ホーム >> 不動産コラム >> 不動産購入 >> 固定資産税の支払い方法別のメリットを比較
更新日 2018.10.18

固定資産税の支払い方法別のメリットを比較

窓口支払いのメリット

不動産

インターネットが当たり前となった時代だからこそ他の支払い方法が便利だと思われる方もいるかもしれませんが、コンビニの収納代行サービスが多くの方に浸透しつつあり、窓口を利用するメリットが大きくありますし、ネットを通じるのではなく直接利用する安心感もあるでしょう。

固定資産税の支払いをする時に色んな方法がありますが、窓口を利用する場合だと銀行などが閉まっていると利用できないことが多々あり不便でした。

しかし、コンビニでの収納代行が当たり前になりつつあり、普段からの公共料金の支払いでも利用される方が多くいまして、どんな人でもどんなタイミングでも利用できる便利さがあります。

クレジットカード払いも便利かもしれませんが、クレジットカードを所有するためには審査を通らないといけませんし、銀行口座も不要になるからこそコンビニの利用は多くの方にとってメリットがあるでしょう。

コンビニを利用して固定資産税を支払いする場合は、日本全国どこに行ってもコンビニはありますし、特定の地域以外では24時間営業が当たり前です。

いつでもどこでも利用できるということは自分の好きなタイミングで支払えるということになりまして、ギリギリのタイミングであっても大丈夫です。

固定資産税の支払いだけではなく、ネットショッピングなども含めてクレジットカード払いが一番利用されている方が多いですが、コンビニを利用しての支払いが年々増加しており、コンビニ側もそのニーズを認めていましてサービスを拡大しています。

気軽な気持ちで支払えるという点は大きなメリットでもありますし、銀行のようにかしこまった雰囲気ではありませんから何かを買うついでに立ち寄れる良さもあるでしょう。

通知される固定資産税の納付書にはバーコードが記載されていまして、コンビニに行けばバーコードを読み取るだけで金額が出ます。

金額を手入力することもありませんからスムーズに取引ができまして、細かい部分まで見られる訳でもありませんから恥ずかしくはありません。

バーコードが付いた納付書を渡して支払った、その場で領収書と受領書を受けとりますから全てが完了しますので、とても楽でもあり便利な方法になります。

直接現金で支払う方法だけではなく、一旦電子マネーにチャージして窓口で支払うという方法をするだけで色んな電子マネーから支払えて、チャージした金額に応じてポイントなどが付与されてお得です。

コンビニからであれば電子マネーで固定資産税の支払いをすることは可能となっており、付与されたポイントで何か買ったり、特典が貰えたりと通常よりも大きなメリットが感じられます。

注意点としましては、店舗によっては使用するクレジットカードが限られていたり、クレジットカードから電子マネーにチャージするのに手続きが必要であったりと手間もかかりますが、メリットは大きいと言えるでしょう。

