ホーム >> 不動産コラム >> 不動産購入 >> 一条工務店の評判・口コミ!特徴や坪単価は?
更新日 2019.10.10

一条工務店の評判・口コミ!特徴や坪単価は?

一条工務店は和風の木造住宅のイメージが強い住宅メーカーです。

その一条工務店の口コミや評判にはどのようなものがあるでしょうか。

また、一条工務店は坪単価も高めで物件価格も高めの設定です。

これにはどんな秘密があるのでしょうか。

一条工務店は木造住宅メーカーでありながら耐震性や断熱性には強いこだわりを持っています。

伝統的な和風建築だけではない一条工務店の姿をまとめてみました。

一条工務店の特徴とは?

画像

出典:公式サイト

一条工務店は和風の木造住宅で知られた静岡県浜松市発祥の住宅メーカーです。

そんな一条工務店の特徴はどんな点にあるのでしょうか。

これまでの木造住宅の常識を覆す多くの発見がありました。

画像

出典:公式サイト

全国にはハウジングセンターやハウジングプラザといった住宅展示場が数多く存在します。

その住宅展示場に一条工務店は最も多くモデルルームを出展しているのです

近年の住宅性能は数値で評価される傾向にあります。

Q値やC値などとても客観的な指標です。

ただ、百聞は一見に如かずとはよく言ったもの。

実際に見て、触って感じる感覚には及びません。

家を建てようとする人は住宅展示場に足を運ぶことが多いものです。

こうした顧客を住宅展示場で取り込むことはよく練られた戦略といえます。

どこの展示場に行ってもモデルルームがあるのは積極的な企業とみなされ、安心感も生まれるものです。

とはいえ、多くの住宅展示場にモデルルームを出展することは建築費、出展費、人件費等の維持管理費が見込まれます。

住宅展示場に行くとモデルルームはとても広く、あらゆる快適設備が取り付けられています。

しかしよく聞くとほとんどがオプションでモデルルームと同等の設備をとりつけるとあっという間に予算オーバー。

これは住宅展示場やモデルルームでよく聞く話です。

このように標準仕様とモデルルーム仕様が大きく異なっているのが当たり前になっています。

ところが一条工務店では、モデルルーム仕様と標準仕様にほとんど差異がないのです。

住宅展示場で見たモデルルームがそのまま自宅になるのは大きなインパクトになります。

人間はイメージでしか見られないものよりも実際に見たもののほうが強く印象が残るものです。

「モデルルーム仕様が標準仕様」は一条工務店の大きな特徴になります。

画像

出典:公式サイト

一条工務店と言えば和風の木造住宅、という特徴があります。

色とりどりの屋根を乗せた洋風な木造住宅も増えるなか、一条工務店は伝統的な外観です。

こうした外観は特に年配の方から支持を集めています。

ところが、一条工務店はただ伝統的な和風の木造住宅を作っているのではありません。

屋根をよく見ると太陽光発電パネルが乗っています。

また、床暖房が全館に張り巡らされ、温度差を少なくしているのです。

断熱性や気密性にも気を配り、木造住宅ではトップクラスの気密性を誇っています。

このように外観は確かに伝統的な木造住宅であるものの、中身は現代的、未来的な設備にあふれているのです。

ポイント

✓一条工務店は住宅展示場への出展棟数No.1で、どこの展示場でも見られる

✓モデルルーム仕様と標準仕様の差異が少なく、イメージがしやすい

✓外観は伝統的な和風建築だが内部は最先端の断熱性・気密性が備わる

一条工務店の口コミ・評判は?

