ホーム >> 不動産コラム >> 不動産投資 >> 不動産投資って難しい?成功率や秘訣までご紹介します
更新日 2020.1.25

不動産投資って難しい?成功率や秘訣までご紹介します

この記事を執筆した人
smileの画像
-Smile編集部-
この記事は、Smile編集部が作成した記事です。
Smileでは、不動産をテーマに不動産売買や不動産投資について情報発信をしています。
Smile編集部が監修した他の記事はこちら→

不動産投資に興味を持つ人が増えています。

不動産投資のメリットはどんな点にあるでしょうか。

不動産投資はリスクが高く、デメリットも多いと感じている人もいるはずです。

そもそも不動産投資の成功をどこに置くかによっても変わってきます。

大家専業と副業では求める収入も変わるはずです。

ここでは不動産投資の成功率、成功するための秘訣についてもご紹介します。

そもそも不動産投資って儲かるの?

不動産投資の画像

資産運用の手段として不動産投資が人気です。

では実際に不動産投資は儲かるのでしょうか。

ネットを見ても成功談は多いけれど失敗談はそれほど載っていません。

不動産投資の実際に迫ります。

不動産投資自体は古くからある資産運用の手法です。

大家業であれば江戸時代までさかのぼります。

ただ、昭和の頃までは元々資産を持っている人が行なう程度でした。

平成の後半ごろからサラリーマンや元々資産を持っていない人が不動産投資を始めています。

昔から不動産投資をしているということは堅実に行なえばあまり失敗しないようにも見えます。

ネットには不動産で何億円稼いだ、といった情報があふれています。

成功談は数多く載っていますが、失敗談は少なめです。

実は、不動産投資は家賃という現金収入があるため、決定的な失敗になりにくいものなのです。

また現物資産なので株式投資のようにある日突然権利がなくなることもありません。

とはいえシナリオ通りに行かないことを失敗というならば、表に出てこない失敗はことが予想されます。

POINT

✔不動産投資自体は古くからある資産運用の手法で珍しくはない。

✔最近はサラリーマンや不動産を持っていない人も参入するようになった。

✔現金収入があるため顕在化しにくいが、投資なので失敗もある。

不動産投資ってどのラインが成功と言えるの?

