ホーム >> 不動産コラム >> 不動産売却 >> サンヨーホームの注文住宅メリットデメリットとは?評判も紹介
更新日 2019.12.18

サンヨーホームの注文住宅メリットデメリットとは?評判も紹介

この記事を執筆した人
smileの画像
-Smile編集部-
この記事は、Smile編集部が作成した記事です。
Smileでは、不動産をテーマに不動産売買や不動産投資について情報発信をしています。
Smile編集部が監修した他の記事はこちら→

家を作るためにどこを利用しようか?と考えている人もおられるかもしれません。

注文住宅は大きな買い物になるので、しっかりとした業者を選ぶことが大事になります。

ただ、業者を選ぶ際には自分の要望と合わせておくことが大事になるので、特徴やメリット、デメリット、評判などを知っておくと良いかもしれません。

その点について紹介していきます。

サンヨーホームの基本情報

サンヨーホームの画像

サンヨーホームの基本情報について紹介していきます。

社名 株式会社サンヨーホーム
所在地 〒300-1234 茨城県牛久市中央5丁目18番地1
設立 電話:029-874-7717
資本金 平成元年10月
従業員 8000万円
  130名

サンヨーホームの概要はこのようになっています。

サンヨーホームは茨城県に本社があるので地域密着型のハウスメーカーになります。

お客様に質の高いサービスを提供するため、いろいろな挑戦をしながら努めています。

サンヨーホームは不動産に関することならすべて解決できるようにも努力しており、建設や設計事業に関してオーナーの資産価値を高めるリフォームやリノベーション耐震事業を展開しています。

全国展開に向けても積極的に取り組んでいる業者になります。

サンヨーホームの3つの特徴

3つの特徴の画像

サンヨーホームはハウスメーカーとしての特徴があります。

どのような特徴を持っているのか3つほど紹介していきます。

サンヨーホームの住宅は標準仕様でZEH(ゼッチ)対応となっています。

ZEHとはNet Zero Energy Houseのことになり、エネルギー消費量がゼロの住宅になります。

省エネ対策をしっかり行うことでエネルギー消費量を抑えることができます。

必要になるエネルギーは大、陽光発電システムなどを使って自らエネルギーを生み出すことができ、節税や光熱費をお得にすること、部屋の温度差がなくなるといった利点があります

