ホーム >> 不動産コラム >> 不動産購入 >> 注文住宅の間取りを調査!無料アプリでシミュレーション!?
更新日 2020.2.19

注文住宅の間取りを調査!無料アプリでシミュレーション!?

この記事を執筆した人
smileの画像
-Smile編集部-
この記事は、Smile編集部が作成した記事です。
Smileでは、不動産をテーマに不動産売買や不動産投資について情報発信をしています。
Smile編集部が監修した他の記事はこちら→

注文住宅は自分が住みやすい間取りや好きなデザインに設定できるという点で大人気ではありますが、やはりその分高額になってしまいます。

予算オーバーで失敗した、なんてケースもあるので本コラムで、自分が建てることのできる注文住宅のイメージを付け、それをより良いものにするコツを一緒に見ていきましょう!

今の収入で注文住宅は建てられる?

realestate

まず、注文住宅が高額になってしまう理由としては以下のものがあげられます。

1,手間がかかる(デザイン、間取りの設計等)

2,大幅な時間が必要(人件費がかさむ)

3,こだわりがそのまま費用負担の増大につながる(材料、壁の塗装等)

注文住宅は購入した土地の上に、オーダーメイドで建物を建てていく流れが一般的です。

そのため、他の建売住宅のようにすでに間取りや建物のデザインが決まっているものとは違い、一からすべてを作り上げる手間がかかります。

結果的に人件費や設計費などがプラスに必要になるため、その分費用負担は大きくなっていく傾向にあるわけです。

もちろん、具体的に必要になる金額には差が出てきますが、少なくとも建売住宅や中古住宅に比べるとその負担は大きいという点は押さえておくに越したことはありません。

では、具体的に注文住宅にかかる金額はどのくらいなのか、その金額は先に挙げたようにそれぞれのケースによって異なってきます。

こだわりが強く、ところどころにオーダーメイドのシステム、デザインを取り入れている場合にはその金額は膨れ上がっていくことになります。

一般的なデータによると、注文住宅の場合には建物代だけでも3000万から4000万金額が必要になっていきます。

これだけの金額を土地代金とは別に用意していかなければいけないということです。

注文住宅と建売住宅との違いはその建物価格にあります。

これまで説明した通り、建売住宅ではある程度のデザイン、間取りがすでに決められていてその内容もシンプルなものが多くなります。

より使い勝手がいいことに重きを置いて設計がなされているため、購入者によっぽど強いこだわりがなければ建売住宅でも十分に満足していくことができるはずです。

ただやはりこだわりの点を重視していきたいという場合には個別に注文住宅を検討するのがおすすめになっていきます。

やはり注文住宅であれば自分の好みにより近い形で住宅を建築することができますし、何より後になって後悔することがありません。

建売住宅の説明や、予算の決め方などが気になる方は以下のコラムを一読ください!

