ホーム >> 不動産コラム >> 不動産売却 >> 工務店の坪単価はどのようにされている?徹底解説致します!
更新日 2022.8.7

工務店の坪単価はどのようにされている?徹底解説致します!

この記事を執筆した人
smileの画像
-Smile編集部-
この記事は、Smile編集部が作成した記事です。
Smileでは、不動産をテーマに不動産売買や不動産投資について情報発信をしています。
Smile編集部が監修した他の記事はこちら→

「工務店とハウスメーカーってどう違うの?」と工務店という言葉に疑問を感じる人もおられるはずです。

工務店とハウスメーカーの違いを簡単に言うと、工務店は地域密着型であり、工務店は全国展開している不動産屋と思うといいです。

そのため、自分の地域でも工務店を見つけることができるはずですが、「工務店は坪単価などが安いの?」と疑問に感じる人もおられるはずです。

工務店の坪単価について紹介していきます。

そもそも坪単価とは?

坪単価の画像

「坪単価ってどういうもの?」と坪単価について疑問を感じている人も多くおられると思います。

工務店の内容も大事ですが、まずは坪単価について内容を紹介します。

坪単価とは、家を建てるときの1坪あたりの建築費のことになります。

1坪はおよそ3.3㎡であり、たたみ2枚分ほどになります。

坪単価は家を建てるときの費用の目安になるので、「家を建てたい」と思っているなら坪単価もしっかりと把握しておく必要があります。

家を建てる際には大事になってくる坪単価ですが、計算方法を知っておくと費用の計算を行うことができます。

坪単価の計算方法は、

家の本体価格÷延床面積(建物の床面積の合計)=坪単価

になります。

例えば、本体価格2000万円で延床面積が40坪の家なら2000÷40=50となります。

この場合は坪単価が50万円になると分かるので、このようにして坪単価を計算することができます。

基本的にはこの計算方法で坪単価を算出することができますが、ハウスメーカーや工務店によって坪単価の計算の出し方が少し違うこともあります。

エアコンやガスの屋外配管の費用を含めているところもあるので、先に確認しておくのが良い方法です。

坪単価は何に影響されるの?

坪単価の影響の画像

坪単価の計算は分かったけど、「坪単価って何に影響されるの?」と思う人もおられるかもしれません。

坪単価は計算することで1坪の単価を知ることができますが、別の料金が含まれることもあります。

床面積には壁で囲まれた室内の床の面積を指します。

それと各階の床面積の合計が延床面積となりますが、実際に工事をすると施工床面積は増えてしまうので、何坪か増えてしまうことは覚えておいた方がいいです。

また、延床面積には吹抜けやロフト、ベランダの床面積は含まれていないので、これらの面積は気にしなくていいです。

仕上げ工事と設備工事はコストが上がりやすくなるので、坪単価に影響を与えます。

仕上げ工事の場合はエコ健在の取り入れ方であり、自然の素材を使用するなら材料費が高くなり、手間もかかるので代金が向上することが多いです。

設備工事の場合はグレードを上げることにより快適さを実感することができるので、高品質なものを選ぶ傾向がありますが、高品質なものは坪単価を押し上げる要因になるので、結果的に高くなることもあります。

工務店がハウスメーカーよりも坪単価が安い理由

安い理由の画像

工務店やハウスメーカーで家の建築を依頼することができますが、「工務店とハウスメーカーどちらが坪単価が安いのか?」と疑問に感じるはずです。

坪単価が安いのは実は工務店となっています。

それは、ハウスメーカーよりも安い理由があるからです。

工務店の坪単価が安く済むのは仕様がないためです。

壁1枚も希望するグレードに合わせることができるので、価格の微調整がしやすく、自由に家づくりを行うことができつつ値段も抑えることができます。

工務店の建築は今までに多く手がけてきたタイプの家である、基本的な家が多いです。

そのため、個性的な家ではなくオーソドックスな家を建てることが多いのでコストがあまりかからず設計に費用があまりかかりません。

ハウスメーカーの場合は家の種類などにコストがかかってしまい、坪単価が上がってしまいます。

ハウスメーカーは広告などを利用して宣伝を多くしています。

宣伝費は大きな費用となるので、それを取り返そうとして坪単価を上げていることもあります。

しかし、工務店は地域密着型なので、宣伝を大きく展開していることはなく、宣伝費がかからないため、坪単価を安く抑えることができています。

工務店のメリット

メリットの画像

工務店に頼む際のメリットを知っておくのも大切です。

どのようなメリットがあるのか紹介します。

工務店は地域密着型となっているので、地域の人からの評判が大事になってきます。

悪評がたてば仕事の依頼に影響してくるので、悪評が立たないように真剣に仕事をして、要望にもできる限り対応をしてくれます。

施工ももちろんですが、引き渡し後のメンテナンスもしっかりしてくれるという信頼感を持てます。

最初の窓口から引き渡し、アフターサービスまで1人の担当者が付いて対応してくれます。

そのため、コミュニケーションを行おうと思えばスムーズに取ることができ、大きなトラブルが発生することを最小限に抑えることができます。

工務店は構造や工法、仕様などにこだわりを持っていますが、ハウスメーカーと比べると施工上の制約は多くないので、家づくりで「このようにしてほしい」という要望があれば、要望を聞いて家づくりをしてもらうこともできます。

