ホーム >> 不動産コラム >> 土地活用 >> 積水ハウスのメリット・デメリットを大公開|特徴や土地活用も紹介
更新日 2019.3.7

積水ハウスのメリット・デメリットを大公開|特徴や土地活用も紹介

積水ハウスのメリット

不動産の画像

積水ハウスは、新築を検討する際に一度はパンフレットに目を通すことがある企業といわれ、日本で信頼されている企業です。

積水ハウスは、ハウスメーカーの中でも国内シェアトップのメーカーで住宅展示場を日本で初めてオープンさせた会社です。

大手メーカーのため施工実績が豊富でアフターフォローも充実しています。

そして、木造と鉄骨を選べるだけではなく、自由度の高い間取りを叶えるための独自の特殊構法も取り入れています。

ライフスタイルに合わせたプランや提案も可能ですから、住宅のプランニングで不明なことも気軽に相談することが可能できます。

優れた耐震性とデザイン性を誇る賃貸住宅も建築していますので、アパート経営のオーナーからも信頼されています。

独自の構法には、ユニバーサル・フレームシステムとβシステム構法、シャーウッド構法の3種類があります。

ユニバーサル・フレームシステムは軽量鉄骨構法で地震の揺れを吸収して変形に強い構造が特徴です。

この構法は、揺れの不安から守るだけではなく変形に耐えることができる強い耐震性を実現させることができます。

βシステム構法は、重量鉄骨造で二世帯同居や賃貸などの3階から4階向けの構法を採用しています。

木造のシャーウッド構法は、土台をなくして基礎に柱を直接繋げており全方向から揺れに対応できる強度を大幅にアップさせる構法です。

積水ハウスでは、重量鉄骨を採用していますので、他社ではまねできない自由度の高いオーバーハング設計が可能です。

オーバーハングとは、2階以上の床が突き出た形状の建物をいい、この突き出た部分の下には柱がない特徴があり、このような建物を建てると2階以上を広く使うことが可能になります。

また、1階のスペースには駐車場や駐輪場などの空間として有効的に活用することも可能です。

アパートの場合は、オーバーハング設計により賃貸面積を増やすことができるため他のアパートよりも収益力を高めることができるメリットがあります。

積水ハウスは、提案書のレベルが高いというメリットがあります。

この提案書には、最初に平面図等のプランが載せられています。

提案書の後半部分には、シュミレーションの数値計画が分かりやすく記載されていますので、とてもわかりやすく信頼できるでしょう。

表紙には、イメージキャラクターの写真が載っていたり他のハウスメーカーの提案書と比較すると細かい所まできちんと作りこまれているため、ハウスメーカーの中では最も高いレベルの提案書といわれています。

積水ハウスには、シャーメゾンという賃貸住宅ブランドがあります。

このシャーメゾンは重量鉄骨を採用しており、軽量鉄骨よりも頑丈という最大メリットが特徴です。

そのために、高い建物や広い空間の建物を建築することが可能で3階建てや4階建てのアパートを建築することができます。

アパート経営をするにあたって、外壁の見せ方やデザイン性も重要になりますが、シャーメゾンは、外壁の仕上げ材にも質の高い素材を採用しており、デザイン性も高く評価されています。

長いアパート経営を考慮すると構造面やデザイン性は重要になりますので、質の高いシャーメゾンは最適でしょう。

POINT

✔大手メーカーなので安心!提案書のレベルが高い!

✔独自の構法によって耐震性があがる!

✔シャーメゾンという賃貸住宅ブランドは構造面とデザイン性の質が高い!

積水ハウスのデメリット

不動産の画像

積水ハウスは国内シェアトップを誇る大手メーカーですから安心ですが、大手ならではの不安な意見も付きものです。

積水ハウスの外壁材は、強度や耐久性、断熱性、遮音性に優れていますが塗装面でデメリットがあります。

それは、外壁の表面が通常の塗装仕上げになっているため性能面が少し劣るといわれています。

断熱材はグラスウールがしっかりと入るため断熱性に問題はありませんが、独立気泡のため連続気泡であるへーベル板と比較すると断熱性能が弱いという特徴があります。

積水ハウスは、大手のハウスメーカーですから、注文住宅を検討しているお客様からアパート経営を行っているオーナーまでの幅広い顧客を抱えています。

ですから、お客様の数が多いため対応が後回しにされてしまうのではないかといった不安な意見もあります。

そして、たくさんの方が積水ハウスに依頼するため個性のない住宅になるといったデメリットもあるでしょう。

さらに、日本でトップシェアを誇る企業ですからお値段が高くて割引きをしてもらえないのではないかという不安な意見もあります。

これらは、大手メーカーならではのデメリットといわれていますが、積水ハウスは施工実績のあるハウスメーカーですから、一般のお客様やアパート経営を行っているオーナーの希望に合った提案を行っています。