住宅を購入する際にまずチェックしておきたいのが、自身の収入でも購入することができるのかどうかという点です。

収入が極端に低い場合にはローンの借り入れ額にも制限が出てくることになりますし、それこそ費用負担が大きくなりやすい注文住宅という選択肢は難しくなっていきます。

頭金をある程度用意できるという場合は別ですが、ローンを一から組む場合には注意が必要です。

注文住宅を購入する場合にはもちろんのこと、ある程度高額なローンを組む場合には自分の収入に見合った額を考えていくことが大切です。

毎月の家計を大きく圧迫してしまうようであれば、いつか返済に息詰まる時が出てきます。

せっかく念願のマイホームを手に入れたとしても、ローン返済に首が回らなくなるようであれば意味がありません。

それこそ購入した住宅を手放すことも十分に考えられるため、注意が必要になっていきます。

ボーナス返済を取り入れるのか、そして借り入れ期間は何年にするのか、それぞれの家計状況に応じた計画が必要になってくるというわけです。

とはいえ、収入が少ない人でも、しっかりと計画してローンを組めば注文住宅を購入することができます

金利がより低い銀行、金融機関を利用したり、あるいは借入金額や期間を調整することで、毎月の家計負担を押さえながら注文住宅を購入することができるわけです。

住宅はより高額な買い物となるので、ほとんどの人はローンを利用して注文住宅を購入することになります。

まずは自分にはどの程度の住宅が見合っているのか、その具体的な金額を把握していくことから始めていきましょう。

注文住宅を購入する際、まずはどのくらいの金額が必要になるものなのか全容を把握していく必要があります。

そこで活用していきたいのが住宅の見積もりサービスです。

世間にはあまたの工務店、住宅メーカーが存在していますが、どのメーカーで住宅を設計すればより費用を抑えることができるのか、収入が少ないのであれば尚のことチェックしておくに越したことはありません。

また、事前に見積もりをしておくことで頭金がどのくらい必要になるのか、ローンの借入額はどの程度必要なのか、明確な計画がたてやすくなっていきます。

実は住宅建築を依頼する住宅メーカーによってその費用負担や特徴は異なっていきます

費用をより安く抑えることに重きを置いている住宅メーカーがあれば、逆に価格ではなく品質、使用する木材や設計、デザインに力を入れているところもあります。

どのタイプの住宅メーカーを選ぶのか、最終的な判断は購入者によって変わってきますが、まずはそれぞれの住宅メーカーのメリットとデメリットを把握していくことがポイントとなっていきます。

一生に数回しかない買い物だからこそ、間違いのないように見積もりの段階から情報収集を徹底していくことが大切です。

POINT

✔今の収入でいくらのローンを組めるか、が重要なポイント!

✔メーカーによって、それぞれ特徴が違う!→メーカー選びも重要!

✔建売住宅なら設計はお任せだが、安くて早い!

注文住宅の値段は「土地」で決まる!?