さまざまな固定資産税の支払い方法のなかで直接現金を手渡しする方法になりますから確実に渡した、受け取ったという行為が行われますので安心感があります。

もちろん銀行やクレジットカードの取引でも間違いはありませんが、実際に窓口までいくので支払った実感が湧くのです。

現金で窓口から支払いますので直接現金の取引があり、コンビニの場合だと領収証と受領書を受け取ることができますので、その場で支払った確認をすることが可能です。

他の方法でも支払った証拠は残るのですが、金銭が目に見える形で動いていないので本当に支払えたかどうか分からなくて不安に感じることも多々あります。

口座振替でも通帳の記帳をしなければ振込みされたかどうかの確認ができませんので窓口の安心感があるのです。

多くの方がコンビニから固定資産税を支払っていると思いますが、それ以外にも利用できる場所はたくさんあります。

各種金融機関や郵便局の窓口、各市町村の窓口になりますので、全国どこに行っても支払えて場所は問われませんから旅行先や仕事先でも問題はありません。

口座振替を利用していたけど口座のなかにお金を入れておくことを忘れたという時でも現金で支払いに行くことが可能なのも良い部分です。

クレジットカード払いも便利になりますが、直接利用することができず、条件や金額によっては決済手数料が発生します。

意外と決済手数料の有無は支払う側にとっては痛い部分でもあり、少しでも節約したいと考えている方は他の方法で支払った方が良いかもしれません。

窓口の場合は、そういった手数料が発生しませんので納付書に書かれた金額だけを持って行けば良いだけです。

口座振替のメリット

不動産

口座振替は公共料金の支払いなどにおいて、自動で引き落とししてくれるのがメリットです。

口座にお金を入れておくだけで済みますから、使い方は簡単なのに得られる費用対効果が優れます。

最初に口座振替の設定を行ったり、常にお金を口座に用意しておく必要はありますが、それ以外の手間は無用です。

振替のタイミングで、設定した通りに引き落としが行われますから、定期的な支払いが必要な時の最適な選択肢です。

節約できた時間は他に回せますし、塵も積もれば馬鹿にできない節約が実現します。

振込やコンビニ払いなどは、店頭やATMに出向く手間があるので面倒です。

用事のついでに足を運ぶこともできますが、忙しい現代人にとっては、僅かな時間でも惜しいものです。

支払いにおける合理的な選択肢の一つが、口座振替という銀行が提供するサービスです。

請求書を持って店頭に向かう必要がないので、実に無駄がなくスマートな決済方法だといえます。

書類を忘れて取りに戻るような手間もなく、何処にいても安全かつ自動的に支払いが完了します。

定期的な決済が必要な支払いでも、忙しいとうっかり忘れてしまうことがあります。

遅延は決済の遅れを発生させるだけでなく、ペナルティを受ける可能性を強めます。

口座振替はその点、仕組み上遅延が起こるリスクはとても低くスピード感がある決済方法です。

一日でも支払いが遅れれば遅延とみなされますが、口座振替なら決済ミスが生じないので安心です。

銀行の決済機能が正常であれば、引き落とし日に即日決済が終わります。

クレジットカードで支払う方法は、月額定額制のサービスの利用時などに便利です。

ところが、支払い可能な金額には上限があったり、持っていないと利用できない欠点が存在します。

口座振替は銀行口座を開設している人なら、誰でも直ぐに利用が始められます。

クレジットカードのように、カード情報が漏れたり悪用される危険もないので、信頼性が高く定期的な決済において有用です。

口座振替なら現金で確実に支払えるので、ワンクッション挟むクレジットカードよりも魅力的です。

固定資産税の支払いは他の税金と同じく、納税者にとって必要不可欠な義務です。

銀行や税務署の窓口、それにコンビニやATMでも支払えますが、毎回足を運ぶとなると大変です。

高額な固定資産税を納める時は特に、これらの支払い方法は少なからず抵抗感を覚えさせます。

クレジットカードを選ぶ手もありますが、インターネット経由で安全性を考慮すると、口座振替の方がよりリスクを低く抑えられます。

一度機能を有効化してしまえば、翌年からは手続き不要で自動的に引き落としされます。

固定資産税を始めとした納税は、税額が確定した後に納税額の通知が行われます。

通常はこの納税の通知を待って、最寄りの銀行やコンビニに足を運ぶことになります。

口座振替が優れているのは、納税通知を待つ必要が一切なく、紛失や遅延の恐れも避けられることです。

早く固定資産税を納付しないと落ち着かない、そういった不安がある人にとっても朗報です。

納税の手続きや納付は何かと手間なので、少しでも手間が減らせるこの方法はベストです。

税金の支払いの遅れは、当然ながら後に督促状が送られてくる結果に結び付きます。

督促状はいわば納税者に対する警告で、このチャンスを逃すと延滞金が発生したり差し押さえに結び付きます。

督促状の送付が発生するのは、納税通知に従わなかった場合ですから、通知を受け取って早めに納めてしまえば心配無用です。

口座振替の良いところは、口座に必要な金額のお金さえ入れておけば、支払いの遅延や督促が起こらなくなることです。

固定資産税の納付遅れもペナルティが大きいので、スマートにリスクを回避できる口座振替の選択が理想的です。

督促は想像以上に不安を掻き立てますから、不安感が強く何としても避けたい人には、口座振替が効果的な解決手段となります。