アフターサービスにも力をいれていますので、誠実に対応してもらえるでしょう。

POINT

✔外壁の性能面が少し劣っていると言われている

✔お客様の数が多いため対応が後回しにされてしまうのではないかといった不安な意見もある

✔たくさんの顧客のためにあまり個性のない住宅になってしまうかも

積水ハウスの賃貸住宅

不動産の画像

シャーメゾンのホームページからは、賃貸にまつわる情報が掲載されています。

こちら都道府県からお薦めの物件が探せるようになっているので便利です。

また、シングル・カップル・ファミリー・ペット・省エネとライフスタイル別からも検索をすることが出来ます。

積水ハウスでグランドマストシリーズは高齢者向けの賃貸となっており、緊急通報や通話、共用で使えるラウンジや食事のサービスがあることから安心して過ごせると評判になっています。

グランドマスト赤堤へのアクセスは、京王線の下高井戸駅から徒歩7分、築年月は2018年5月上旬の3階建てです。

物件の間取りは1LDK・2LDK・1SLDK・ワンルームなどがあり、家賃は16万円から20万円です。

東京都でお薦めのお洒落なシングルの物件を検索してみると、約1,900件の情報がヒットします。

このうちシャーメゾン小作台はJR青梅線の小作駅より徒歩3分、築年月は2018年6月下旬の2階建て、光と風が取り込む積水ハウスのオリジナルなホテルライクです。

こちらバルコニーが広く、高い耐震性と遮音性が評判になっています。

設備面にこだわった物件でありながらも意外と家賃が安いです。

シャーメゾンは、クラシカルな雰囲気がマッチングする大人向けの賃貸です。

こちらシングルのみならず、家族と共に落ち着いて暮らせることから人気を集めています。

そんなシャーメゾンの気になる口コミや評判は、次の通りです。

新しい積水ハウスの賃貸に引越しをしました。

賃貸の間取りは広からず狭からず丁度良く、遮音性に優れていることから夜はぐっすりと眠れるようになりました。

仕事のためにシングル向けの物件を探していたときに見つけました。

最寄り駅に歩いて行けるので便利なうえに部屋の全体が静かで落ち着きます。

3階建ての2階に住んでいますが、全くと言っていいほど音が気になることがありません。

お部屋の間取りや設備面も満足です。

住宅の間取りが良く、お洒落や趣味を堪能することが出来ます。

車を駐車するスペースと苫が繋がっているので買い物へ行くときも便利です。

リビングの広さも丁度良く、収納で困ることもありません。

賃貸のデザインから設備、耐震や遮音性に優れている物件が多いです。

お部屋の空間と間取りにアイディアが備わっているので料理やお掃除をするのが楽しくなります。

洋服や化粧品を綺麗に収納することが出来るインテリアも気に入っています。

このように良い口コミを参考にしてみると、お洒落でありながらも過ごしやすいという意見が多いようです。

実際に積水ハウスのシャーメゾンは、細かなレイアウトにこだわりを持った設計士や住宅の研究員、デザイナーが提案しています。

設備の故障に関しても夜間や休日を含めて24時間365日でサポートをしているので安心です。

POINT

✔シャーメゾンのホームページから自分のニーズにあった物件を探せる

✔グランドマストシリーズは高齢者向けの賃貸

✔シャーメゾンの物件はオシャレでありながら住みやすいという声が多かった

積水ハウスの土地活用・アパート経営

不動産の画像

ShaMaisonのホームページからは、マンションやアパート経営にまつわる情報が掲載されています。

積水ハウスでマンション・アパート経営は、長期で安定を支えるオーナーサポートが受けられます。

こちら家賃を確保するための借上システムやアフターサポート、リフォームなどの保証です。

そんな積水ハウスのアパート経営にまつわる口コミや評判は、次の通りです。

マンションを購入してから不動産会社で賃料が受けられるので入居者で困ることがありません。

賃貸やアパート経営にするに当たっての物件が豊富な展開となっており、住宅でプロのスタッフさんが的確なアドバイスをしてくれます。

介護という時代にマッチングする高齢者向けの物件が多く、専門のスタッフさんがサポートしてくれるので安心です。

これ以外にも3、4階建てのような新しい物件があります。

積水ハウスで人気のシャーメゾンは、入居者からの満足度が高いです。

遮音性に優れた賃貸がメインとなっており、シングル向けの住宅も人気です。

別な物件と比較してみて防犯性にも優れています。

マンションやアパート経営をするに当たり、オーナー向けのアフターサービスが充実しているのもポイントです。

このように良い口コミを参考にしてみると、積水ハウスならではの手厚い保証が受けられることが分かります。

賃貸を経営してみたい方はShaMaisonのホームページを参考にしてください。

超一流企業ゆえの特徴を踏まえる

不動産の画像

積水ハウスは日本を代表する大企業であり、ベンチャー企業や新興企業とはおのずと営業方針が異なっています。

伝統ある超一流企業としてのブランドを保つため、信頼・安全・確実ということがより優先されますから、破格の好条件をあらかじめ確約するといった営業方針はとりません。

契約時の条件のまま、果たして数十年後まで続けられるかということを第一に考える姿勢であるため、契約直後からの短期的な利回り優先という場合には、適さないでしょう。

しかし、破格の好条件での契約が守られないまま、新興企業が倒産するというケースが現在社会問題となっていますから、ハイリスクハイリターンではなく、安全性を重視したい人には向いています。

不動産関係の営業マンとやり取りするのが苦手という人は少なくありません。

積水ハウスは、堅実で誠実な人材を見極めて登用しており、もちろんバラツキはあるものの、接触したくないと感じさせるようなスタッフはまずいないと見ていいでしょう。

これは不動産関係の営業マンと数多くやり取りして、初めてわかることです。

積水ハウスは、優れた人材を登用している企業です。

これは、数字さえ上げればいいという姿勢ではなく、信頼を傷つけないことを優先しているという姿勢の現れでもあります。

人間的にどうかと感じられても、利益率の高い好条件を出しているから契約する、という傾向のある人には積水ハウスはあまり向かないかもしれません。

企業というのは、簡単に倒産します。

大きなメディアに大々的に広告を出している有名企業だからと、つぶれる可能性を考えないアパート経営者も中にはいますが、現状を見れば、そうした見方をすべきでないのは明らかです。