realestate

注文住宅を建てようと考えている場合、理想だけでは家はできません。

理想の家つくりが可能な注文住宅ですが、お金という現実的な問題にも対応しなければいけません。

実際に物件について考えていく場合、建物の値段だけでいいと思っている方も多くいます。

しかし多くの場合には、建物だけにしかお金がかからないということはありません。

実際にどのようなお金が必要になるのか把握したうえで、注文住宅の計画について考えていくことが大切です。

建売住宅を購入する場合は、土地と建物の価格がセットになっているケースがほとんどです。

一方で注文住宅の場合には、土地と建物に必要なお金を別々に考えていく必要があります。

そのため建物に必要な金額と、土地に必要なお金の両方を用意しましょう。

土地の値段に注目すると言われても、そこまで大きな問題にはならないと考える方もいるでしょう。

ですが立地条件などの違いに応じて、必要な金額には差が出てきます。

そのため注文住宅の値段は、土地で決まることもあるのです。

また場所決めだけで時間がかかることもあるので注意が必要です。

注文住宅の値段が土地で決まるといっても、そのお金が必要ないという方もいます。

例えば遺産相続などで受け継いだ場所がある場合、そこに物件を建てることで費用の節約にもなります。

すでに土地を持っていることで、物件に支払う分の費用を多くできるというメリットもあげられます。

しかし多くの方は土地を持っていないので、最初に家を建てる場所選びから始めることになります。

実際に選ぶときには、お金の問題だけではなく住みやすい場所か考えていくことも必要です。

実際に土地について考えていく場合のポイントの1つが、どのような点で価格に違いが出るのかという点です。

お得に注文住宅を購入したいと考えたとき、土地の金額を左右するポイントを把握しておくことが必要不可欠です。

安く購入できる条件などを把握して、注文住宅の予算に合った形でどのような場所を選ぶのか検討するようにしましょう。

土地の価格が高くなる条件の1つが、街の中心部でどのような場所に位置しているのかという点です。

例えば周囲が畑などが多い地域であれば、土地を購入する費用は安くすみます。

一方でお店や生活に必要な施設が多く揃う街の中心部の場合には、高くなる傾向があるので注意が必要です。

土地の価格について考えていくために、最初に予算を設定するのも1つの手です。

予算が決まっていることで、予算の範囲内でどのような場所に物件を建てるのか考えていくことにつながります。

駅周辺の一戸建て住宅を見ると、一般的な戸建てで多い2階建てではなく3階建て住宅が多いと思ったことがある方もいるでしょう。

2階建てではなく3階建ての物件が駅の周辺に多い理由にも、土地の価格が影響しています。

土地の価格で考えた場合、駅に近い場所は遠い地域よりも高くなります。

そのため広い面積の場所だとお金がかかるので、狭い場所を買うというケースが増えています。

面積が狭くても生活空間を狭くしないようにするために、2階建てではなく3階建ての住宅を選択することも多くあります。

このように駅前の3階建て住宅には、狭いスペースを有効活用するための知恵があります。

面積が狭くても利便性が高い土地がいいのか、それとも広い場所のほうがいいのかという点はそれぞれの状況で異なります。

そのため実際に家を建てる場所について考えていく場合には、個々の状況に応じて判断するようにしましょう。

例えば通勤で電車を利用する場合には、価格が高くても駅から近い場所を選ぶのも1つの手です。

一方で車通勤や自宅で働くフリーランスのような方であれば、駅からの近さにこだわる必要はありません。

また子供がいる場合には、学校までの通いやすさを考慮する必要があります。

このような家族構成や通勤通学の必要性に応じて、購入するのに適した土地を選ぶようにしましょう。

注文住宅の価格が土地で決まるとしても、建物とわけて考える必要はありません。

建物と土地の価格を一緒に考えていくのも1つの手です。

例えば立地条件が良い場所で暮らしたいのであれば、建物にかかる費用を安くしてトータルの費用を抑えるのも1つの手です。

このようにトータルの費用を工夫することで、土地が高くても注文住宅にかかるお金を少なくすることにつながります。

またお金の問題も大切ですが、暮らしやすさを考慮することも必要です。

例えば駅から近い場所でも、線路に近いと電車の音が気になるかもしれません。

周りの環境から暮らしやすさを考えて、注文住宅の土地を選定することも必要です。

POINT

✔土地と住宅の価格は別!土地の価値が高すぎると住宅建設に資金が回らないから注意

✔住みやすい場所かどうか、が重要!家の大きさは後回しにしておくことが妥当

坪単価×建坪だけでは家は建てられない?

realestate

注文住宅を建てる時に坪単価を参考にしようと考える方が多いでしょう。

しかし、坪単価×立坪だけで家を建てることはできず、様々な費用がかかってきます。

どこまで坪単価に含めているかはメーカーによって異なるため気になるメーカーごとに確認が必要ですが、坪単価×建坪の価格だけで考えてしまうと最終的な価格が大幅な予算オーバーとなることもあり注意が必要です。

