する方法はこちらの記事で紹介しています。

不動産一括査定サイトの中には最大で6社の査定額を同時にもらうことができますが、売却する不動産の地域によっては、複数の不動産会社から査定を受けることが難しくなる場合があります。

なぜなら、全国にある不動産会社が不動産一括査定に参加している訳ではないからです。

現在、全国に約120,000社の不動産会社がありますが、全国展開しているイエウールでも約1,800社の不動産会社としか提携していません。

ですので、不動産一括査定の最大の特徴である、不動産会社同士を比較するということができない可能性があるのです。

しかしながら、不動産会社を複数比較できるかどうかは、実際に査定を申し込まなければわからないことです。

例え、一括査定サイトで紹介された不動産会社が少なくとも、オンライン上で、1分で情報を入力するだけなので、無駄にはなりません。

メリット

〇複数の業者から査定をもらえるので、正しい相場がわかる
〇オンライン上で、簡単に無料で査定額を知ることができる

デメリット

×しつこい営業電話に遭う可能性がある
×地域によっては、不動産会社が見つからない可能性がある

>>>不動産一括査定ランキングに戻る>>>

不動産一括査定の口コミ・評判

不動産の画像

イエウールの一括査定を使ってみて一番に驚いたのは、不動産屋によって物件の査定価格に大きな差が出たことです。

およそ2000万円から2500万円まで、なんと500万円近い査定額の差がありました。

いま想えば、もし査定が不動産屋1軒だけだったらきっと大損していました。

少しでも家を高く売りたいなら、一括査定は一般人にとって最も有効な武器かもしれませんね。

(50代 男性)

簡単な必要事項の入力後、すぐに数社から見積もりが来ました。

結果的にはイエイの一括査定経由の不動産業者は使わず、仲介を依頼したのは親戚の知り合いがやっている地元の不動産業者を選びました。

ですが、一括査定を使うことで土地売却価格の相場を掴むことができました。

不動産業者を数十件まわるのは現実的では無いかもしれませんが、せめて2~3社にでも相談しておくのは、比較検討の意味でもメリットが大きいと思います。

(30代 男性)

ライフルホームズの不動産一括査定で良い不動産会社を紹介してもらえましたし、査定書も書面でしっかりもらえたので非常に満足しています。

また、私は机上査定で依頼をしたせいか、電話が一方的に掛かってくることはほとんどありませんでした。

(40代 男性)

不動産一括査定を利用した方の意見として、「売却する前に相場を知るのに役に立った」や「査定額に差があったので、比較することができた」などの口コミが多く見られました。

これらの口コミからマッチングした不動産会社の中から仲介してもらう不動産会社を選ばずとも、一括査定が不動産売却を成功するための便利なツールであることがわかります。

不動産一括査定で6社に査定をお願いしたら、その後6社全てから営業の電話がかかってきて、対応におわれた。(40代 男性)

不動産一括査定のデメリットでも挙げましたが、不動産一括査を利用する場合、不動産の情報をはじめ、個人情報を不動産会社に教える必要があります。

不動産会社も、自社で仲介したいと必死なので、営業電話を顧客にかける場合があります。

営業電話をどうしても回避したいという方は、備考のところに連絡はメールだけと記入しておくと良いでしょう。

ちょっと不満としては地域によるとは思うのですが、不動産一括査定で紹介された不動産会社が2社しかなかったので、査定額を比較することができませんでした。(30代 男性)

こちらも、不動産一括査定の際に記述しましたが、地域によっては不動産一括査定に参加している不動産会社が少ない可能性があります。

そうなった時の対処法としては、不動産一括査定サイトを複数利用することです。

特に地方にお住いの方は、紹介される不動産会社が少ない可能性がありますので、全国展開しているイエウールや、LIFULL HOME'Sなど提携社数が多い査定サイトがおすすめです。

>>>不動産一括査定ランキングに戻る>>>

不動産売却一括査定サイトの選び方

_SMILEの画像

対象エリア内であればその地域に特化した中小の不動産会社をよく知っていることが多いので期待ができます。

また、多くの不動産会社と提携していれば、それだけ自分に合った優良不動産会社とマッチングする可能性が高まり、比較対象も増えるため一括査定サイトを選ぶうえで重要なポイントになってきます。

先ほど紹介した、おすすめの一括査定の中では、「イエウール」「HOME4U」「HOME'S」が全国区で対応しています。

提携社数が多ければ多いほど「良い」ということではなく、信頼できる好評価な不動産会社が多く登録されているサービスがおすすめです。

信頼できるサイトかどうかを判断する目安として、登録されている不動産会社に大手が含まれているかを参考にすると良いかもしれません。

大手不動産会社が信頼できないサイトを使うことはないため、そのサイトの信頼度を見極めることができます。

POINT

✔対応エリア、提携社数、信頼できるか(運営歴・大手も参加しているか)を確認!