企業が存続するには、顧客を獲得し続けなければならず、数十年にわたってそれをするのは並大抵のことではありません。

それをなしてきたことに信頼性を見るというのは、ひとつの有効な方法でしょう。

積水ハウスは設立以来58年という伝統ある企業であり、業界のトップクラスに君臨し続けています。

不動産事情は1960年から今日まで、激変を繰り返してきました。

その中でその地位にあり続けてきたことの意義は大きいです。

アパート経営には長期的視点が不可欠です。

不動産市況が短期のうちにこれほど大きく変わってきたことを踏まえると、かなりの慎重さが求められるものです。

長期的視点から、アパート経営者に利益をもたらす案内ができるのは、長期間自らを存続させてきた積水ハウスのような企業であると言えるでしょう。

実績があるわけですから、ノウハウを持っています。

それは、素人には到底つかめないものです。

そのために頼る先として、積水ハウスは向いているでしょう。

積水ハウスは安全最優先で、これからアパート経営を始めるという初心者に、向いた企業と言えます。

実現困難であった条件を提示し、短期間で倒産してしまう企業でないのは明らかです。

POINT

✔積水ハウスの不動産マンは堅実で誠実な人が多い

✔1960年から続いているということはとても意義のあること

✔長期的な視点でアパート経営をするなら安心

リスクとリターンから考えると

不動産の画像

アパート経営は投資のひとつですから、常にリスクがつきまといます。

安全かつ高収益という案件は、残念ながら個人のアパート経営者には回ってきません。

そうした案件であれば、大きな資本を持つところが既に自らおこなっているものです。

アパート経営を案内する企業は、ハイリスク・ハイリターン型か、ローリスク・ローリターン型かに分かれます。

ローリスク・ハイリターンをうたう企業も少なくありませんが、そうしたことであれば、その企業が自らおこなうはずです。

積水ハウスが提示するのは、概してローリスク・ローリターン型です。

ローリスクにより価値を置くアパート経営者に、積水ハウスは向いています。

アパート経営は住宅不足が続いていた時代は、資金さえあれば始めたい投資法でした。

供給が足りない状態でしたから、つくれば部屋は埋まる状況でした。

リスクはほとんどなく、初心者でも楽に稼げる方法だったわけです。

住宅不足が延々と続いてきたため、今だにそのイメージをぬぐい去れない人も多いですが、現在は人口減少社会となっています。

人口が減少するというのは戦後初めてのことであり、戦時中を除けば長らく日本人が経験してこなかった前代未聞の事態です。

人口が減少すれば、当然ながら住宅も余ってきます。

これまで誰も経験したことのないこうした状況下で、リスクをとることをどう考えるか、です。

それによって選ぶ企業が決まります。

積水ハウスはアパート経営において、利益率の高さよりも安定性重視の案内をしますから、安全性重視の初心者に向いている企業と言えます。

積水ハウスの企業としての存続性は、大きな安心材料になります。

リスクは自分で判断するから利回りを重視という人には、あまり向かないでしょう。

POINT

✔積水ハウスが提案するのはローリスクローリターン

✔安全性重視の人におすすめ

依頼前に比較検討をする

不動産の画像

いったんアパート経営を始めたら、なかなか後戻りはできなくなります。

以前のように住宅不足が続いていた時代なら、買い手はいくらでもいましたから、そっくり手放すということも容易にできましたが、今は違います。

買い手が常にいるとは限らず、いなかった場合は自分で抱え込んでなんとかしていかなくてはなりません。

よほど用意周到に調べてから始めないと、たいへんなことになります。

アパート経営を始めるにあたり、依頼先を決める際にも必ず数社を比較検討することが大事です。

数社と接触し、そのほとんどの会社を断ることになるのが心苦しいと感じる人も少なくありませんが、それでは先へ進めません。

不動産業者は、契約に至る件数の割合がわずかであることを前提に営業していますので、断る可能性があることを気にして比較検討するのをためらう必要はありません。

