ホーム >> 不動産コラム >> 一括査定 >> [最新版]不動産査定を匿名でする方法!匿名査定サイトまとめ5選!
更新日 2019.4.22

[最新版]不動産査定を匿名でする方法!匿名査定サイトまとめ5選!

不動産査定を個人情報なしでする2つの方法

不動産査定は基本的に自分の個人情報を不動産会社に教えないと行えませんが、実は不動産査定を匿名で行える方法が2つあります。

それは、

この2つです。

1つ目の方法は不動産匿名サイトを利用して査定額を出すという方法です。

そして、2つ目の方法は不動産ポータルサイトを利用することで、物件を売ろうとしているあなたが自ら査定額をという方法です。

下記にこれらの特徴やメリット、デメリット、おすすめサイトを紹介しています。

不動産匿名査定サイトを利用するメリット&デメリット

前述したように、不動産匿名査定サイトを利用することで、個人情報なしで自分の物件の査定額を出してくれます。

不動産匿名査定サイトを使うメリットは不動産ポータルサイトを使うより、査定額の精度が高いことです。

なぜなら、不動産匿名査定サイトでは築年数や方角などにも応じて、査定額を算出してくれます。そのため、必然的に査定額の精度は一層高くなるのです。

不動産匿名査定サイトを利用するデメリットは正確性が一般的な不動産査定より低いことです。

一般的な不動産査定には不動産訪問というものがあり、不動産の損傷や破損具合チェック︎してくれます。

それによって、より正確な査定額を出すことができるのです。しかし、不動産著名査定サイトでは訪問を行わないため、正確な値を算出することはできません。

POINT

✔築年数や方角なども考えて算出してくれるため、不動産ポータルサイトよりは精度が高い

✔しかし、損傷や破損具合をチェックしてくれる一般の不動産査定より精度は下

不動産査定を匿名でできるサイト5選!

_

ライフルホームズは自分で物件を探すこともできますが、不動産を一括で査定する時にも活用できます。

ライフルホームズの特徴は3つあります。

  • 物件情報だけで物件の査定額がわかること。
  • 依頼しただけで、営業の心配がないこと。
  • 査定してもらう会社を決める時、詳しく話しを聞きたい会社があれば自分から連絡をとる制度がある。

不動産の画像

イエシルの運営会社は証一部上場の株式会社リブセンスで、主にマンションの査定を行っています。

自社の9000万件の賃貸情報や売却事例によって査定額を出します。

また、特徴としては、売却額の推移を見ることができるので、一番最適な売却時を相談することもでき、希望すればそのまま詳細な査定もできます。

不動産の画像

マンションナビは中古分譲マンションに特化した不動産一括査定サービスとなっており、マンションを匿名で査定したいという人にはぴったりです。

マンションナビはマンション売却・売買査定なら6社、賃貸に出す場合は3社まで一括で査定することができます。900社超、店舗数2500店舗を掲載しているので、規模は大きいです。

不動産の画像

ハウマの最大の特徴は不動産査定を「AI」が自動で行っていることです。

公開されている物件の価格などの必要なデータをもとに査定額を算出してくれます。

不動産の画像

10秒でdoは不動産査定アプリです。

アプリをインストールして、所在地、築年数などの必要な情報を入れるとAIが自動的に査定額を算出してくれます。

特徴としては、他社の売却データを使わずに、自社の売却データをもとに査定額を算出することです。

POINT

✔ライフルホームズは依頼しただけでは、営業の心配がない!

✔マンション査定に特化しているのはマンションナビか、イエシル!

✔AIの分析による不動産査定はハウマか10でdo!

不動産ポータルサイトの特徴

不動産ポータルサイトとは、誰でもインターネット上で売物件を見ることができるプラットフォームです

この不動産ポータルサイトを利用して、自分が売りに出そうとしている物件と類似している物件を比較して、どれくらいで売れているのか、一つの目安となり、自分の物件を査定額を自分で知ることができます

やり方としては、自分に似た物件の販売価格を面積で割り、単価がいくらくらいか出します。

そこに、自分が売りに出そうとしている物件の面積をかけるとある程度の査定額がわかるのです。

ただし、戸建に関しては建物自体の値段も含まれるので、単純には計算できません。

ですので、不動産ポータルサイトの利用は戸建てではなくマンションや更地の方が使い勝手がいいと言えるでしょう。

従来では、新聞やチラシのようなアナログのやり方で、不動産を探すことが一般的でしたが、インターネットの普及により、現在では、不動産ポータルサイトでたくさんの情報を見てから不動産会社に問い合わせをする、というのが通常となりました。

不動産ポータルサイトにもそれぞれ特徴があり、テレビに出ているような全国区のポータルサイトから地域に特化したサイトまで様々あります。

 ですので、自分のニーズに合ったポータルサイトを見つけることできます。

不動産ポータルサイトを利用するメリット&デメリット

不動産ポータルサイトを利用するメリットは2つあります。

1つ目はインターネット上ですぐに大体の査定額がわかるということです。

それに比べて、一般的な不動産査定サイトは様々な申し込みをしてから、査定結果を受け取るまでに時間がかかります。

2つ目のメリットとしては個人のプライバシーを完璧に保てることです。

不動産査定をするときには必ず個人情報を不動産会社に教えなければいけません。

ですので、不動産会社からの突然の営業電話がかかってきて、迷惑だと思う可能性もでてくるわけです。

それに比べて不動産ポータルサイトは安心して利用できるというメリットがあります。

不動産ポータルサイトを利用するデメリットは2つあります。

1つはポータルサイトを利用した査定額が実際の売却額より若干高くなることです。

なぜなら、ポータルサイトを利用することは売り出し価格しかわからないので、実際の売却額は不動産会社への手数料などで若干低くなるのが一般的だからです。

しかしながら、現在では査定額と売却額が同じになるという事例も多々あるため、実際のところ正確な査定を出すには、売却するときにしかわかりません。

2つ目は戸建ての査定は土地と建物の両方を考慮しなくてはならないため、算出が難しい点です。

前述したように戸建てには建物自体の値段もあるため、単価だけでなく建物自体の値段も考慮しなければいけません。

POINT

✔ポータルサイトは誰にも迷惑をかけずに手軽に調べられる

✔建物の値段を考慮していないため、戸建ての査定には向いていない

不動産一括査定ならHOME4U

_

HOME4Uは不動産一括査定サービスを日本で初めて行った会社で実績も多い不動産会社です。

HOMES4Uを運営している会社は株式会社NTTグループでプライバシーマークを取得していて、徹底された個人情報管理を行っています

また、HOMES4Uのホームページではお客様に選ばれた会社以外は営業電話をかけることはありません、

と公表しており、営業電話の心配はありません。

↓↓NTTデータによって18年間運営されたHOME4U↓↓

↓その他の不動産一括査定サービスをまとめた記事はありますのでそちらもどうぞ。↓

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は不動産査定を匿名でできるサイトをまとめました。

不動産査定を個人情報なしでする方法は2つあるので、自分の状況と利用時のメリット&デメリットをよく考えて不動産査定を円滑にすすめていきましょう!