✔その他サポートの手厚さ等で選ぶのもおすすめ!

>>>不動産一括査定ランキングに戻る>>>

不動産一括査定で注意するべきこと

不動産の画像

不動産査定のランキングなどを参考にして上位の方の会社に依頼した場合には、高い査定金額が出る可能性があります。

いくつか比較したうえでそれぞれの不動産会社の出した金額をみると、確かに同じ不動産の評価してもらったにもかかわらず100万円から200万円程度の誤差が出ることがあるでしょう。

査定した金額と実際に売却される金額で大きな違いが出る理由は、まず不動産の査定の段階と売却の段階で価値が変わってしまった可能性があります。

特に時間が経過してしまった場合には、土地が暴落しそれで価値が下がることも考えられます。

もう一つは、ほかの会社よりも高く査定額を出して契約してもらおうとしているからです。

当然不動産会社としても、高い査定額を提示した方が、お客さんが自分のところで契約してくれると考えるでしょう。

そのため、少し意図的に高く表示し、実際に売却するときには安く売却するわけです。

その方が、確実に契約が取れるうえに、不動産会社の利益にもなるでしょう。

不動産価値を知るために情報収集するのを目的として利用するケースで注意したいのは、あくまで査定は、その時の情報であって、将来的に変動する可能性があることです。

不動産は、その時々の経済事情や周辺事情で変動することが多いのが特徴です。

したがって、しばらくたってからも同じであるとは言えません。

もしかしたら上がっているかもしれませんし下がっているかもしれません。

そのため、再び不動産価値を知りたくなったら、その都度サービスを利用して確認しましょう。

売り時を考えたい方も現在の価値を知りたいだけの方も、匿名で使える不動産売却査定一括サイトもあるので有効活用しましょう!

>>>不動産一括査定ランキングに戻る>>>

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、本当におすすめできる不動産一括査定サービス5選ということで、それぞれのサービスの特徴や選び方、活用の仕方等をみてきました。

不動産一括査定は、不動産売却を成功に導く最良のツールと言えます。

複数の不動産会社からの査定額を見て相場を知り、納得できる理由を提示してくれた会社を選びましょう。

すまいVALUE」と「おうちダイレクト」がおすすめです。

「すまいValue」で、大手6社からの不動産の適正価格を調べながら、「おうちダイレクト」で、その不動産に強い、地域特化型の不動産会社を見つけましょう。

その中で一番納得できる価格を提示してくれる会社にお願いすることで、満足のいく売却につながりやすいです。

大手6社の安心の不動産を査定【すまいValue】

大手6社からいっぺんに査定がもらえる
情報量は一括査定サイト随一
日本でも最大手の不動産業者が参加

_

ソニーとヤフーが共同経営【おうちダイレクト】

ソニーとヤフーが共同で運営!
★セルフ売却で仲介手数料無料
ネットワークが強い企業が参加!

_

イエウール」「HOME'S」「HOME4U」のうち、2つを選びましょう。

どちらも地域密着型の不動産会社から大手不動産まだ幅広く提案来てくれるため、本当に売るべき会社はどこなのかを容易に判断することができます。

また、NTTが運営している信頼性の高い「HOME4U」は、18年間の実績があるので、優良企業を選択できる可能性が高くなります。

NTTデータが18年運営の【HOME4U】

NTTグループの運用歴17年
★提携社数は全国約1,300社
★選んだ企業以外からの面倒な連絡は一切ない!

_

ホームズくんのCMでおなじみ【HOMES】

★サービス利用者数476万人
★不動産匿名査定サービスも提供!
★提携社数は全国1,600社以上

_

地域密着型不動産会社に強い【イエウール】

★提携社数全国トップの1,800社
地方・地域密着の不動産会社が多い
★取り扱う不動産の種類も9種類と豊富

_