ホーム >> 不動産コラム >> 土地活用 >> リフォームはどこで行うのがおすすめ?ランキング形式で紹介
更新日 2019.10.10

リフォームはどこで行うのがおすすめ?ランキング形式で紹介

家のリフォームはどうすべき?

家の画像

「家をリフォームをしたい」と思われる方も多くおられるかもしれません。

家をリフォームするためには業者に頼む必要がでてきますが、今では多くの業者があるので、「どの業者に頼むのが1番いいのか?」と悩んでしまうかもしれませんね。

自分に合った業者を選ぶには業者の内容を知る必要があるので、今回は業者ごとの特徴をランキング形式で紹介していきます。

リフォームの費用相場とは?

料金の画像

リフォームをお願いする際、1番気になるところとしては費用かもしれません。

リフォームの費用は業者によって違いがあるので、リフォームの費用の相場を知っておくことは大事になります。

また、リフォームと言っても場所に違いもあるので、どのようなリフォームとなっているのか以下の表にまとめてみました。

リフォーム種類 住宅/面積 費用
外壁・屋根 2階建住宅面積200㎡ 80〜150万円
内装・壁紙 6畳ほど 5万円〜10万円
キッチン 1箇所 20万円〜200万円
ベランダ 1箇所 20万円〜100万円
断熱改修(屋根、外壁) 200㎡ 100〜180万円
天井(クロス張り替え) 1㎡ 1〜3.5万円

このような相場になっています。

リフォームする部分によって費用の大きさはかなり変わるので、自分がどこの部分をリフォームしたいのか慎重に考える必要があります。

外壁や屋根、キッチン、ベランダなどはリフォームの種類もいろいろあるので、相場の変動もかなり大きくなっています

外壁であれば重ね張りは150万ほど、張り替えは200万円ほどになっています。

キッチンはI型で20万円〜70万円の相場であり、U字型にすれば100万円から150万円に相場も変わります。

ベランダは屋根の取り付けは20万円〜30万円ですが、ベランダの増築であれば50万〜100万円ほどに上がります。

相場の変動の大きさは種類によって大きく変わるので、覚えておくことが大事になります。

おすすめのリフォーム業者ランキング

ランキングの画像

おすすめの業者をランキング形式で紹介していきたいと思います。ランキングにすることで自分に必要な業者を選ぶことができるはずです。

まず第1位は積水ハウスになります。積水ハウスの会社の概要は以下の通りになっています。

名称 積水ハウス株式会社
本社 大阪市北区大淀中1丁目1番88号 梅田スカイビル タワーイースト
創業 1960年8月1日
資本金 2025億9120万円
累積建築戸数 約2448050戸
従業員数 16538名
営業拠点 支店118

積水ハウスの特徴は住宅着工数がNo1となってている点です。多くのお客様に選ばれており、実績と安心感という点では全体的に信用することができます。

数は累計で200万棟以上になっており、他を圧倒する数となっています。

また、最高級外壁として「ダイコンクリート」という外壁を提供しており、通常の外壁は15年ほどですが、30年間の耐用年数があることで住宅を保護することができるようになっています。

積水ハウスは設計提案力が高く評価されており、ブランド力と超高級住宅の建設実績も多くて満足度も高いです。

しかし、商品にはあまり特徴がなく、差別化はあまり無いようです。

2位は住友林業ホームテックになります。住友林業ホームテックの概要は以下の通りになっています。

名称 住友林業ホームテック株式会社
本社 東京都千代田区神田錦町3丁目26番地一ツ橋SIビル8階
創業 1988年10月1日
資本金 1億円
累積建築戸数 約44048戸
従業員数 1919名
営業拠点 70拠点

住友林業ホームテックの特徴はこだわりの木質感です

木の奥深さをについての知識が豊富であり、木質感を活かした部屋の雰囲気づくりに定評があります。

素材によって作り出す空間のリフォームの種類も豊富にあるため、木にこだわってリフォームする人におすすめできます。

また、建築経験豊富な1000名を超える技師がいるので、リフォームのプランや技術にも安心感を抱いて任せることができます。

住友林業ホームテックに良い口コミとしては、工事は丁寧で変更したいところがあった際も迅速に対応してくれるので、工事をする人の対応は良いようです。

しかし、リフォームの予算は高いようなので、費用を計算してから頼む必要がありますね。

リフォーム会社の3位はパナソニックホームになります。パナソニックフォームの会社の概要は以下の通りになっています。

名称 パナソニックホームズ株式会社
本社 大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号
創業 1963年7月1日
資本金 287億7000万円
累積建築戸数 約1623戸
従業員数 6198名
営業拠点 数十箇所