口座が有効なのに口座振替が失敗した場合、その責任は全て銀行が持つので安心できます。

支払いの金額に対して、お金が足りない時は利用者の責任ですが、決済処理のトラブルなどは銀行の責任です。

固定資産税の口座振替が行われるケースでも、銀行が持つ責任という魅力が輝きます。

コンビニでは店員の質が、インターネット経由では通信の問題が懸念される一方で、銀行なら確実に処理されるので信頼できます。

銀行の店頭や税務署なら大丈夫ですが、これだと便利な支払いの利便性が損なわれてしまいます。

口座振替は利便性が高い上に、決済処理の確実性や保証もあるので、固定資産税の支払いにもメリットが豊富で適しています。

ペイジー支払いのメリット

不動産

ペイジーというのは税金を始めに公共料金やネットショッピングやオークションで利用することが出来るサービスです。

オンラインの通販で購入する際に付属している請求書なども、Pay-easy(ペイジー)マークが付いていると使えます。

このサービスなら、窓口やコンビニへ行かなくてもパソコンやスマートフォンから24時間365日で対応しているので便利です。

ペイジーは、インターネットやモバイルバンキング、ATMで利用することが出来ます。

このうちからATMは、みずほや三菱UFJを始めに三井住友やりそな、青森や七十七や群馬、足利や千葉や広島など全21の銀行で対応しています。

パソコンや携帯電話からの操作も簡単ですし、何と言っても窓口で待つ必要がないので無駄なストレスが溜まることもありません。

また、オークションでも使えますから必要のないものを売って節約のためにもなります。

これだけ自宅にいながら便利に活用が出来るサービスなら登録をしても損をすることがないです。

コンビニへ行かなくても便利に使えるペイジーなら登録が不要です。

例えば請求書や納付書なら支払いに使う番号を入力するだけの簡単な操作です。

こちら、オンラインショップの画面やメールの通知からも同じように必要な番号を入力するだけで使うことが出来ます。

ATMの場合は、画面からペイジー、このメニューが見当たらない場合は税金、各種料金振り込みを選んで、請求書に記載されている収納機関番号を入力して完了です。

インターネットバンキングの場合も請求書などと同じ手順です。

ペイジーは請求書や納付書に使うことが出来ます。

こちら、窓口へ行く時間を手間を省くならインターネットやモバイルバンキングを活用すると無駄な手数料を掛けずに支払えます。

ATMは現金やキャッシュのどちらも使えますが、時間外の場合に手数料が掛かってしまうことがあるようです。

オンライン通販から買い物という際もペイジーを使うことが出来ます。

こちらならクレジットカードで個人情報を明かす必要もないので安心です。

そんなペイジーは、アメリカビザの申請料金もATMから利用することが可能です。

Pay-easy(ペイジー)のサービスを提供している会社のホームページからは、便利に試せるデモを公開しています。

こちらを利用する際は、デモの画面からインターネットバンキングやATM、ネットショッピングや法人経理担当者向けを選びます。

次に必要な番号を入力してから内容や支払い、残高を確認して終了です。

インターネットバンキングの場合は利用している金融への登録、ネットショッピングはチケット購入が必要です。

法人経理担当者向けは電子申告や納税の手続きで利用することが出来ます。

ペイジーは、自宅のパソコンや手持ちのスマートフォンから自動車税を納付するときにも使えます。

その際の契約もありませんし、窓口へ行って納付する必要も省けるので便利です。

実際の使い方もインターネットバンキングやATMなどから簡単に納付が出来ます。

平成27年の4月からは、継続車検の納税証明書(領収書)も省略になりましたから、サービスをフルに活用しても安心です。

Pay-easy(ペイジー)のホームページからは、固定資産税の支払い方法や自動車税納付が可能な22の都道府県が載っていますので参考にしてください。

ペイジーは自動車税だけではなく、国民年金保険料を納付でも使えます。

金融やコンビニへ行かなくても自動車税と同じような手順で保険料の納付が出来るので便利です。

インターネットバンキングやATMで簡単に支払えるなら、窓口で待っている時間も省けるので快適な生活が送れます。

固定資産税で使えるだけでも十分に便利ですが、12か月分の保険料を簡単に支払えるのはペイジーならではの魅力です。

ペイジーでは、10,000円が300名に当たるキャンペーンを実施しています。

こちら、ヤフーオークションや競馬で人気のJRA、NTTやヨドバシカメラなどの支払いにも使える便利なサービスです。

キャンペーンの期間は、2018年4月1日(日)から2018年7月 2日(月)、ペイジーを利用する全ての方が対象となっています。

ペイジーをインターネットバンキングやATMで500円以上利用するごとに当たる率が上がりますのでぜひ参考にしてください。

このような感じで、買い物を始めに自動車や固定資産税、国民年金保険料の支払いにも便利に使えるサービスであることが分かります。

ご興味がある方はぜひ活用してみてください。

クレジットカード支払いのメリット

不動産

クレジットカードを使う事によって、固定資産税の支払いを自宅からでも簡単に行う事が可能なので、いちいち仕事の合間に時間を作って支払いに行く必要がないので非常に助かります。