工務店のデメリット

デメリットの画像

工務店には良いメリットもありますが、デメリットもあります。

どのようなデメリットがあるのか紹介していきます。

大半の工務店は大手ハウスメーカーと比較して会社の規模が小さいです。

そのため、費用の面から施工できる範囲が限られることもあり、施工が思うようにいかない場合もあります。

工務店の費用に合わせなければ施工ができないこともあります。

多くの工務店はハウスメーカーのように展示場やショールームなどがありません。

そのため、「家づくりでどのような間取りなどがあるのか?」という点についてイメージがしにくく、具体的に家づくりを行っていく点で少し難しさを感じることもあります。

ハウスメーカーであれば最新の流行やデザイン、設備などにも情報や知識があるので、新しい家を建築しやすくなっていますが、工務店の場合は昔ながらの施工を守っていることがあり、最新の設備などについていくことができていないところもあります。

そのため、

知識や提案力が弱いところもあり、少ない人数で会社を経営しているので、プランの提案力や見積もりの作成に時間がかかることもあります。

おすすめの工務店を紹介

おすすめの工務店の画像

工務店は地域密着型ですが、良い工務店を知っておいて損はありません。

工務店の中でもおすすめできるのが一条工務店になります。

一条工務店についての特徴などを紹介していきます。

一条工務店はどのような工務店か概要、特徴、口コミ評判から紹介していきます。

一条工務店の基本情報は以下のようになっています。

社名 株式会社一条工務店
本拠所在地 東京本社/東京都江東区木場5-10-10 浜松本社/静岡県浜松市西区大久保町1227-6
設立 1978年9月
資本金 5億4460万円
従業員数 約5200名
売上高 4065億円

一条工務店は社員の連携を大事にしており、社員1人1人が情熱を持って行動して仕事をしています。

お客様の家づくりに関して安心と満足を提供しており、納得がいくまで提案やコミュケーションを取っています

一条工務店ではこのような信念を元に家づくりを行っています。

一条工務店の特徴を知っておくことで、どのような家づくりを行うことができるのか分かります。

一条工務店の特徴について紹介していきます。

断熱性と気密性に一条工務店は定評があります。

2011年には断熱と気密性のランキングでもトップとなっており、部位別に見てもハイスペックの断熱材を使用しています。

気密性と断熱性に関してこだわりを見せるなら良い効果を期待できます。

一条工務店では地震が来ても安全な家づくりを行なっており、業界に先駆けて免震住宅という点で、当時の一般大臣を認定しています

耐震性の高い家づくりをしたい場合、一条工務店はずっと耐震にかけてこだわった家づくりをしてきているので、耐震性も確保することができます。

一条工務店ではシロアリ対策として、薬剤を専用の機械に入れて加圧と減圧を繰り返して木材表面に薬剤を固着させる方法を取っており、シロアリの被害を受けにくくしています。

一条工務店で使用されている薬剤はおしぼりや赤ちゃんのお尻拭きにも使用されており、人体に悪影響が出ないようにされています

一条工務店の口コミや評判について紹介していきます。

気密性や暖かさに関しては納得がいっています。

隣の人からは赤ちゃんの泣き声が全くしないとも言われるので、防音にも満足しています。

引用:https://minhyo.jp

タブレットなどでモデルハウスを見ることができたので、それは良かったのですが、担当者の押しが強くて少しびっくりしました。

引用:https://minhyo.jp

担当者の言っていることがまったく違いました。

太陽光パネルを取り付けてずっと赤字であり、イメージと違っていました。

引用:https://minhyo.jp

一条工務店の評判はこのようになっています。

まとめ

まとめの画像

工務店は坪単価が安く、設計がハウスメーカーよりも自由度が高いなど、いろいろなメリットもありますが、施工方法に限度があったり、最新の設備などの知識が薄かったりとデメリットもあります。

工務店は数ある中でも一条工務店を利用することができます。

普通に家を建てたいなら強度もしっかりしており、耐震性やシロアリ対策もバッチリとなっています。

家づくりを考えるならハウスメーカーを利用するのも良いですが、工務店を利用するのも良い方法です。