ホーム >> 不動産コラム >> 土地活用 >> 太陽光発電は結果損する!?設備費用や売電価格,メリット/デメリット紹介
更新日 2019.1.2

太陽光発電は結果損する!?設備費用や売電価格,メリット/デメリット紹介

ソーラー経営で失敗する理由

_SMILEの画像

ソーラー経営をするには、見込める利益に対してどの程度のコストがかかるのかをしっかりと調査して検討することが重要です

見通しが甘いと思ったよりも利益が上がらずに、コストだけがかさんでしまって失敗することもあります

日本では東日本大震災をきっかけに自然エネルギーが普及が叫ばれるようになりました

自然エネルギーは原子力発電や火力発電とは違って、地球にやさしいエコなエネルギーだからです

そのため国も自然エネルギーの普及を後押ししており、ソーラーパネル自体の価格も下落傾向にあります

しかし、太陽光発電が普及しつつあるといっても、その数は限られています

ソーラーパネルがいまだに高額であることに変わりはありません

ただし、ソーラー経営は建物を建てる必要がないので、アパート経営やマンション経営などと比べると初期投資にかかる費用は少なくて済みます

注意しなければいけないのは、ソーラーパネルを設置するために地盤改良が必要になる土地です

地盤改良に費用がかかると、初期投資の金額が膨らみすぎて失敗するリスクが高まります

ソーラー経営では、太陽の光によって生まれるエネルギーを電力会社に売ることで利益を得ることができます

つまり、生み出されるエネルギーが大きければ大きいほど利益も大きくなるのです

その反対に発電量が少ない場合には売却できるエネルギーが減ってしまうので、得られる利益も減ってしまいます

ですからソーラーパネルを設置する際には、日当たりの良い場所を選ぶなど効率的な土地に設置することが大切です

事前に発電量を計算したり、売電で得られる利益をシミュレーションしたりしますが、その見通しが甘い事も少なくありません

ソーラーパネルを販売している業者に見積りを依頼すると、実際よりも高い数値を提示する業者もいるからです

勿論、良心的な業者であれば発電量が実際の数値とかけ離れているようなことはありませんが、業者にしてみればソーラーパネルを販売しなければ自分達の利益にはなりません

ソーラーパネルを設置してもらおうと、実際よりも良い数値を出してくる傾向にあります

売電価格も下落傾向にあるので、ソーラー経営を始める前に発電量とそこから得られる利益をしっかりと計算しておくことが重要です

発電量の見通しが少々甘かったという程度であれば、大きく損をするということはあまりありません

しかし、太陽光発電を手掛ける業界では、契約金を全額支払った後に施工業者が倒産してしまったというような話も聞かれます

太陽光発電事業には多くの業者が参入したので、悪質な業者も少なからず混じっています

強引に契約を迫ってくるような業者もありますし、施工自体が杜撰だったりすることもあります

施工が杜撰だと、追加工事が必要になることもあるので注意が必要です

また、太陽光発電投資を謳う詐欺まがいの業者もあるので、十分に気を付けなければなりません

施工実績を確認したり、細かい部分まで質問して丁寧に答えてくれるのかなどを確認することが重要です

法人として登記されているかも悪質な業者を見分けるポイントになります

ソーラーパネルを設置したことで、近隣住民とトラブルになるケースもあります

ソーラーパネルは光を反射するので、その光が近隣の民家に当たり住環境が悪くなってしまうことがあるからです

それがきっかけでクレームを受け、隣近所との関係が悪くなってしまうこともあります

一回設置したソーラーパネルは、すぐに別の場所に移動するといったことはできません

撤去するのにも費用がかかります

また、近隣住民とのトラブルが深刻になると、訴訟を起こされてしまうこともあります

ですからソーラーパネルを設置する際には、光の反射がどうなるのかまで考えて設置することが大切です