画像

一条工務店に対する口コミ・評判にはどんなものがあるでしょうか。

よい口コミとそうでない口コミを2点ずつ挙げてみました。

対応や設備に満足している書き込みと工程管理や品質管理に不満がある書き込みが見られました。

震災の影響で倒壊した家もある土地のため、家のデザインや設備より何よりも丈夫さ優先で一条工務店に決めました。

設計変更は10回ほどしましたが、トータル1ヶ月ちょっとで終わり、とてもスムーズに進んで助かりました。

建築中はちょくちょくチェックに行き、気になるところがあれば要望をその場で伝えればすぐに対応してくれましたし、仕事も丁寧です。

床暖房があるので、冬でも快適です。

設計段階での設計変更は比較的応じてくれる例があります。

もちろんその分時間はかかってしまうものの、この事例では短期間で変更してくれたようです。

一方、建築途中の要望事項は内容にもよりますが応じてもらえない場合もあります。

この事例のように現場での要望にもきちんと対応してくれるのは施主にとってはありがたいことです。

一条工務店はまったく知らないハウスメーカーでしたが、モデルハウスで見てとてもいい家だと思い、ここにしました。

住んでみた感想ですが、オール床暖房は最高に活躍しています。

太陽光発電も今のところ調子よく発電してくれます。

何度か不具合もありましたが、すぐ対応してくれ、その日のうちに対応してもらったこともありました!営業さんはじめ現場監督の人にはすごくお世話になりました。

心から感謝しています。

全館床暖房は寒冷地やお年寄りのいる家庭では重宝しています。

ヒートショックをもたらす温度差が大きく緩和されるからです。

いわば温度のバリアフリー化といえます。

太陽光発電も売電ができるくらいの出力があるのです。

初期投資がかかるものの、売電収入と相殺すると割高感は少なくなります。

一条工務店ではこうした住宅設備に対する満足度がとても高くなっているのです。

とにかく不具合だらけ

毎月、何らかの会社がアフターサービスの方が来ています。

引き渡されて気づいたのですが、どうも工事業者に丸投げ状態で、品質管理がされていないようです。

窓からは隙間風が入ってくるし、室内のドアもキズ、凹みが多く、とても品質検査をしているようには思えません。

見える場所でこうですから、見えない場所が怖いです…。

住宅建築は多くの下請け企業が参加するので元請け企業は品質管理が必要です。

これがきちんとできていればしっかりした住宅が出来上がり、顧客の満足度も向上します。

もし品質管理が不十分ならば、想定される住宅の性能を発揮することができません。

この事例のように窓から隙間風が入ってくる状態では、一条工務店のセールスポイントである断熱性・気密性が台無しになってしまいます。

工事は全て外注業者。

手抜き工事が多く見られます。

床は波うち、壁は石膏の手の跡、ドアの建具には打痕が多数あってオドロキ!営業主体で動いているので、すぐに辞めてしまいそうなあぶなっかしい営業や、定年が近い営業から買うとアフターケアはまずないでしょう。

保障は30年ついているというけど、電話受付期間の間違いじゃないですか?

書き込みのとおりであれば、品質管理に問題のある事案です。

外注業者や下請けが多くなるのは仕方がありません。

ただそれらをまとめ、品質をチェックするのが一条工務店の仕事のひとつです。

また、この書き込みでは営業マンに対する不信感も記載されています。

施主が実際に見るのは住宅であり、実際に相対するのが営業マンです。

住宅や営業マンがよくないと会社に対する不信、嫌悪につながります。

ポイント

✓一条工務店の住宅は躯体も丈夫で全館床暖房もあるので快適

✓全館床暖房と太陽光発電は順調で設備に対する満足度は高い

✓不具合だらけで会社や営業マンに対する不信、嫌悪につながることも

一条工務店の坪単価・価格は?

画像

一条工務店の坪単価はどれくらいでしょうか。

一般に高いイメージのある一条工務店ですが、他のメーカーと比較してみるとどの程度に位置するかがわかります。

各メーカーの坪単価を表にしてみました。

いずれのメーカーも標準的なグレードを採用し、オプション等はつけていない状態の坪単価です。

ただし、標準的なグレードとはいうものの、メーカーによって仕様は異なります。

あるメーカーでは標準仕様となっているものが他のメーカーには含まれていないこともあるのです。

この点は注意が必要になります。

会社名 坪単価
一条工務店 55万円から75万円
住友林業 75万円から90万円
飯田産業 40万円から60万円
パナソニックホーム 50万円から80万円
ヘーベルハウス 65万円から90万円
セキスイハイム 65万円から75万円
住友不動産 40万円から60万円

一条工務店の坪単価は55万円から75万円程度です。

同じ木造住宅を得意とする住友林業の坪単価が高く、それに次ぐ第二グループに位置しています。

住友林業を希望しながらも価格が折り合わなかった人が一条工務店に流れてくることは十分に考えられるのです。

一方でパワービルダーと呼ばれる、安価で大量に住宅を供給するメーカーに比べると割高の印象になります。

トップクラスではないけれど、やや高級な部類に入るのが一条工務店の立ち位置です。

やや高めの坪単価の一条工務店。

高い理由の一つは標準仕様のグレードが高いからです。

窓はLow-Eガラス、高い断熱・気密性、さらには全館床暖房まで標準仕様になっています。

ここまでが標準仕様となっている住宅メーカーは多くありません。

ペアガラスが標準仕様というメーカーも多いのです。

モデルルーム仕様が標準仕様を掲げている一条工務店は標準仕様の坪単価で比較するとどうしても高くなってしまいます。

ポイント

✓一条工務店の坪単価は55万円から75万円程度でやや高めの設定

✓木造住宅メーカーの中では住友林業などに次いで第二グループ

✓高い坪単価は標準仕様でもモデルルーム並みの設備が含まれているから

一条工務店の人気の商品は?

