ホーム >> 不動産コラム >> 土地活用 >> [最新版]おすすめ土地活用法10選を徹底的に解説!
更新日 2019.3.7

[最新版]おすすめ土地活用法10選を徹底的に解説!

特徴をつかんでから活用を!

不動産の画像

土地活用の種類は実に豊富であり、売却や貸与といったことや自分が主体となって活用を目指すこともできます。

ただ、土地があれば何でもかんでも活用を目指すというのは少し違います。

土地といっても、切れ端のような土地もあれば広大な土地ではあるけれども需要があまりないようなところもあるからです。

一方で、売り物になりそうにない土地でもうまく活用すれば大きく儲けることもできます

すべては土地の特徴をつかみ、そして周りの状況を知ることが重要です。

それを十分に知った上で戦略的な土地活用を目指すことにより、大きく儲けられて次につなげていくことができるので、非常に重要です。

地方に行くと広大な土地を抱える地主や農家の人がいます。

都会であれば、畑だった部分を分譲住宅のエリアにして土地を切り売りすることができ、それも土地活用の1つですが、地方ではあまりそうした需要はありません。

この場合、土地を抱えていたとしてもうまく活用しきれず税金ばかりとられてしまってどうにもならず、売るにも売れないことがあります。

しかし、ソーラー発電のように広大な土地をうまく活用することができれば、土地にかかる税金以上の収入を得られる可能性が高く、塩漬けにされてきた土地を最大限に活用できます。

それもこれも土地の特徴を知って、ベストの選択肢をとることが大事です。

自分たちが抱える土地がどのような特徴を持っているのか、その特徴をつかむことはそう難しいことではありません。

いくつかのポイントを確認し、そこでどんな土地活用法が適していて、この土地には何がおすすめなのか、それがわかります。

わずかしか土地がなかったとしても、それを最大限に活用することは十分に可能です。

現に都市部では、住宅を建てるには狭すぎる土地を有効に活用するケースが目立ちます。

たくさんの可能性の中から土地のポテンシャルを考慮して、可能性を1つずつ消していって決めます。

見るべきポイントはそこまで難しいものではなく、意外と簡単で誰にでもチェックできます。

POINT

✔土地の特徴をつかみ、そして周りの状況を知り戦略的な土地活用が大事!

✔土地のポイントを見つけるのは簡単!

土地の特徴はここを見よう

不動産の画像

土地活用を行いたい場合にはいくつかのポイントを見て判断します。

土地そのものの状況を見ることもあれば、周辺の状況を確認することもあります。

結局土地活用は流れの中でやっていくものであり、流れを作り出してそこに誘導するにしても土地の特徴を知らないことには誘導することに力を使いすぎて失敗に終わることがあるので注意が必要です。

こんな土地活用がやりたいという願望はいったん横に置いておいて、まずは土地の特徴を知る、その中で最大限に可能性を感じさせるものを見つけ出して実現できそうなものにチャレンジする。