事前に近隣に迷惑をかけることが分かっている場合には、ソーラーパネルの設置を諦めた方がいいかもしれません

ソーラー経営では、大きなリスクとして考えられるのは自然災害です

日本は地震大国なので、大きな地震が起こるリスクがあります

近年は世界的な気象変動などもあり、ゲリラ豪雨や強い勢力の台風などによる災害も起こりやすくなっています

雨の量が多すぎて川が氾濫し、洪水被害が発生することもあります

土砂崩れや落石などの被害が発生することも注意しなければなりません

ソーラー経営を行う際には、自然災害に備えて保険に加入しておくのがおすすめです

勿論、災害にあわないことが一番いいのですが、万が一災害に巻き込まれた際には大きな被害を受けてしまいます

保険に加入しておくことで、自然災害で生じた損失を補償してもらうことができます

太陽光発電では、企業総合保険や火災保険をベースになります

保険では自然災害だけではなく、盗難被害などもカバーすることができます

最近ではケーブルが盗難される事件が増加しています

保険に加入しておくことで、盗難の被害にも備えられます

ソーラー経営をする際には、定期的にメンテナンスを行うことも重要になります

法律でも義務付けられており、メンテナンスを怠って災厄が発生した場合には事業者としての認定が取り消しになってしまうこともあります

また、定期的にメンテナンスを行うことで、事前に大きな不具合を防ぐことにもつながります

ソーラーパネルのメンテナンスには、パワーコンディショナーの点検・ストリング回路抵抗点検・ストリング電圧点検などがあります

絶縁測定や接地測定、パワーコンディショナーと交流集電箱などのネジ部の増し締め確認といった事も定期的なメンテナンスの項目です

基本的には年に1回程度点検を行う必要があります

それから緊急時には、迅速に駆け付けることも重要です

落雷にあい、ブレーカーが落ちて緊急停止するようなこともあります

パワーコンディショナーやソーラーパネルに異常が起きて、稼働がストップすることも考えられます

そういった場合には監視装置によって、緊急メールなどが送られてくるのが一般的です

発電がストップしたままだと、その分の利益が得られなくなってしまいます

異常に気付かないままだと、何カ月も利益がないままということにもなりかねません

POINT

✔太陽光発電は発電量や利回りの先読み、シミュレーションすることが大切

✔ソーラーパネルの設置は国が援助してくれる項目があるから要チェック!

✔大きなリスクとなる自然災害の対策として保険に入っておこう

ソーラー経営で成功するためのコツ

_SMILEの画像

ソーラー経営で成功するためのコツは、ソーラー経営を行っていくための諸条件を整えておくことです

ソーラー経営では、パネルを設置することを前提に経営を行って行くことになりますので、設置条件が悪ければ効率的に電気を発電することができなくなってしまいます

実際にソーラー発電の場合には一部のエリアで既にすでに電力供給が過大になっている地域も存在し、電力会社が電力の買い取りを拒否しているところもあります

こういった地域でシステムを構築させても意味がないので、設置方法を間違えてはいけないわけです

ソーラーパネルの品質を考慮して製品を選択することは、成功するための第一歩といえます

元々ソーラーパネルは強化ガラスなどによって構築されているものであるため、上空からゴルフボール大の雹が降ってきたとしても傷がつかない作りになっています

一方で、品質が悪いものを選択してしまうと雨風にさらされるリスクもあるため簡単な衝撃でガラスが割れてしまう可能性があります

耐久性を考慮して購入しておかないと、将来的に継続して発電をすることができなくなってしまうため注意をしなくてはいけません

投資としてソーラーパネルで発電システムを作る時には、単純に自家発電を行うのではなく他の投資と組み合わせたりすることで、より効率的に利益を出せるように工夫をした方が良いです