画像

一条工務店の人気の商品にはどんなものがあるでしょうか。

和風建築のイメージが強い一条工務店ですが、それ以外の木造住宅も積極的に開発しています。

一条工務店の住宅シリーズを、2階建を中心とした解説です。

画像

出典:公式サイト

一条工務店の主力商品となっているのが「アイスマート」です。

アイスマートは高い断熱性・気密性を誇っていることから省エネ住宅として期待できます。

太陽光発電システムを導入すれば光熱費も格段に抑えることが可能です。

窓ガラスの性能などは他のメーカーのオプションクラスと同等なので追加オプションも少なくて済みます。

全館床暖房は標準装備なので冬は特に暖かい家です。

外観も和風ではなく現代的なので若い人にも最適なシリーズになります。

画像

出典:公式サイト

アイスマートと並んで省エネ住宅としてプッシュしているのが「アイキューブ」です。

他のサイトでもアイスマートとアイキューブの違いを特集しているくらいで、その差は一般の人にはわかりづらくなっています。

坪単価がアイキューブのほうがやや安く、窓や外壁、内壁で選べる部材が異なっている程度です。

キッチンも若干異なっていて、キッチンを充実させようとするとアイスマートのほうがおすすめになります。

アイキューブはアイスマートよりも若い人向けです。

アイスマートがやや落ち着いたイメージに対し、アイキューブは格好いい、かわいいといったイメージの内装が特徴になります。

一条工務店と言えば和風の木造住宅というイメージがあります。

和風住宅「百年」はそのイメージにぴったりのシリーズです。

和室の続き間、床の間、雪見障子といった伝統的な日本家屋が建築できます。

和風住宅といってもその断熱性や気密性は他のシリーズと遜色ありません。

太陽光発電システムを組み合わせれば少ない光熱費で快適な生活を送ることが可能です。

外観から若者向けよりは年配の方向けですが、家は数十年暮らす場合もあるもの。

今は若くても20年先、30年先の嗜好まではわかりません。

何年かすると純和風なたたずまいのほうを好むようになるかもしれません。

ポイント

✓超省エネ住宅・超健康住宅の「アイスマート」は一条工務店の主力商品

✓「アイキューブ」はアイスマートよりも若者向けのシリーズ

✓「百年」は純和風住宅だが、断熱性・気密性は他のシリーズと変わらない

一条工務店がおすすめの人とは?

画像

一条工務店は木造住宅メーカーなので木造住宅に住みたい人にはおすすめです。

ではこのほかに一条工務店をすすめるべき人はどんな人でしょうか。

やはり高断熱高気密にこだわる人や耐震性に関心がある人です。

一条工務店がおすすめの人をまとめてみました。

木造和風住宅に住みたい人

一条工務店と言えば和風の外観をした木造住宅のイメージが強いメーカーです。

木造は鉄骨造や鉄筋コンクリート造よりも地震に弱いイメージがあります。

しかし近年は技術の進歩もあり、木造でも耐震性の高い建物が建てられるようになりました。

断熱性・気密性についても一条工務店は業界でもトップクラスです。

一条工務店の場合には外観は昔ながらの和風の木造住宅ですが、その中身はまったくの別物になります。

外観は好みの問題なので木造和風住宅に住みたいなら一条工務店は最適な住宅メーカーです。

木造でも耐震性の高い家に住みたい人

かつて阪神大震災では旧耐震の多くの木造住宅が倒壊し、人命が失われました。

建築基準法も改正され、耐震基準はずいぶんと向上しましたが、一条工務店はその耐震基準をさらに上のレベルを目指しています。

地震で倒壊しないことはもちろん、地震後も電気を使えるように太陽光発電システムを導入しているのです。

また、ツインモノコック構造という壁や床を強固につないだ構造を採用し地震そのものに対しても備えています。

理論上、現在の木造住宅の多くは阪神大震災クラスの揺れには十分に耐えることができるのです。

こうして 強くなった木造住宅に住みたい、という人には一条工務店はぴったりの住宅メーカー です。

木造でも高断熱高気密住宅に住みたい人

木造住宅は断熱性・気密性の面では鉄筋コンクリート造に遅れをとっていました。

木材は通気が必要なのでわざと隙間を開けて施工していた、という話も聞きます。

ただしこれは昔の話。

一条工務店は断熱性や気密性を特に重視しており、高性能なウレタンフォームを断熱材として使用しています。

また、窓もLow-eガラスを使用したサッシを導入し、断熱を実現しているのです。

高断熱高気密住宅はエアコンの効きもよく、省エネ住宅にもなります。

木造でも高断熱高気密の住宅が欲しい人は一条工務店に依頼すべき です。

ポイント

✓本格的な木造和風住宅に住みたい人には一条工務店は最適なメーカー

✓木造でも耐震性の高い家に住み、地震に対して少しでも安心が欲しい人

✓木造でも高断熱高気密住宅に住み、省エネルギーの生活をしたい人

まとめ

一条工務店は木造住宅メーカーでありながら耐震性や断熱性を高いレベルで実現したメーカーです。

口コミや評判でも断熱性や気密性に関する高い評価が書きこまれていました。

坪単価は確かに高く、実際の物件価格は高額になる場合もあります。

ただ、標準仕様自体のグレードが高いため、オプションで価格が高くなることは少ないメーカーです。

地震に耐えるだけでなく、その後の生活まで考えた設備も導入しています。

また、日々の省エネのために断熱性・気密性を高めてもいるのです。

木造住宅であっても鉄骨造などと比べても耐震性や断熱性は変わらないレベルまで達しています。

一条工務店は得意分野である木造住宅を現代の要求水準にあわせて進化させている住宅メーカーなのです。