これが大きな要素となっていきます。

一般的に人が住むのに最適な環境は需要は多いとされています。

この場合土地の広さは度外視し、土地の場所自体がそのような環境かをチェックします。

家やアパートを建てるスペースがあればアパート経営などができ、土地が狭くても駐車場経営が行えます。

また隣家や隣接するオフィスが旗竿地になっている場合にはそこに土地売却を持ちかけることで高値で買い取ってくれることもあります。

需要があれば交渉はしやすいというのが鉄則です。

反対に居住環境として少し需要がなかったり、不便だったりする場合にはソーラー発電やトランクルーム経営などの活用法を目指していくことも必要と言えます。

家を建てて精一杯の土地の広さではその選択肢は意外と限られます。

アパート経営をするにも少し戸数が足らずに採算が合いにくいこともあるからです。

一方で土地が広ければ、その選択肢はアパートマンション経営に限らず、介護施設や保育所など様々な可能性が出てきます。

土地信託という形で信託会社に土地活用をお願いし、経費などを除いた分を報酬として手にすることも可能です。

その場合には周りの環境を見ることが大事ですが、介護施設などができれば地域にとっても有益な場所になります。

狭くても駐車場にできますが、広ければ広いほどそれなりの選択肢は用意されているので確認が必要です。

旗竿地などは道路に面する部分が狭いために土地活用は大変困難であり、選択肢は限られます。

ただ道路に面していれば選択肢は多いかと言われればそうとは言い切れません。

車1台が通るのがやっとという幅で商業施設を作ろうにも無理があります。

コンビニなどが成立するのはしっかりとした道幅、往来に困らない環境です。

駐車場経営をしようにも全く車の往来がないところに作っても意味がありません。

国道や県道などに面していれば選択肢はかなり広がります。

たとえ狭い土地で駐車場1台分程度でも十分に需要はあり、都心部ではそうしたコインパーキングはいくらでもあるので、道路の問題は大事です。

近年地震によって液状化現象が発生するケースが出てきています。

埋立地だけの現象ではなく、元々地盤が脆いところや川の近くや農地のところを分譲地にしているところでも液状化は起こります。

ハザードマップにおいてある程度水没するエリアや以前地震や大雨で土砂崩れが起こる場所は地盤は決して磐石とは言えません。

このような場所で土地活用をしようにも、アパートマンション経営ではとんでもない大ダメージを負う可能性があり、修繕費がかかる恐れがあります。

そのため、資産価値もどれだけ立地がよくても高くならないことがあります。

地盤が磐石ならば安全性があり、価値を示すことが可能です。

一番価値がある土地の形は正方形になっているところです。

正方形ならば確実に居住スペースとしての価値が出てくるため、土地の売却もスムーズであり、場合によっては家を建てて貸し出すこともできます。

ところが、いびつな形になっているとその用途は限られるので価値は高くなりません。

もちろん一戸建てを建てることを目的にする人には、価値が低くても利便性を優先するケースや土地のいびつさをアイデアを克服するケースがあるので、土地の需要の部分が問われます。