投資成功の画像

不動産投資だけで生活できるようになれば成功でしょうか。

今は多様な不動産投資が可能なので、サラリーマンでも不動産投資家になることは可能です。

ここでは不動産投資のスタイルごとにまとめました。

改めてみると、成功ラインはスタイルによって異なるようです。

いわゆる大家さんとなることです。

不動産賃貸業として独り立ちできれば多くの人は成功と認めます。

不動産からの収入が手取りで年収1000万円を超えれば独立しても十分に生活が可能です。

サラリーマン大家さんです。

主たる収入があり、副業として不動産投資を行う場合があります。

不動産投資だけで生活するのに比べて不動産投資での収入は少なくて済みます。

不動産からの収入が手取りで年収100万円を超えれば副業としては成功といえるでしょう。

空き家問題に象徴されるように、日本では不動産が余りつつあります。

利用していない不動産を活用していくばくかの収入を得られれば生活の足しになるものです。

手取り収入がわずかであっても、不動産は持っているだけ維持管理費がかかります。

この維持管理費をまかなうことができるだけでもよいと考える人はいるものです。

不動産投資は例えば年収1000万円なら成功、それ以下では失敗と簡単に線引きできるものではありません。

多くの人は物件ゼロの状態から始めます。

また、無職の裸一貫から不動産投資をする人も少ないはずです。

目標を持つことはよいことですが、成功ラインはひとそれぞれになります。

POINT

✔専業で行なおうとすると相応の不動産収入がないと生活できない。

✔副業であれば専業よりも少ない不動産収入でも事足りる。

✔いくら以上で成功というラインはなく投資スタイルによって決まる。

不動産投資で成功する確率とは

確率の画像

ネットを検索すると、「不動産投資で絶対損をしない方法」や「必ず成功する方法」のような事実か疑わしい情報もあふれています。

では実際に不動産投資はどれくらいの成功率でしょうか。

ここでは成功イコール損をしないとして考えていきます。

投資家は誰もが確実な投資先を探しています。

ですが、リスクをゼロにすることはできません。

では不動産投資の成功率はどれくらいでしょうか。

統計的に何パーセントといった数値は公表されていませんのではっきりとはしません。

ですが、家賃という現金収入がある分、いきなり資金がショートすることは少ない投資です。

不動産投資と並んで人気があるのが株式投資です。

不動産投資よりも少額からできるため、株式投資をしたことがある人は相当数います。

株式投資は一般的に値上がり益を期待するキャピタルゲイン目的です。

一方で不動産投資は収益を期待するインカムゲイン狙いになります。

二つは異なる収益構造です。

株式投資は将来値上がりするかどうかは購入の時点ではわかりません。

一方で不動産も収益は確定しないものの、家賃収入がある程度見込めます。

現金収入がある分、不動産投資は株式投資よりも成功率は高いともいえます。

株式投資にしろ、不動産投資にしろ、勉強すればするほどその成功率は上昇します。

投資はギャンブル的な要素は確かにあります。

ただ、競馬やパチンコのように運次第のギャンブルとは根本的に異なるのです。

POINT

✔いきなり資金ショートするような投資ではないのでその点は安心。

✔現金収入がある分、不動産投資は株式投資よりも成功率は高い。

✔運次第のギャンブルと不動産投資は根本的に考え方が異なる。

不動産投資で成功する秘訣とは

秘訣の画像

世に不動産投資に関する書籍、サイトは氾濫しているといってよいでしょう。

そこには様々な手法、ノウハウなどが記載されています。

本当のことが書かれている場合もあれば、まゆつば物の情報もあるものです。

不動産投資で成功率を上げるためにはどうしたらよいでしょうか。

ネットで「不動産投資」、「収益物件」と検索すると無数のサイトと物件がヒットします。

それだけ多くの人が不動産投資を行なっていることの証拠です。

ただ、これらの情報を鵜呑みにすると、きっと痛い目に遭います。

これらの情報に踊らされていては成功率の向上は困難です。

物件は売買できるといえども、対象は不動産です。

何千万円、ときには億を超えるような物件も扱います。

簡単に物件の買い替えなどはできないのです。

例えば不動産ファンドであっても物件の入れ替えは一年に何回もありません。

一度購入すると、ある程度の期間保有することが多いので物件は吟味して購入しましょう。

物件が購入できないと焦ってしまうことがあります。

このタイミングで人から勧められたり、ネットで検索できたりするとその物件に飛びついてしまうものです。

ですがこれでは成功率は上がりません。

利回りなり、価格水準なり、自分の基準を必ず持つようにしましょう。

たとえ魅力的な物件が出てきても価格が予算に折り合わなければ、購入しないようにしましょう。

無理な購入は後で自分の首を絞めることにつながります。

不動産投資のメリット

メリットの画像

多くの人がメリットを感じているから不動産投資がこれだけブームとなったといえます。

では不動産投資のメリットはどんな点でしょうか。

書籍やネットでは不動産投資は不労所得と書かれています。

確かに労働とは異なりますが、会社勤めとは違う苦労があるのです。

不動産投資は当然ながら家賃収入が得られるので収入の足しになります。

給料が少ないと感じている人、副業でもっと稼ぎたい人にはうってつけの手段です。

しかも終業後のアルバイトなどに比べると身体への負担も少なく、罪悪感もありません。

