ホーム >> 不動産コラム >> 不動産売却 >> 注文在宅と建売在宅の違いとデメリットは?|期間・価格紹介
更新日 2019.10.10

注文在宅と建売在宅の違いとデメリットは?|期間・価格紹介

注文住宅と建売住宅の違いは?どちらを選ぶのがお得なの?

注文住宅と建売住宅にはいくつかの違いがあります。

この違いをしっかりと理解しておくほか、メリットとデメリットを知ったうえで住宅を建てたほうがいいでしょう。

何も知らないまま決めないように心がけ、色々と調べてから住宅の方針を決めたほうがいいのです。

ここでは建売住宅と注文住宅の違いについて説明するほか、メリット・デメリットや価格面での違いについて紹介します。

見るだけで様々な違いやどちらが利用しやすいのかなどもわかってきます。

建売住宅と注文住宅の違いは?

住宅の違いの画像

まずは建売住宅と注文住宅の違いについて説明します。

2つは住宅を建てる際に利用する方法ではありますが、明確な違いがいくつか存在します。

この違いを知っておかないと、住宅を購入する際の違いがわからなくなり、失敗する恐れもあります。

しっかりと住宅の違いを知っておきましょう。

最初の違いは住宅が既に作られて販売されているか、それとも契約してから住宅を施工してもらうのかの違いです。

建売住宅というのは、既に建物が完成している状態で販売されています。

住宅の中を見学したり、どのような構造になっているのか確認できる反面、間取りなどはすでに決められているため変更はできません。

一方で注文住宅というのは、住宅の施工契約を確実に実施して、建物を作るという状態になってから初めて住宅を作ります。

従って契約の時点では住宅の内装や外観というのはほとんどわからない状態となっています。

ただ、間取りや機能といった部分は自由に決められるため、自分が希望している住宅にしやすいというメリットがあります。

最初から作られている住宅を購入するのか、それとも住宅を自分が希望しているように作り上げるのかで建売住宅と注文住宅には大きな違いがあります。

建売住宅の場合、既に土地は確保されていますので土地を探す必要はありません。

また、建物も完成しているため購入後すぐに入居できるなど、短時間で住宅を手に入れられます。

手間がかからないだけでなく、短時間で住宅を確保できるなど、スピード面でも建売住宅は有利です。

一方で注文住宅は土地探しから始めなければなりません。

注文住宅の場合は建てる場所が決まっていないこと、更に建てる住宅の詳細も決まっていない状態からスタートしなければなりません。

従って自分で土地を探さなければなりません。

更に土地を確保してから住宅を建てるまでに打ち合わせ等を繰り返すため、住宅が完成するまでには多くの時間がかかります。

短時間で住宅を手に入れられる建売住宅に対して、時間をかけてゆっくりと住宅を建てていくのが注文住宅と考えてください。

注文住宅と建売住宅では品質面での違いがあります。

注文住宅は最高の品質を確保できるように、業者としても最大限の力を入れて住宅を建ててくれます。

従って住宅の品質は非常に高くなっています。

安心して住み続けられる住宅が手に入りますし、納得して自分が希望した機能を持つ住宅が手に入ります。

一方で建売住宅というのは、コスト面を計算して住宅を作っています。

その結果、人件費の削減や材料費を軽減するなどの方針を取っており、品質面では注文住宅よりも悪い傾向があります。

注文住宅ほどの品質は得られませんが、住宅で生活する分には問題ない程度の状態と考えてください。

POINT

✔建売住宅は低予算で作れるものの品質面での問題がある

✔注文住宅は品質は優れているが予算や入居までの期間が長い

✔どちらが自分に向いているのかしっかりと考えよう

建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅の画像

建売住宅はメリットも多い反面、デメリットもそれなりに多くなっています。

メリットとデメリットをしっかり理解して、建売住宅を購入すべきかしっかりと考えておきましょう。

建売住宅が持つ最大のメリットは、購入後すぐに入居できるという部分です。

注文住宅では入居までに時間がかかってしまう問題点を建売住宅は解消しており、すぐに入居できる場合もあります。

短時間で新しい住宅を得られるのはいいことでしょう。

購入までにかかる時間は多少ありますが、しっかりと見学や相談などを踏まえていい住宅を見つけられれば、購入後すぐに入居できるメリットが得られます。

短時間で済む場所を見つけたいときは建売住宅を利用するといいでしょう。

開発などの影響でいい土地に住宅を建てている場合があります。

建売住宅の場合は密集して住宅を作っている傾向があり、その土地にいくつかの住宅が用意されています。

中には開発のために残された立地で住宅を建てている場合があり、非常に優れた土地に住宅が作られる場合があります。