パナソニックホームズの特徴は構造の強さになります。制振鉄骨軸組構造、重量鉄骨ラーメン構造、大型パネル構造と3つのタイプに分かれており、それぞれ地震への耐用が優れています。

大震災が起こっても倒壊することがないような耐久性を持っているので地震対策に気を使っているなら、パナソニックホームズのリフォームは1番満足するかもしれません。

また、暮らしやすさにもこだわっており、室内の空気環境や時間などを計算して徹底的に設計をしているので、室内の快適さを求めることも可能です。

パナソニックホームズのは太陽光発電システムや蓄電池などの環境商材が豊富であるため、環境に優しいリフォームを行うことができるという評判があります。

しかし、パナソニックの製品は商品力は強くても提案力が弱いという声もあるため、担当者によってリフォームの質も変わってくるかもしれません。

4位は大和ハウスになります。大和ハウスの概要は以下の通りになっています。

名称 大和ハウス工業株式会社
本社 大阪府大阪市北区梅田三丁目3番5号
創業 1947年3月4日
資本金 1616億9920万円ほど
累積建築戸数 約1795000戸
従業員数 16670名
営業拠点 4153拠点

大和ハウスの特徴は天井が高いことです。住宅地の一般的な高さは2m40cmほどですが、大和ハウスでは2m72cmと一般的なものよりも30cmほども高くなっており、部屋を広く感じることができます。

天井を高くして部屋を広くしたい人はおすすめできます。また、地震対策も行なっており、独自の製法で地震の揺れを上下しなやかに動かし柱を守ることもできます。地震が来ても安心感を持てます。

口コミなどでも、大和ハウスは特徴が少ないと言われていますが、大手の会社なので実績と安心感を持つことができます。

費用も大幅に値引きをしてくれることがあるので、値段も安くしてリフォームができるかもしれません。

建築内容などはオーソドックなようなので、リフォームの際偏った作りになることを防げます。

5位は旭化成リフォームになります。旭化成リフォームの会社の概要は以下の通りになっています。

名称 旭化成リフォーム株式会社
本社 東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビル
創業 1980年9月
資本金 2億5000万円ほど
累積建築戸数 約18960戸
従業員数 770名
営業拠点 18拠点

旭化成リフォームの特徴は軽量気泡コンクリートと鉄骨の組み合わせたロングライフ住宅です。

耐久性に優れた特徴を持っており、最長で60年も耐久することができると言われています。

また、構築してからも点検をを行なってくれて適切な時期にメンテナンスも取り行ってくれます。

大がかりなリフォームがあったとしても適切なプランを提供してくれるので、安心で満足のいくリフォームをすることができます。

旭化成リフォームは性能が良いという評判を得ています。

耐火性も耐震性も質が良く、「家の中の熱さが変わった」という口コミもあります。

家の耐震性や断熱性に気を使っているなら、旭化成リフォームを利用してみるのも良いかもしれません。

リフォーム業者の選び方

選ぶの画像

リフォーム業者はいろいろな種類がありますが、選ぶ際には3つの点に注意しておくことが大事になります。どのような点に注意できるのか紹介していきます。

業者によって得意分野に違いがあるので、自分の目的に合ったリフォームが得意な業者を選ぶ必要があります。

例えば、「耐震性を良くしたい」と思うなら耐震性のリフォームが得意な業者を選び、外壁が得意な業者であれば、それに合った業者を選びます。

業者の得意分野を見極められれば自分のリフォームも満足いくはずです。

リフォームの経験がある業者であれば、それだけお客様のニーズに応えることができると期待できます。

リフォームの際に難しい条件であったとしても、対策を講じて要求通りの工事をしてくれる可能性が高いので、実績を確認しておいた方が自分の理想通りのリフォームを行いやすいです。

見積もり書の提示をしてくれるときに、どのような内容となっているのかしっかり説明してくれるのか見ておく必要があります。

見積もり書が正確であれば丁寧に教えてくれて、自分も納得してリフォームできます。

見積もり書の内容があやふやで説明不足であれば、悪徳業者と見極めることもできます。

まとめ

まとめの画像

リフォームをしたいときは、ぜひリフォーム会社の内容や特徴を知るようにしてください。

「どこでも一緒だ」と思うなら、自分の思う通りのリフォームを行うことができず、後に後悔してしまうことになります。

リフォームは費用も高いので、事前に下調べをしておくなどの準備をしておくことも大事になります。

今回紹介した5社の中から自分に合う業者を見つけることもできるはずです。リフォームをうまく成功させるためにも、性急に業者を決めるのではなくて慎重に選ぶことをおすすめします。