副業を解禁する企業もみられる中で今後も不動産投資で収入増加の成功率をあげる人が出てくることが考えられます。

よく不動産投資を推奨するサイトには「不動産投資は不労所得になる」と書かれています。

確かに管理会社に業務を任せれば会社勤務やアルバイトのような労働はしません。

その代り資本を投資し、いわばお金に働いてもらっているのです。

そのお金は帰ってこないリスクを抱えています。

リスクを負ってお金を働かせている以上、それは不労所得ではありません。

自分が汗水を流さなくても不動産とお金が働いてくれます。

このため、老後の年金に不安がある人は不動産投資をして年金の足しにしている人もいるのです。

不動産投資は安定的な物件を購入すれば、突然収入がなくなることはありません。

退職金やこれまでの貯金で不動産投資ができる人ならば成功率は向上します。

かつての実家や祖父母が住んでいた家が残っている場合があります。

こうした家は持っているだけでは税金をはじめ維持管理費ばかりがかかるものです。

そこでこうした遊休資産を賃貸に回せば立派な不動産投資になります。

この方法では高利回りの物件にはなりにくく、賃貸に出す際の修繕費用もかかるものです。

それでもただ持っているよりもわずかでも収益が稼げるためチャレンジする人が増えています。

POINT

✔不動産投資は収入や年金の足しになり、収入が増えることとなる。

✔利用していない不動産の有効活用策としても検討できる。

✔「不労所得」的な収入だが、自分の代わりに物件が働いている。

不動産投資で注意すること

注意点の画像

あやしげなブローカーや自称不動産コンサルタントが暗躍する業界。

程度の差こそあれ、こうした不透明なイメージが不動産業界にはあります。

そうした不動産業界での歩き方、注意点の解説です。

投資全般に言えることですが、最終判断は必ず自分でしましょう。

投資は自己責任で行うもので他の人のアドバイスは受けても判断は自分でするものです。

ある程度物件を持つと様々な人が近づいてきます。

それは玉石混交なのでよく吟味することが必要です。

不動産投資といっても不動産には多くの種類があります。

典型的なものは賃貸マンションですが、賃貸マンションでもワンルーム、ファミリータイプ、シェアハウスと多様です。

これらの中で自分の得意分野を見つけることが成功率上昇の鍵になります。

あれもこれもと手を出すと、収拾がつかなくなります。

ポートフォリオも大事ですが、それはある程度物件を保有してからの話です。

POINT

✔投資に関する判断は自分で行なわないと後々後悔する。

✔他人の意見や情報は聴くべきだが、流されてはいけない。

✔自分の投資スタイルを確立すると失敗が少なくなり、成功率もあがる。

おすすめの不動産投資会社を紹介

紹介の画像

不動産投資にパートナーとなる不動産投資会社は欠かせません。

不動産購入の相談をしたり、管理について意見を求めたりとそのノウハウを頼ることになります。

ここでは多くの会社の中から東証一部上場企業のプロパティエージェントをご紹介します。

プロパティエージェントは平成16年に創業した会社です。

主な業務は不動産の販売、開発そして管理となります。

賃貸用不動産を開発し、投資家へ販売。

その不動産を管理するのがビジネスモデルです。

昨年の売上高は200億円以上とここ数年は右肩上がりで推移しています。

東証一部上場企業で財務体質や経営状態も健全です。

プロパティエージェントの特徴はエリアを絞って営業している点です。

東京23区と横浜エリアで展開しています。

このエリアは収益性が高く、賃料が下がりにくいエリアです。

一方、地価も高く、物件の総額も高いエリアとなります。

会社側は売上高と利益を、購入者は確実な収益を上げることができるエリアなのです。

さらには高い入居率も特徴です。

物件の入居率は何と99%以上。

入居率が高ければ、計画通りの収入を得ることもできます。

不動産投資初心者にとって高い入居率の物件はうれしい限りです。

初心者にうれしいことといえば、頭金が少なくても不動産投資に参入できる点もあります。

ホームページでは頭金10万円から対応する旨の記載がありました。

これは多くの金融機関と提携し、ときにはフルローンにもできるほどの信頼が会社にあるからです。

手元に資金のない人、資金はあっても他の物件に振り向けたい人にはありがたい話になります。

POINT

✔平成16年に創業した東証一部上場企業。右肩上がりで成長中。

✔東京23区と横浜を中心に活動し、高い収益性と稼働率の物件を提供。

✔多くの金融機関と提携し、有利な融資条件を引き出すことも可能。

まとめ

まとめの画像

不動産投資の成功率を上げるには、持っている物件がどれほど収益をあげてくれるかにかかっています。

物件の収益性は入居者の管理、物件自体の管理といったプロパティマネジメントにも左右されるものです。

すでに物件を持っているならば物件の価値を高めるのがよい方法ですが、もしこれから購入するのであればまずは自分の基準を決めましょう。

つまり投資方針です。

利回りはこれ以下のものは買わない。

総額いくら以下の物件を購入する、といった基準を決めましょう。

もちろん、定期的な見直しは必要ですが、こうすることによって無理な物件購入を防ぐことができます。

投資は自己責任です。

すべてが自分の判断にかかっていることを肝に銘じましょう。

シノケンプロデュース

シノケンプロデュース

初めての不動産投資はシノケンがオススメ!
★年間着工棟数ランキングで4年連続日本全国No.1!
自己資金が少なくても始められる!

_

詳しくはこちらをご覧下さい! ▶︎