例えば、自分が保有している収益物件に自家発電を設置することです

収益物件の管理やそれに伴う費用は基本的に所有者が持たなくてはいけません

何か問題があった時には修理費なども支出しなくてはいけませんし、この収益物件に自家発電を設置しておくと無駄な費用を削減することができるようになります

トラブルになった時も自家発電に切り替えることによって余計な費用をすることを避けることができます

これからソーラーパネルを設置しようと考えている地域に、ソーラー経営に関する制約や条例などが存在しないかを事前に調べておくことが大切です

電力の供給過多になっている地域では、ソーラーパネル設置に対して開発許可申請を求めているところもあります

こういった状況になっている場合には、ソーラー経営の敷居が他と比べて高くなっている可能性もあります

条例や制約に関してわからない点があれば、所在地で管轄している役所や電力会社に問い合わせることでソーラー経営の条件を教えてもらえます

ソーラー経営行う場合には設備投資や手続きなどで面倒にならない場所を選択することも大切です

ソーラーパネルを設置するときには、周辺環境がソーラー経営に本当に適しているのかということを考えることが非常に大切です

太陽光発電は、太陽光からエネルギーを集光することで初めて電気を発電させることができます

言い換えれば、日照条件が悪い地域だとどれだけ優秀なソーラーパネルを設置したとしても、太陽光を集めることが難しくなってしまいます

効率が悪くなると電気を発電するシステムに問題が生じてしまいますので、収益も悪くなってしまうという悪循環に陥ります

周囲に障害物が存在するかどうかをチェックして、設置しやすい条件を設けることは発電システムの効率化に繋がります

例えば過疎化地域では、周囲に障害物が存在しないため長い時間太陽光を集めることができます

しかし、都心部では周辺の建物や建築物が障害となってまともに日光が当たらない場所も存在します

敷地内に高低差が存在する場合には、ソーラーパネルを効率的に太陽の方向に設置することができない可能性もでてくるわけです

設置条件が悪いと集中的に太陽光を集光することができないため、非常に効率の悪い発言システムになってしまいます

季節ごとでも太陽の当たり方は違いますのでこの点は必ず考えておく必要があります

ソーラー経営では、地盤強化をきちんと行っておく必要があります

ソーラーパネルを設置した後に地盤がゆるくなっていると、パネルが崩壊してしまう可能性があります

事実、こうした事案は既に日本国内で相当数発生しています

特に、日本は湿気が多く水害によって地盤が緩んでしまうことが非常に多くあります

近年では、ゲリラ豪雨のように集中的に雨が降ってしまうケースも目立ち、ソーラーパネルを設置していた場所に地盤沈下が怒ってしまって、全ての設備が壊れてしまうといった事例が実際に起こっています

ですから、こういった設備を設置する前に事前に地盤強化を行って自然災害への対策を行うことは重要です

業者選択を間違ってソーラーパネルを間違った方法で設置してしまうと、それだけで長期的な損失に繋がりかねません

例えば、ソーラーパネルを設置してくれる業者の中には、新規参入をして特にノウハウがない状態でパネルを設置している業者も存在します

しかし、ソーラーパネルというのは一度設置すると何十年と発電を行うことができるシステムであるため、業者を選択する時には同じように何十年とアフターケアをきちんと行ってくれるところを選択しなくてはいけません

その場しのぎの業者選択をしないように注意をする必要があります

業者に求める最低限のポイントは2つです

それは、パネルのメンテナンスサービスと環境設備のスキルがあることです

特に見逃されがちになってしまっているのが、環境設備のスキルです

これは、地盤強化などの周囲の環境への対応があげられます

地盤強化を行う際には、専用の機械などを利用して本当にその周辺の地盤が丈夫なのかを考えなくてはいけません

必要ならば、時間をかけて地盤を強化して、地震や水害が発生しないように工夫をする必要があります

コストや労力を考慮すると、こうした環境設備には高いスキルが求められますので、これを満たしていない業者は選択するべきではないといえます

近年、ソーラーパネルで問題になっているのは廃棄物への理解です

ソーラーパネルは、日進月歩で進化していますので、新しいものを設置するときには古いものを廃棄して新しいものを設置しなくてはいけません

しかし、発電システムの廃棄に関しては各自治体で条例などが存在するケースがあるため、これを理解してない業者を選択してしまうとトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります

余計な費用を支出してしまって損失が増えることもありうるため、環境破壊を招くような業者ではなく、廃棄物への理解をきちんと持っている業者を選択するべきです

POINT

✔安すぎるパネルはNG!安価で低品質なパネルはパフォーマンスが悪い

✔設置する場所は選ぼう(地盤、日照時間、近隣住民への配慮等)

✔多くの実績とメンテナンスサービスが備わっている会社を探そう

効率的にソーラー経営を進めるには

_SMILEの画像

ソーラー経営は最初の導入した時点で、ほぼその収益が決定するといって過言ではありません

これは設置するソーラーパネルの発電能力と日照時間によって決定されるためです

さらにソーラー経営では再生可能エネルギーとして一定期間の買取価格が固定です

これは季節を問わず一定期間は決められた価格で電気を売ることを意味しており、この結果、発電能力✕日照時間✕買取価格=売上になります

また維持費もほとんど不要で15年から20年はメンテナンスフリーで発電してくれます

つまり、ソーラー経営で失敗するということは最初の一歩で間違っている場合のみで、入念な経営計画を立てれば、少なくとも失敗することはないものです

失敗する可能性があるとすれば、将来的に何らかの理由で日照時間が短くなる場合や自然災害によってソーラーが破損した場合などが考えられますが、十分に安全に配慮した地域であれば、このようなことが起こるのは稀ですし、保険を使ってリスクをヘッジすることができます