サンヨーホームは長期優良住宅であり、住宅を良好に保つための基準をクリアしています

災害にも負けず長く快適に過ごすことができ、地震や台風が来たとしても耐えることができます。

特殊なボトルナットを使っているので耐久性もある住宅になっており、大きな衝撃が来たとしても簡単には緩まないようになっています。

ダイナミックダンバーは高減衰ゴムが地震エネルギーを吸収できるようになっており、これにより地震の揺れを最大50%も抑えることができます。

耐震性に優れた働きを示しており、地震に関して安心することができます。

サンヨーホームで注文住宅をしたいと思えば、注文住宅の流れを知っておくことが大事です。

どのような流れになっているのか紹介していきます。

サンヨーホームで家づくりを行うには、まず土地探しを行う必要があります

自分の予算に合わせた土地を見つけて敷地調査を行い、プランニングで間取りや立地の確認をしてから見積もりを出していきます。

土地とプランニングを行うことができれば契約となり、資金の準備を行います。

住宅ローンの申し込みや地盤調査、許認可申請、基礎確認申請などを行います。

住宅ローンなどは審査に時間がかかることが多いので、2〜3週間ほど前から準備をして申請をしておくのが良いです。

地盤調査をして改良が必要であれば工事より先に改良します。

着工をしていきます。

建築に関わる人と業者に顔合わせになるのであいさつをしておきます。

基礎工事をしてからJIO基礎配筋検査を行ってもらい、上棟式などもあります。

工事が始まった後もコンセントの位置を決めるなど細かく打ち合わせしていきます

工事の打ち合わせを行いつつ完成すると、不動産登記を行なって工事の代金を支払います。

その後に引き渡しになりますが、建築に携わった業者が機器の取り扱いなどを説明してくれるので、よく聞いておくようにしてください。

サンヨーホームのメリットデメリット

メリットデメリットの画像

サンヨーホームのメリットとデメリットについて知っておくと、自分の要望とあっているのか分かるのです大事になります。

どのようなメリットとデメリットがあるのか紹介していきます。

まずはメリットを5つほど紹介していきます。

サンヨーホームは長期優良住宅に対応しています。

経年劣化や災害に強い構造となっており、点検やメンテナンスもしやすく、家族構成の変化にも対応しやすくなっています。

孫の代まで長く続けて住むことができるほどの優良住宅となっておりおすすめです。

サンヨーホームは構造が軽量鉄骨のプレハブであり、鉄骨トラス屋根を採用することにより最大100畳の大空間が可能になっています。

そのため、外壁の壁の取り外しなども簡単にできます

サンヨーホームでは土地と建物の買取保証があります。

最長30年の買取システムがあるので、土地と建物を分けて査定を行ってくれるので、メンテナンスをして家を長く住むことができるようになっています。

サンヨーホームでは太陽光発電システムの創エネシステムを早く標準仕様としており、業界を先駆けて環境型のライフスタイル高次元で行なってくれます

オール電化やエコキュートなどの提案もあります。

サンヨーホームでは信頼できる防犯ノウハウに基づいてホームセキュリティ次第システムを用意しています。

スマートフォンを活用したタイプやホームセキュリティを利用したものなどライフスタイルに応じて選ぶことができます。

デメリットも5つほど紹介していきます。

サンヨーホームでは30年保証システムと30年点検システムが用意されています。

アフターサービスはありますが対応には担当者によるばらつきがあり、対応が遅いこともあります。

サンヨーホームはシンプルなデザインとなっており、デザインに特徴を出すことができません

サンヨーホームは宣伝力に力を入れていないので全国的な知名度は低いです。

知名度を気にするなら少し宣伝力が弱いと言えます。

サンヨーホームはリーズナブルな商品が多いですが、そのため商品数は少なく選べる商品には限りがあります。

サンヨーホームは断熱性も標準ではありますが、冬は寒さを感じることも多いようなので、断熱性に関しては弱い部分もあるかもしれません。

サンヨーホームの口コミと評判

評判の画像

サンヨーホームの口コミや評判に関して知っておくと、自分の理想の家づくりに近づくことができます。

どのような口コミがあるのか紹介していきます。

担当された方がとても良い方で夜遅くに電話してもしっかり対応してもらうことができました。

コスパも良くてサンヨーホームにお願いして良かったです。

引用:https://m.e-mansion.co.jp

見学しているときに無料で地盤調査をしてくれました。

焦らされることなく紳士的に対応してももらえて満足しています。

引用:https://minhyo.jp

サンヨーホームは耐火性、耐震性、耐久性に関しては構築も合わせて合格点だと思います。

太陽光発電なのでコストは少しかかりますが、わたし的には満足でした。

引用:https://chumon-jutaku-tatsujin.com

予約して展示場を見にいきましたが、連絡をくれたのか怒られました。

また坪単価も80万円まで上がるなど担当者の対応は何とも言えませんでした。

引用:https://m.e-mansion.co.jp/thread/9724/

ローコストだと思ってサンヨーホームを訪れましたが坪単価70万円とかなり高額に感じました。

引用:https://chumon-jutaku-tatsujin.com

サンヨーホームは構造はしっかりしていると思いましたが、それ以外に印象には残りませんでした。

セキスイハウスやパナハウスの方が印象に大きく残りました。

引用:https://chumon-jutaku-tatsujin.com

サンヨーホームは担当者への対応にはばらつきがあるようなので、担当者の対応は期待しないで聞いておいた方がいいです。

ただ、こちらから要求をしていけばそれなりに対応してくれるようなので、遠慮せずに意見を言っておくのがいいと思います。

サンヨーホームの構造では太陽光パネルや耐火性や耐震性、耐久性があるので、頑丈な家づくりは行うことができるようです。

しかし、耐久力のある家を建てるには、それなりのコストもかかるので、コストがある程度かかることを見込んで上手に家づくりの資産計画を行う必要があるはずです。

全体的には良い評判が多いです。

サンヨーホームをおすすめするポイント

ポイントの画像

サンヨーホームは耐久性にある家づくりを作ることができるので「長期的な優良物件を建てたい」と思う方は良いハウスメーカーだと言えます。

地震対策もあり震度3ほどであれば揺れを感じないこともあるようです。

地震にも強く耐火性もあるので火事で家が損傷しにくい点もいいです。

太陽光パネルなども取り付けることができ、最初はコストがかかりますが、長期的に見ていけば光熱費をしっかり抑えることができるので、15年〜20年ほど経てば元を取ることができ、長期的に見れば「コストを抑えることができる」と見ることができます。

家づくりは耐久性を高めるために定期的にメンテナンスを行うことができ、家の耐久力を持続させることも可能です。

家をいつまでも長く綺麗に保ちたいと思うならサンヨーホームがおすすめです。

まとめ

まとめの画像

サンヨーホームは構造がしっかりしてあり、地震にも強い構造になっているので、地震が来ても安心感を持つことができます。

メンテナンスなども定期性があるので耐久性には自信がありますが、コストが安くないことやデザイン性などに特徴もないこともあるので、家の美観や要求が多ければ満足できないこともあるかもしれません。

知名度はない点もありますが家づくりに関しては特徴があるので、ぜひ検討してみてください。