いずれにしても、正方形であればあるほどマイナスポイントは減っていくので土地活用はしやすくなることは間違いなく言えます。

土地によっては傾斜がついていることがあります。

丘の中腹などに土地があるとそのようなことになりやすいですが、この場合に重要なのは方角と傾斜の度合いです。

例えば日の光が入りやすい方角であれば最高の環境ですが、悪ければ居住環境として最悪です。

傾斜もそこまできつくなければ問題ないですが、きついと暮らしにくいです。

平地の方が当然いいですが、たとえ傾斜があったとしても尾プラスにさせることはできます。

POINT

✔一般的に人が住むのに最適な環境は需要は多い

✔広ければ広いほどそれなりの選択肢がある

✔地盤の硬さ、土地が正方形かと方角と傾斜の度合いをチェックする

売ったり貸したりして活用しよう

不動産の画像

土地活用の方法としてまず思い浮かぶのは、売ったり貸したりするという方法ではないでしょうか。

購入価格より高額になれば利益が出てきますし、貸した場合にはすぐに利益が出なくても長期的にみて大きな利益を得るということが出来る場合もあります。

こうした形の活用法には具体的にどういった物があるのか、どのようなときに向いているのかということについてチェックしておきましょう。

土地活用の大きな手段の一番目には、売却するということが挙げられます。

特徴は売却するその時点で手続きや負担が完結するということがあり、短期で利益や対価を得たいというときに向いているといえます。

使わない土地は持っているだけでも管理する費用や税金などがかかってくることになります。

その場合は処分してしまったほうが良いといえるでしょう。

とくに入手した時点より土地の価格が上がっている時などに向いている手段ということが出来るのです。

土地の入手後、商業地や住宅地としての開発が進んできていたり、新駅などが出来て交通の便が良くなったりした場合には大きな値上がりが期待できます。

そのようなときにはタイミングを逃さずに売却に向かいたいものです。

しかし、急いで売るということになると値上がりのタイミングを計ることが出来ないということが多いですから、少し余裕を持って行うのがおすすめです。

時間的な余裕を持って周辺の地価の状況や相場をチェックしつつ、納得できる値段で売却できるようにしていくのが良いでしょう。

将来的にその土地を使う可能性があるけれど、今は利用する予定がないという場合、土地を売るだけではなく貸すという方法もあります。

更地の状態で土地を貸し、一定期間経過後に土地を更地に戻して返してもらうという定期借地権という形もあります。

これは更新がない契約のため、将来的に土地を利用したいというときに向いていますが、期間が50年以上となるのでその点は理解しておく必要があるのです。

住宅などという形で利用することも多いので、住宅の人気のある場所の場合には借り手も見つかりやすいです。

POINT

✔タイミングを見極めて売却して利益を出す

✔土地を利用する予定が今ないなら土地を貸すことも可能

土地を利用して様々なものを経営

不動産の画像

土地をそのままの形で売ったり貸したりということ以外にも、建物を建てたり土地をそのまま利用したりして収益を上げていくという方法があります。

場合によってはこちらのほうが大きな利益を上げることが出来る場合もある物です。

どういった時に向いているのか、どのような方法をとることが出来るのかということについてまずは見ていくようにしましょう。

商業地として人気のある場所であれば、建物を建ててその中にテナントという形でお店や事務所などを呼び入れるという土地活用の方法があります。

通常のアパートのような住居で貸し出す形よりも高めの家賃が取れることもあり、利益を上げやすくなるのです。

しかし、人気のない場所では借り手が付きにくいので、人通りが多いところやすでに発展している場所などが向いているといえるでしょう。

一階部分をテナントとして、上の階は住居の形で貸し出すという方法もあります。

広い土地があり何とか活用したいと思っていても、農地などで建物を建てることが難しいという土地もあるでしょう。

そのような場所はなかなか借り手が付きにくいものです。

そういった土地の活用方法としては、太陽光発電設備を設置していくということが挙げられます。

設備を設置する時点では費用が掛かりますし、定期的にメンテナンスも必要です。

しかし、日当たりが良ければしっかり発電してくれます。

自然エネルギーへの転換ということで注目が集まっていることもあり、多くの場所で太陽光発電設備を見かけるようになりました。

補助金などもうまく活用することが出来れば負担の軽減につながるでしょう。

人通りが多い場所で使っていない土地があり、自分が経営者として何かを始めたいと思っている場合におすすめの土地活用方法が、コンビニエンスストアなどの店舗経営です。

自分のお店を持つことが出来、これからも働き続けていく場所を確保することが出来るというメリットがあります。

一から事業を立ち上げるのは大変ですが、フランチャイズという形であれば商品やサービスなどが準備されているので取り組みやすいといえます。

立地の良さに加え、費用とこれから経営していく覚悟があれば、有力な土地活用法ということが出来るのです。

コンビニエンスストアの場合には、実際に拘束される時間が長くなってしまうということが言えます。

働きたいという方はよいですが、本業がすでにある方やゆったり暮らしたい方には向きません。

その点、コインランドリーは機器を設置して管理することで運営できるので、コンビニエンスストアよりは手間がかからないといえます。

住宅地などであればニーズも十分あります。

区分けされた倉庫を設置してトランクルームの形で貸し出すのも、手間が比較的少ない方法と言えます。

趣味のものなどを収納する場所を求めている方は多いので、住宅地の近くなどではニーズがあります。

広いスペースがある時にオススメの活用法です。

立地があまり良くない場所にあり、住宅や店舗ではなかなか活用できないというときには介護施設の経営という形も考えられます。

高齢者の数が増えている現状の中、介護施設のニーズは増えてきています。

今後長く必要とされるものであり、地域に貢献できるという事でやりがいのある活用法です。

駅前などでちょっとしたスペースがあるという場合、おすすめなのが駐車場経営です。

それほど大きな設備が必要なく費用も抑えられ、駅前であればニーズも高くなっていきます。

後で別の形で活用するかもしれないというときにつなぎで駐車場経営をするという形もあり得ます。

手軽な活用法としておすすめです。

アパートやマンションを建てて貸し出すという方法は最もポピュラーな土地活用方法と言えるでしょう。

大学などが近い場合や、近くに多くの企業がある場合などは借り手が見つかりやすいですから、こうした活用法が向いています。

人が多く住むところかどうかによって利益が上がるかどうかが変わってくるので、その見極めが重要になるといえるのです。

POINT

✔自分の土地に合った経営をする

✔少しのスペース、少しの手間で経営できるものもある

✔アパートやマンションを建てて貸し出すという方法は最もポピュラー

様々な方法の中から吟味して選ぶ

不動産の画像

土地活用の方法は一つだけではありません。

不動産投資としてアパート経営やマンション経営などがありますが、これらだけでも建てる建物の費用やプランは異なることになります。

そして、いろいろな提案を知ることができれば、収益の最大化につながる提案を見つけることができるかもしれません。

したがって、土地活用を考えるなら、一つの会社だけではなく複数の会社からプランの提案を受けることをおすすめします。

複数の会社から土地活用プランを提案してもらうことで、どういった土地活用ができるか、それぞれどの程度の収益を考えているのかを知ることができます。

これは比較の際に役立つ情報源となるでしょう。

各会社はプランを提案するにあたって具体的な活用方法と収益の想定を出してきます。

収益が高いと予想されていれば、それだけ自信があるということが見て取れます。

もちろんその通りにうまくいくとは限らないので、それだけを見て判断するべきではありませんが、それだけの自信があるということは一つの判断要素にはなります。

いくら高収益に期待できるとしても、土地活用プランにリスクが高すぎる場合は判断を留保したほうが良いでしょう。

例えば、建物の価格が高すぎるというのであれば、借り入れする資金が多くなってしまうので、万が一回収できなかった場合に残る夫妻が大きくなりすぎてしまうのでリスクは高いです。