契約した際、不動産業者へ支払う手数料が非常に高額となるのも、それゆえです。

自信のある業者は、むしろ比較されたがります。

アパート経営を始めるに当たり、積水ハウスに依頼することがほぼ確実であっても、積水ハウス以外に相談していない場合は、念のため他の不動産会社にも相談してみることが望まれます。

そしてその差異に注目しましょう。

どこからその差異が生まれるのかをよく考え、その差異の意味を念頭に置いて、どこを選ぶか判断すれば、のちのち後悔せずに済みます。

不動産会社では、最初に相談を受けた人が担当になることもあります。

その担当者の業務が、アパート経営でない場合もありますので、必ずアパート経営の部署に絞って相談をもちかけることが大事です。

そのほうが、その後万事スムーズに進みます。

提案書をよく吟味し、納得したうえであっても、一括借り上げの条件は再度吟味することが望まれます。

賃料改定の時期などには特に要注意です。

十年後、二十年後に世の中がどう変わっているかは、誰にも正確には予測できないことではありますが、楽観的な予測で見通しを立てるのは考えものです。

日本の人口は初めて減少に転じ、今後も減少が続いていくと予想されていますから、住宅余りは加速していくと考えるべきでしょう。

賃料改定の際に、家賃が下がるのは明らかですが、どのくらいの値下がりになるかについては、シビアに見ておくのが無難です。

大幅に値下げされてもやっていけるかどうか、もう一度検討しましょう。

POINT

✔必ずアパート経営の部署に絞って相談をもちかける

✔積水ハウス以外の不動産業者にも必ず相談する

✔一括借り上げの条件は再度吟味する

建築費を比較して検証する

不動産の画像

一括借り上げとなるとしても、アパートの所有者はアパート経営者です。

アパートの建築費を支払うのも当然ながらアパート経営者となりますから、建築費が妥当なものであるかを最終確認しなければなりません。

積水ハウスは、アパート建設に重量鉄骨を使用し、地震の活動期に入った我が国における耐震対策も他に先んじておこなっていることで知られています。

それでいて、建築費がさほど高くないことでも有名です。

しかし所有者として、そのことを再確認すると言う意味でも、他の有名ハウスメーカーと比較することが望まれます。

積水ハウスを利用したほうがお得になるという結果にはなるでしょうが、すべてに念入りな調査をする姿勢は大事です。

竣工時期は特に事情がない限り、決算月の月末を避けることが望まれます。

決算月となる1月と7月の月末には、建築業者の仕事が立て込むことが多く、時には突貫工事のようになってしまう可能性もなきにしもあらずとなります。

腕のいい職人もその時期は確保しづらくなりますので、そうした時期は避け、比較的すいた時期に竣工するのが得策です。

同じ費用でも、質の高い建築となることが期待できますので、おすすめです。

竣工時期をそのように設定したうえで、依頼するようにしたいものです。

アパート経営では、修繕も定期的計画的におこなう必要があります。

入居者の入れ替わりのときの原状回復とは別に、建物自体の大規模修繕も将来必ず必要となります。

自然災害の度合いも激しくなっていますから、保険ではカバーし切れない不意の出費が必要となることもあるでしょう。

そうしたことも踏まえて、提案書が作成されているかということも、確認しておきましょう。

そうした費用もすべて含めての提案書となっていれば、将来対応に窮することなく済みます。

すれすれで採算が取れそうなケースである場合は、修理修繕の度合いによっては、採算割れということにもなりかねず、アパート経営を始めるかどうかの決断にも関わってくる問題です。

積水ハウスはアパート経営者からの評判もなかなか良く、積水ハウスを選ぶというのは良い判断である可能性が高いですが、やはり後戻りできない投資となる場合は、念には念を入れた最終確認をすることが望まれます。

その姿勢が、今後のアパート経営にも生きてくることでしょう。

POINT

✔すべてにおいて念入りの調査をする

✔竣工時期は1月と7月の月末を避ける

✔将来に渡っての修繕計画を確認する