安心して生活できる土地に住宅を建ててくれるのはいいことですし、土地の不安がないので色々な災害での問題が起こりづらくなります。

安心して住める土地を確保できるという部分では、建売住宅のメリットでも大きなものと言えるでしょう。

一方でデメリットとして挙げられるのが間取りの変更ができない点です。

既に完成されている住宅に入居する形となりますので、自分が希望している間取りなどを見つけないと後悔する場合もあります。

どのような問題が起きたとしても、間取りの変更は建売住宅ではできなくなっています。

完成された住宅を購入する方針で作られているため、間取り等の変更には応じてくれません。

どのような事情があったとしても、自分で希望する間取りなどを探さなければ駄目なのが建売住宅の問題点なのです。

建売住宅の中には、素材の耐久性が不足しており、長年住めないような住宅も存在します。

これはコスト削減のためにいい材料を導入できないという部分があります。

その結果、耐久性が足りておらず、どこかでリフォームやリノベーション工事が必要となる場合もあります

長年住まないのであればいいですが、その場所に定住するという気持ちがあるなら耐久性の高い素材を使ったほうが安心でしょう。

POINT

✔低予算で入居までの時間が短いためすぐに住宅の購入が可能

✔間取りの変更ができないため様々な物件を見なければならない

✔耐久性の問題等はしっかりと確認してから選ぶこと

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅の画像

一方で注文住宅もメリットとデメリットを持っている方式です。

メリットは建売住宅とは異なる部分に存在しますが、その分でメリットにも違いがあります。

どのようなメリットがあるのか、そしてデメリットが住宅を建てる際に影響しない部分なのかを考えてから、注文住宅を感上げるといいでしょう。

注文住宅を利用する最大のメリットは、注文住宅の間取りや機能を自由に考えられるという部分です。

建売住宅の場合はすでに決定された間取りと機能しか用意されていませんが、注文住宅の場合は自由に間取りと機能を導入できるため、様々な要望を入れた住宅が完成します。

なかなか導入できない間取りや機能も簡単に注文住宅なら導入できる場合もあります。

その分コストはかかってしまいますが、お金を使った分に見合った快適な住宅が作られるでしょう。

注文住宅の場合は、とにかく安心して住むことのできる住宅が手に入ります。

高い品質を確保しているという部分が大きなメリットとなっており、何十年も快適な生活を得られるのです。

それだけ安心できる素材などを利用して、耐久性などにも優れた住宅に仕上がります。

素材という部分は建売住宅よりもかなりいいものを使っています。

その影響で価格は高くなってしまいますが、耐久性や劣化という部分に問題が生じないため安心感は強くなります。

一方で注文住宅の場合は金銭面で大きな影響を及ぼしてしまいます。

注文住宅で必要な資金は建売住宅よりも高くなっており、基本的に大きなお金を払わないと作れません。

住宅を作るために必要な予算をしっかり考えておかないと、いい住宅を得られない場合もあります。

建売住宅の倍近くもかかってしまうケースもあるため、しっかりと予算を確保すると同時に、どれくらいの予算までなら住宅に使えるのかしっかりと考えておきましょう。

もう1つの問題は完成までにかかる時間が長い点です。

購入してすぐに入居できる建売住宅に対して、注文住宅は契約してから住宅を建てる方針を取ります。

その結果、入居までには数ヶ月という時間がかかってしまいます。

すぐに入居したいと考えている人に注文住宅は向いていません。

ゆっくりと時間をかけてでも、高い品質を持つ住宅を得たいと思っている時に利用するのです。

POINT

✔希望している住宅が手に入るため快適な生活ができる

✔高い品質や耐久性で安心して過ごせる時間が多い

✔予算が高いほか完成までにかかる時間が長く手間も多い

期間や価格の比較

期間や価格の画像

注文住宅と建売住宅には、住むまでにかかる期間や価格面での違いも存在します。

この違いをしっかりと理解しておかないと、建売住宅と注文住宅の違いを理解できないでしょう。

ここからは機関や価格面での違いを比較します。

注文住宅や契約までにかかる時間がかなり長くなる傾向があり、平均して1年半程度契約までにかかってしまいます。

理由は予算面での問題もありますが、どのような間取りにするか考えなければならないなど、自分で行動しないと駄目な部分が多くなっているからです。

一方で建売住宅は契約までにかかる時間が1年程度に抑えられる傾向があります。

これは土地などを探さなくてもいいメリットがあるからです。

その結果短時間で契約できる傾向があります。

契約後についても、注文住宅は半年から1年、建売住宅は3ヶ月程度で入居できるため、入居までにかかる時間も建売住宅が短くなっています。

次に価格面の違いを説明します。