1,付帯工事費

→必要に応じて地盤の補強やインフラの整備の際に必要になる費用。

2,調査・設計費用

→設計図を描くための前準備として必要な工程。

3,申請や登記

4,仮住まいや引っ越し費用

5,住宅ローンや各種保険

6,外構工事や家具

今回は坪単価に含まれていることが少ない費用をご紹介します。

注文住宅の坪単価は建物だけの値段ということが多いです。

しかし、家を建てるには家を建てるための工事や、実際に住むために必要な水道、ガス、電気を使えるようにするための工事が必要です。

これらの工事は「付帯工事」と呼ばれ、坪単価にはこの付帯工事費が入っていないことがあります。

✔地盤補強の工事費

✔インフラの整備

これらはすべて必要の場合のみの工事費ですが、場所によっては必要不可欠の場合もありますので、事前に調べておく必要があります。

この付帯工事についてご紹介します。

注文住宅を建てる際、土地の地盤の強度によっては地盤を補強する工事が必要です。

この工事には費用の幅があり、10万円程度のものもあれば、100万円かかるような工事もあります。

また、更地ではない土地に建築する場合には、元からある家の解体も必要です。

家の解体や地盤補強が済むと注文住宅の建設が始まります。

その際に行われるのが屋外給排水工事や屋外電気工事、ガス配管工事です。

土地によって異なりますが、水道の工事は上下水道を道路から敷地内に引き込まなければなりません。

また、下水管が敷地の前まで引かれていない場合は浄化槽の設置が必要です。

これらの工事は100万円を超えることもあります。

屋外電気工事やガス配管工事も敷地前の電線や都市ガスから家の中で電気やガスを使えるようにするための工事です。

また、工事をする際にも電気や水が必要ですし、足場や仮設トイレを設置しなければなりません。

これらの設置費用は仮設工事費と呼ばれますが、通常15~20%程度とされています。

注文住宅を建築する際は、建設地を調査してから設計図を描くことになります。

その調査の数値に基づき必要な工事が変わってくるからです。

この調査や設計図を描く費用は坪単価に含まれていないことがあります。

具体的に調査・設計費用にはどのような項目があるのでしょうか。

家を設計する際に必要となる調査は敷地調査や地盤調査です。

敷地調査は土地の大きさや形状、高低差などを確認します。

地盤調査では土地の地盤の強度を確認します。

固さや土の質、地下の水位などによってこの強度は変化し、強度が弱い場合は地盤補強もしなければならないので設計前には必ず行うものです。

家を建てるためには図面が必要ですが、ただ描くだけではなく2階建て以上になる場合は強度などを保つための構造計算が必要になります。

これらの設計や計算も坪単価とは別の費用となっていることがあります。

家を建てる際は建築するだけではなく申請や登記などの事務手続きが必要です。

これらの書類作成には手数料が必要ですし、住宅ローンを組む場合にも手数料が発生します。

各費用についてご紹介します。

家の建築には、地方自治体などへの申請が必要です。

申請するための書類作成と申請を行うためには手数料が発生します。

登記とは工事完了後、原則として一か月以内に行わなければならない手続きです。

これはハウスメーカーが代行してくれることが多いですが、その代行費用がかかります。

自分で行うこともできるため自分で申請をすれば20万円ほど費用を抑えることも可能になります。

また、注文住宅の契約を行う際には収入印紙が必要です。

今住んでいる家を解体して注文住宅の建設を行う場合は、工事が終わるまでの仮住まいが必要になります。

仮住まいに引っ越し新居へ戻る場合は2回分の引っ越し費用が発生しますし、別の土地に家を建てる場合にも引っ越し費用はかかります。

これらの費用も考えておかなければなりません。

住宅ローンを組んで注文住宅を建てる場合、手数料や保証料が発生します。

保証料はない業者もありますし、金利に上乗せをするという業者もあります。

金利が安いと思っても保証料で大きな差がでることもあるので、住宅ローンを組む際は保証料まで確認した総額で検討しましょう。

また、家の完成後は任意ではありますが、火災保険や地震保険に入っておくと安心です。

保険はハウスメーカーから紹介されることもありますが、ご自身に合ったものを選ぶようにしましょう。

坪単価は家そのものだけのことが多く、家の外観を左右する外構工事費は含まれないものです。

外構工事は門やフェンス、カーポート、屋外灯などを設置する際にかかります。

これらは選ぶものによって大きく差が出ますが数十万円から100万円以上することもあります。

また、カーテンなどもハウスメーカーから提案を受けて設置することもできますが、この家具も坪単価とは別です。

ハウスメーカー提案の家具では高いと感じた場合は別の家具店での購入を検討しても良いでしょう。

POINT

✔より正確な見積もりができれば、やりたいことができるかの見立てがつく!