もちろん近くに支払える銀行やコンビニが場所がない場合、交通費を使ってでも支払いに行かなければなりませんが、その心配も一切ないです。

特に雨等で天候が悪い日にわざわざ傘を差して税金を支払いに行くのは濡れますし非常にストレスもかかり大変です。

しかしクレジットカード払いなら、家から一歩も外に出る事無く支払いを済ます事が出来るので雨に濡れる事もありません。

インターネット環境が整っている場所であれば、都会であろうと地方であろうと、海外からでもパソコンやスマートフォンを使ってどこででも決済する事が出来ます。

各自治体によって多少の違いはありますが、基本的にはネットから固定資産税等の税金を支払う場合は、いつでも納税する事が可能です。

早朝だろうが深夜だろうが、たとえ休日であろうと、いつでも時間が空いた時に、自分の好きなタイミングで納める事が可能なので支払いを忘れる事もなく、滞納してしまう事もありません。

例え支払期限を忘れていても24時間対応しているので、納付期限ギリギリで支払っても問題ありません。

クレジットカードを使って固定資産税を納税すると、利息が付く事無く支払日まで猶予が出来、延長させる事が可能です。

その理由は一般的にクレジットカードで支払うと、口座から実際にお金が引き落とされる決済日は翌月になるからです。

このようにクレジットカードの場合、支払いまでに一定のタイムラグがある為、クレジットカードの引き落とし日までにお金を用意する事が出来れば、納付期限日にたとえ手持ちの資金がなかったとしても、滞納しなくて済むというのは非常に助かります。

しかしクレジットカードで税金を支払う場合は小額ですが手数料がかかるという事も覚えておくと良いです。

当然クレジットカードだけで全て納税を行えるので、わざわざ銀行や税務署の窓口、コンビニまで行って並んでまで現金払いする事もないので、時間や手間、わずらわしさも全て省けます。

また普段持ち歩かないような多額な現金を持ち歩くリスクもなくなるので精神的にも安心です。

特にパソコンに詳しくない人や高齢者はインターネット上で決済する事に不安があるかもしれませんが、セキュリティはしっかりしていて情報も守られているので安心して利用可能です。

クレジットカードで支払うと、毎月利用代金明細書が発行され、そこにきちんと支払ったかどうかが記載されるので、税金の支払い忘れがないかをしっかりと管理できるというのもメリットの一つです。

また明細書には税金の支払い以外にも、日常的に買い物で購入した品物の支払い分も全て記載されているので、支出を一元管理する事が可能です。

その為、無駄な出費等も合わせて確認する事が出来、節約にも役に立ちます。

何故ならクレジットカードだと一括払いの他にも、分割やリボルビング払いも可能だからです。

納税額は高額になることも多々あるので、分割が可能というのは助かります。

特に事業等を行っていて、資金が必要な人にはかなり便利です。

しかし分割やリボルビング払いにしてしまうと、固定資産税以外にも延滞税等手数料が余計にかかってしまうので注意が必要です。

クレジットカードでも税金が払えるようになったのは非常に便利で良い事ですが、自分が所有しているクレジットカードでも税金の支払いが出来るのかと不安な人もいるかもしれません。

しかしそのような心配はほとんど要りません。

何故なら有名なカード会社発行のクレジットカードであればほとんど納税に対応しているからです。

もちろん日本国内のカード会社以外にも海外のカード会社でも問題ありません。

現金支払いや口座引き落としで支払っても特典が付く事はありません。

しかしクレジットカードで固定資産税といった税金を支払うと、ポイントやマイレージを貯める事が出来るので、現金で金融機関やコンビニで支払うよりかなり得です。

また税金といっても色々な種類があるので、それらも全てクレジットカードで支払えば年間でかなりのポイントを稼ぐ事が出来ます。

どれ位のポイントが付くかはクレジットカード会社によって異なりますが、それでも年間利用額も増え、貯まったポイントは、色々な優待や商品券や現金にも還元する事が出来るので、面倒な支払いもクレジットカードだと楽しくなります。