建売住宅は基本的に安い予算で購入できる傾向があります。

3,000万円もあればある程度快適な住宅を購入できるでしょう。

また、2,000万円程度の予算でも希望している物件を得られる可能性があります。

低予算でいい住宅を得たいと考えている人には建売住宅が向いているでしょう。

一方で注文住宅は土地の制限が存在している場合でも3,500万円~4,000万円程度、土地の制限がなければ4.500万円以上の費用がかかる傾向にあります。

予算という部分でも注文住宅は多くなってしまうので、しっかりとお金を確保するように心がけてください。

ただ、注文住宅の場合は間取りや大きさ、更には外観部分を工夫すれば2,000万円程度でもいい住宅を作れる場合があります。

建売住宅に比べれば予算に柔軟性があり、色々考えて住宅を作れます。

建売住宅と注文住宅は、以下の違いを持っています。

  建売住宅 注文住宅
予算 少ない 多くなるが柔軟性あり
期間 短い 長くなりがち
品質 注文住宅に劣る 良質
自由度 低い 高い
手間 かからない かかる
アフターフォロー 良くない場合も 安心
POINT

✔予算面では基本的に建売住宅が強い

✔品質や将来的な安心感は注文住宅が強い

✔注文住宅は予算次第で建売住宅よりいい住宅が安く手に入る場合も

建売住宅と注文住宅どちらが向いているか

どちらがいいかの画像

建売住宅と注文住宅、どちらが向いているのかを考えて、最終的に2つの中から選んで住宅を手に入れることとなります。

実際にどちらが向いているのか、予算やそれ以外の要素などを加味して紹介します。

予算が多く確保できない場合は、低予算でもある程度の住宅を購入できる建売住宅の方が向いているかもしれません。

ただ、建売住宅の場合は予算だけではなく、住宅の様子などを見学して比較しなければならないため、慎重に進めないと購入した住宅が使いづらいと感じる場合もあります。

しかし、予算面では注文住宅よりもかなり抑えられる傾向があります。

なかなか予算を削れなくて困っている人や、低予算でもいいから立派な住宅を確保したいと考えているなら建売住宅を考えるといいでしょう。

一方で注文住宅ですが、低予算でもいい住宅を作れる可能性はあります。

2,000万円程度でもしっかりと考えておけば、立派な住宅が仕上がるでしょう。

ただ、間取りの柔軟性が確保できなかったり、色々な機能を捨てなければならないなど、少し機能性に劣る部分が生まれる場合もあります。

何を削ればコスト削減につながるのか慎重に考えておきましょう。

注文住宅は高い品質を持っているほか、建物の耐久性も高めやすい傾向があります。

近年は自然災害などが多くなっており、耐久性の高い住宅を建てる必要があります。

注文住宅はその安心感をしっかり作ってくれる住宅ですので、安心して住めるという部分を考えるなら向いているでしょう。

使っている素材はもちろんのこと、工法などによって耐久性や耐震性などを高められる場合があります。

様々な部分で劣化を防ぎ、住宅へ住み続けられるという安心感を出してくれるのは注文住宅なのです。

様々な機能を追加して、より安心して住宅に住みたいと考えているなら注文住宅を選ぶといいでしょう。

柔軟に対応できるという部分が何よりもいいですし、太陽光などを利用して自宅でエネルギーを確保し、電気代などの節約が期待できる場合もあります。

将来的なリスクにも耐えられる機能を導入すれば、より安心して生活できるでしょう。

建売住宅では持っていない機能は注文住宅でしっかりと確保できます。

より高い機能を得たいと考えているなら注文住宅を選ぶといいでしょう。

POINT

✔すぐに住宅を見つけたいのであれば建売住宅

✔機能性や自分の希望を通すなら注文住宅

✔注文住宅は予算次第で色々と方針が変わるので注意

まとめ

まとめの画像

建売住宅と注文住宅は、両方ともメリットとデメリットを多く持っています。

どのようなメリットを持っているのか慎重に考えておくこと、そして安心して生活できるのはどちらなのか、更には予算面での問題点を解消できるかなどをしっかり考え、最終的にどちらの方針で住宅を手に入れるのか決めましょう。

両方の方針を一緒に考えていくのは難しいことで、どちらかを先に決めなければなりません。

建売住宅を購入するなら1本に絞ったほうがいいですし、注文住宅を選ぶなら建売住宅は基本的に考えない方がいいでしょう。

どちらを選んだほうが最終的にいい住宅に繋がるのか、そして予算内でいい住宅が得られるかよく考えてください。

上手に比較していい住宅が得られれば、快適な生活が期待できるでしょう。

両方の方針を一緒に考えていくのは難しいことで、どちらかを先に決めなければなりません。建売住宅を購入するなら1本に絞ったほうがいいですし、注文住宅を選ぶなら建売住宅は基本的に考えない方がいいでしょう。どちらを選んだほうが最終的にいい住宅に繋がるのか、そして予算内でいい住宅が得られるかよく考えてください。上手に比較していい住宅が得られれば、快適な生活が期待できるでしょう。