最初にやるべきことをやればソーラー経営は、ほとんど手付かずでお金を稼いでくれるものですが、設置後にその出力を維持するためには、問題がないようにすることが大事です

特に更地にそのまま設置するといったケースが、ソーラー経営ではよく見られますが、更地の状態では雑草が生えてくることになります

背丈の低い雑草であれば照り返しを防ぐといった面でメリットがありますが背丈の高い雑草が生えることで、機器に悪影響を与えます

可能性があるものとしては、ソーラーパネルに一部だけ影が出来ることによるホットスポットの発生です

太陽光発電では小さな電気をひとつにまとめることにより、家庭用で使える電気にするもので、少しでも影が出来ると大幅に発電量を低下させることになります

このためスペック通りの発電が出来なくなります

また雑草がパワコンの内部に侵入するとショートを引き起こす原因になり、故障が不具合が発生します

雑草が生えていることによって野生動物の侵入も容易になり、ケーブルの破損やパワコンの故障に繋がります

出力低下だけであれば、問題を取り除いたり部分的な修理によって改善することができますが、漏電から火災に発展すると、大きな損害を被ることになります

特に秋から冬にかけては除草を行わずに枯れてしまった雑草が可燃物となり大火災につながるリスクがあります

このためソーラー経営では植物が旺盛に育つ夏場の除草作業が、設置後のメンテナンスになります

作ったばかりの段階では雑草は生えにくいですが、時間とともに生えやすい環境に変化していきます

このためソーラー経営をはじめるさいには最初から雑草対策を考えておくことが出力を下げさせないためにも大切です

一番いいのは地面をコンクリートやアスファルトにしておくことですが、相応の費用が発生します

設置後の対策としては、機械を使って草刈りをしたり除草剤を使う方法などがあります

草刈機を使って除草するのは時間も掛かりますし機器を傷つけるリスクがあるので作業には十分な注意が必要です

除草剤は散布するだけで草を枯らしてくれるメリットがありますが、周囲が農地であったり住宅街である場合には、やはり注意が必要です

周囲に影響がない方法としては防草シートですが、耐久性はそれほど良くなく価格も高く費用対効果から考えると効率的とはいえません

このほか、ヤギを使った生物除草も維持費が掛かります

グランドカバープランツと呼ばれる背の低い草を生やす方法もありますが、背丈の高い草を完全に除去するのは難しいものです

費用対効果から考えれば除草剤による除草がもっとも費用面で安いですが、すべての草を枯らすことになるので地熱を上げる原因になります

少しでも発電効率を上げるためには温度上昇を避けることがポイントで、可能であればグランドカバープランツを使って一面を緑で覆うのが効果的です

いずれにしても雑草を放置すること自体は、発電効率を低下させる原因となるため適切に処理することがソーラー経営では大切です

ソーラー経営は最初の一歩で決まるものですが、より発電効率を高める方法として過積載という選択肢があります

太陽光発電の発電量は山型曲線となっておりパワコンの容量は、ソーラーパネルの最大発電量に合わせて設置されます

この状態の場合には太陽がもっとも頂上に来た時がピークとなっており、ピークの発電時間はわずかです

そこで考え出されたのがソーラーパネルの数を増やす過積載です

ソーラーパネルの数を増やせばそれだけ短時間でパワコン容量の最大値に近づけることができ、売る事ができる電力量を増やすことができます

少しでも収益を上げるための方法で、特に朝夕の日照量が少ない地域などでは効率的にパワコン容量まで発電量を増やすことができます

過積載のメリットは売れる電気の量を増やすことができることですが、無条件で過積載が良いとは限りません

パネルを多く載せる以上は、パネルにかかるコストも高くなります

またパネルを多く載せるということは、パワコンに負担がかかることになり故障の原因になり、そのさいにメーカー保証されないケースがあります

このため過積載をしてもメーカー保証が受けられるパワコンであることが望ましいといえます

また過積載は最初から行うことはほとんど無くあとから行われるもので、施工する業者が異なる場合には設置のさいにトラブルになる可能性もあります

このようなことから過積載を導入するさいには、第一にはパワコンが対応しているかを確認すること、施工する業者の保証があることなどが重要です

ソーラー経営では少しでも増収を目指したいもので、そのための手段のひとつが過積載ですが、実際のところ導入するのであれば、緻密なシミュレーションが重要です

そもそもソーラー経営は最初の一歩ですべてが決まるもので、あとから過積載をすれば改善できるというものではありません

このため現段階で成功している状態でさらに増収したい場合にのみ過積載はその手段として使うことができます

ただし実際に過積載をしてみて、得られた増収分が設置費用を上回っている必要があります

また過積載は場合によっては電気を売るさいのペナルティに繋がります

このため素人考えで行うことは極めて危険で、ルールを熟知した施工会社に依頼することが失敗しないためにも重要です

それらを踏まえた上で、過積載を行えば発電規模に応じて収益を増やすことができます。

気になる方はこちらをクリック!