注文住宅と建売住宅の価格差はどれくらい?

realestate

注文住宅を建築する場合には、建売住宅との価格差が気になるところです。

初めから注文住宅を建築するつもりで住宅を建築するならば別ですが、建売住宅の方も気になる場合にはこの価格差でどちらを手に入れるかの決定打となるところです。

注文住宅の場合は、土地を購入する場合と建物を建築する場合の2通りに分かれますのでこの二つについて見ていきます。

土地を購入する場合には、基本的にローンを組むことが多くなりますが、ローンを組むのはそれだけまとまったお金を支払わなければならないからです。

一般的には、坪単価と呼ばれるものを気にしておけば自分でも計算することができるようになります。

例えば一坪50万円だとすれば30坪の土地を購入すると仮定した場合1500万円になるでしょう。

土地に関しては消費税がつきませんので、そのままの金額が土地の金額になります。

なぜ消費税が関係ないかといえば、そもそも土地は消費するものではないからです。

建物を建築するときには、ハウスメーカーや工務店によって坪単価がいくらになるか決まってくるところです。

一般的には一坪あたり安くて50万円ぐらいで高くなると70万円になります。

たった20万円しか違わないように感じますが、30坪の住宅を建築する場合には、600万円もの違いが出てしまいます。

そのため、どこのハウスメーカーや工務店を選ぶかを慎重に決めることが重要です。

やすいハウスメーカーなども存在しますが、坪単価で表しているものは基本料金と呼ばれるものであることが多く、オプションなどをつけていくと結局坪単価60万円を超えてしまう場合がありますので、その点もよくチェックしておくことが大事になります。

要するに、表面的な坪単価だけで決めるのではなくその内訳はどのようになっているか考えることも大事です。

注文住宅を建築する場合、庭や駐車場などを設ける人がほとんどですが、この場合には外構費用がかかってきます。

例えば、駐車場をつくるにしても地面が土の状態ではどこか味気ない感じがします。

このような場合には、コンクリートにすることが多く、その費用も考えておかなければなりません。

少しおしゃれにしたい場合には、タイルを敷き詰める方法があります。

ただし、タイルは基本的にお金がかかりますので、見積もりを出してもらい大きな負担になる可能性が考えられるでしょう。

費用の点でいえばタイルよりもコンクリートの方が安く、コンクリートよりも砂利の方が安い傾向にあります。

建売住宅の場合は、注文住宅とは異なり土地と建物をバラバラに購入するのではなく基本は土地と建物を同時に購入します。

例外的に、借地権が付いているところもありますので事前に確認をしておくべきです。

借地権が付いている場合には、土地を購入するわけではありませんので安く手に入れることができますが、そこはあくまで人から借りている土地になりますので貸し主の都合によりその土地から出て行かなければならないこともあります。

例えば、貸し主がその土地を売却しようと考えた場合は、その土地から離れなければならないこともありますので要注意です。

ただし、借地権が付いている場合でも30年程度は貸してくれる決まりになっているため、30年以内に引っ越すそのようなそれほど気にする必要ないでしょう。

洋服も住宅も、オーダーメードの場合は高くつくのがポイントになります。

例えば洋服でも、すでにかたちができあがっていてそれを購入するだけならばそれほど高いことはありませんが、自分の体に合わせたオーダーメードにする場合には高くなるのが普通です。

建売住宅の場合は、オーダーメードではなくすでに出来上がっているものを購入するだけですので、注文住宅よりは安くなるのがポイントです。

どれぐらい安いかはその物件によって大きく異なるところですが、一般的には2割から3割ほど安くなるのがポイントでしょう。

ただ、最近はローコストの注文住宅もありますので昔ほど大きな違いはなくなっているのが現状です。

建売住宅が安いもう一つの理由は、まとめて住宅を建築するためです。

分譲住宅と呼ばれている場所は、大きな土地をいくつかに分割しそこに住宅を建築することがあります。

このような場合、そこにある住宅のほとんどは同じ業者が手掛けています。

そうすると、建材などを購入する場合はまとめて大量に購入するため安くなるわけです。

また土地を購入する時も注文住宅のように1軒分だけ購入するのではなく、広い土地をまとめて購入しますので安く購入できる可能性が高くなります。