一番土地活用でしてはいけないのが、失敗を考えずに成功を前提として考えてしまうことです。

確かに成功すればそれだけの収益が得られるかも知れません。

しかし、提案をした業者の分析がそもそも性格とは限りません。

コスト面は必ず出ていきますが、リターンは予測範囲にすぎないため、それが外れることもあります。

特に、需要予測が甘い会社が行った提案の場合はそれが起こり得る可能性があります。

したがって、数字のみを鵜呑みにするのではなく、提案を見る場合はリスクとリターンのバランスがとれているかといったところも見ておきたいポイントです。

一括提案の良いところは、一度にプランを提示してもらうことができることです。

一つ一つの業者に提案をしてもらうのは面倒ですし、直接の申し込みだと断りにくい心情もあります。

その点、一括で提案してもらえる仕組みは、申し込みは一度だけで複数の業者からのプランの提案をしてもらうことができます。

そして、一括で提案をすることが前提となっているサービスからの利用なので、信用的にも断りやすいでしょう。

また、各社とも一括提案サービスを使っていることで、他社に負けないプランを提案しようと、優れた内容を提示してくれることにも期待できます。

利用は無料で行うことができるため、積極的に活用すると良いでしょう。

一括提案のサイトは、事前に登録する御者を審査している場合はとても安心できます。

信頼できる大手や中小でも基準を満たす業者が登録されているため、悪質な業者に情報が流れていく心配はありません。

大手が登録されていれば問題はないと基本的に考えられます。

大手はしっかりとした体制のところしか利用しません。

もしトラブルを起こすような会社に登録してしまってはイメージが低下して打撃を受けてしまいます。

したがって、登録している業者が大手が多数含まれている場合は、基本的に安心して利用しても問題はないでしょう。

一括査定のサイトは複数ありますが、同じ業者でも複数に登録していることがあります。

利用は一つでも二つでも良いですが、あまり多くの情報があっても比較が大変になるので、一つ自分にとって魅力と感じたサイトからの一括査定の利用がおすすめです。

POINT

✔複数の会社から土地活用プランを提案してもらうことでどういう土地活用でどれくらい利益が出るのか予測がつく

✔失敗を考えずに成功を前提として考えてしまうことはやめよう

✔一括提案なら一度に複数の査定結果をもらえるから便利

おすすめの土地活用に活用したい一括サイト

一括査定サイトは複数の業者が提供している仕組みで、特定の業者だけが提供しているわけではありません。

自分なりに良いと感じたサイトを活用すればよいですが、以下では安全に使えて土地活用に役立つサイトを紹介します。

土地活用の選択として売却を考えている方には、イエウールをおすすめします。

こちらは、登録されている会社からいくらで売れるのかを査定してもらうことができます。

最低額が直ちに売れる額とは限りませんし、仲介での売却なら価格は自分で決められます。

しかし、自分で価格設定をするのは難しいので、豊富な知識を持った業者からの提案をベースに考えるのが無難です。

そして、同じ土地でも業者によって値段に開きが生じることも少なくありません。

土地次第では数百万の違いになることもあります。

なるべく高く提示してくれた業者を活用したいところです。

なぜなら、売れないと業者も利益になりませんから、あまりにも高い提案をすることはなく、普通に売れる見込みのある額を提示してくるため、高く提示してきたところは自信があるためです。

イエウール自体は登録している業者は大手やそれぞれの地域で実績が豊富な信頼できるところばかりです。

したがって、その査定には一定の信頼性があります。

仲介を利用する業者選びも面倒ですが、イエウールの査定から利用する業者を見つければ手間も省けるのでおすすめです。

全国の業者が登録されているため、日本国内のどこに住んでいても活用できます

不動産の画像

↓↓1,000万人以上が利用するイエウール↓↓

HOME4Uは、前述のイエウールと同じように売却査定をしてもらうこともできます。

しかしこちらは、土地活用の提案を一括で申し込めるのも特徴です。

プランの提案を参考にして不動産投資をしたいという人にこちらは向いています。

提案されたプランを基にして比較していけば、きっと自分いあったお不動産投資を提案してくれる業者が現れるはずです。

こちらの会社はNTTデータグループの企業なので信頼性はとても高いです。

また、登録されている御者も審査を経ているので、悪質な業者は省かれています。

実際に登録されている会社を見ると、大手やそれぞれの地域で有名な会社ばかりなので、利用してトラブルに巻き込まれる心配はありません。

不動産の画像

↓↓NTTデータによって18年間運営されたHOME4U↓↓

↓↓他のおすすめ不動産一括査定サイトも見て見たい方はこちらから↓↓

POINT

✔土地活用の選択として売却を考えている方はイエウール

✔HOME4Uは、前述のイエウールと同じように売却査定をしてもらうこともでき、土地活用の提案を一括で申し込める

一括での査定を利用すれば、売却でも投資でも、複数の会社から気軽に選べます。

不動産売却なら数百万円の開きがあることもありますし、プランの提案も比較しないとどれがふさわしいか判断することができません。

したがって、売却と土地活用いずれの場合であっても、一括査定を使うことをおすすめします。